リンクユニット

Windows8 & Office2013 Outlook2013

ナビゲーションバーのカスタマイズ

投稿日:2017年1月7日 更新日:

Outlook2013のウィンドウの下方に表示されるナビゲーションバーは、[ナビゲーションオプション]ダイアログボックスの設定でカスタマイズすることができます。表示するアイテムを変更したり、その数も変更できますし、コンパクトサイズにすることもできます。

ナビゲーションバー

既定ではOutlook2013のナビゲーションバーは下のようになっていると思います。左から、[メール]、[予定表]、[連絡先]、[タスク]の順に並んでいると思います。各アイテムをクリックして表示を切り替えることができます。
Outlook2013のナビゲーションバー

ナビゲーションオプションの表示

ナビゲーションバーの右端にある[…]をクリックして、[ナビゲーション オプション]をクリックします。
ナビゲーションオプション

ナビゲーションオプションの設定

[ナビゲーション オプション]ダイアログボックスは下のようになっています。
[表示アイテムの最大数]は[4]、[コンパクト ナビゲーション]のチェックボックスはオフになっています。
[表示する順番]は、[メール]、[予定表]、[連絡先]、[タスク]、[メモ]、[フォルダー]、[ショートカット]の順になっています。
[ナビゲーション オプション]ダイアログボックスのコンパクトナビゲーション

このナビゲーションの設定をしたのように変えてみます。[表示アイテムの最大数]は[2]、[コンパクト ナビゲーション]のチェックボックスはオンにして、[OK]ボタンをクリックします。
[ナビゲーション オプション]ダイアログボックスの[表示アイテムの最大数]の設定

ナビゲーションバーのコンパクト表示

ナビゲーションバーは、下のようになります。
参考[連絡先]が消えたと思ったら、ナビゲーションバーの設定が変わっていたということがあります。[ナビゲーションオプション]を表示して設定を確認してみてください。
ナビゲーションバー

表示順の変更

また、ナビゲーションバーに表示するアイテムの順番も変更することができます。[ナビゲーションオプション]をクリックします。
[連絡先]を選択して、[上へ]のボタンをクリックして一つ上へ移動させます。
参考[ナビゲーションオプション]の[リセット]ボタンをクリックして、既定の設定に戻すことができます。
ナビゲーションオプションの表示順の設定

ナビゲーションバーは、下のように並びます。[メール]、[連絡先]、[予定表]、[タスク]の順になります。
ナビゲーションバー

関連Microsoftの解説ページです。

ナビゲーションバーに表示される内容を変更する

おすすめ記事と広告

記事を更新しました

コンボボックスに重複しないデータを表示する

Accessでコンボボックスを使用して抽出する方法はいくつかありますが、テーブル内の重複しないデータをコンボボックスに表示する方法を紹介しま ...

レコードの更新日時を保存する

Accessで更新日時を保存したいということは多いですね。 テーブルに[更新日時]フィールドを追加 まずテーブルに[更新日時]という[日付/ ...

Office2013が起動しない

Windows7にOffice2013をインストールしたのはいいのですが、Excelを起動すると 必ず、[Microsoft Excelは動 ...

【パスのコピー】コマンド

Windows8、Windows10でファイルのパスをコピーする方法です。 エクスプローラーから エクスプローラーを開いて、[ホーム]タブに ...

コメントに返信

Word2013では、コメントに返信ができるようになりました。 コメントの挿入 コメントを挿入するには、[校閲]タブの[コメントの挿入]と、 ...

-Windows8 & Office2013 Outlook2013

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.