Windows 7 & Office 2010 Outlook 2010

Outlookが起動しない現象と解決した方法

投稿日:2017年1月7日 更新日:

Outlook2010では、[Outlookのオプション]の[起動後に表示するフォルダー]に[ToDoバーのタスクリスト]設定すると、Outlookが起動しなくなりますので注意してください。

参考いつの頃か分かりませんが、この問題は解消されています。

Outlookが起動しない現象

[ファイル]タブをクリックして[オプション]をクリックします。

そして、[Outlookのオプション]ダイアログボックスを表示します。

[詳細設定]タブをクリックして、[Outlookの開始と終了]の[Outlookの起動後に表示するフォルダー]で[参照]ボタンをクリックして、[フォルダーの選択]から[ToDoバーのタスクリスト]を選択して[OK]ボタンをクリックします。

Outlookのオプションー詳細設定[Outlookの起動と終了]

Outlookを閉じて、起動しようとすると[処理中]の画面のままとなります。

参考[ToDoバーのタスクリスト]以外であれば、問題ありません。

起動時に予定表を開くには[Outlookの起動後に表示するフォルダー]で指定

Outlookでは、起動時に表示されるのは[受信トレイ]になっています。 この起動時に開くフォルダーは変更することができます。 ここでは、O ...

続きを見る

Outlook2010の起動時-処理中

解決方法

解決方法です。

まず、[キャンセル]をクリックして、処理中のウィンドウを閉じます。

処理中の画面のキャンセル

スタートメニューにある[Outlook]から[新しい電子メールメッセージ]をクリックします。

他のコマンドでもOKです。

スタートメニューのOutlook-タスク

[ファイル]タブをクリックして、Backstageビューを表示します。

[ファイル]タブ

[オプション]をクリックして、[Outlookオプション]ダイアログボックスを表示します。

Backstageビューの[オプション]

参考[オプション]ダイアログボックスの表示は、キーボードから操作することもできます。

[Alt]→[F]→[T]の順に押すと、表示できます。Outlook2007以上であれば、同じです。

キーボード[Alt]→[F]→[T]

[Alt]キーや[F10]キーを使って、キー操作でタブを切り替えたり、目的のコマンドへ移動したりすることができます。アクセスキーやキーヒントと呼ばれるものです。

[Alt]キーと[F10]キーの便利な使い方

[Alt]キーや[F10]キーを使って、キー操作でタブを切り替えたり、目的のコマンドへ移動したりすることができます。 まず、[Alt]キーを ...

続きを見る

[Outlookの起動後に表示するフォルダー]を変更

[Outlookのオプション]の[詳細設定]から、[Outlookの開始と終了]の[参照]ボタンをクリックして、[フォルダーの選択]から[ToDoバーのタスクリスト]以外のものを選択して[OK]ボタンをクリックします。

ここでは、既定の[受信トレイ]を選択します。

[Outlookのオプション]ダイアログボックスの[詳細設定]-[Outlookの起動と終了]

参考以下のMicrosoftのページにエラーが表示される場合の対処法がまとめられています。

初心者でもわかる! [Outlook が起動しない][起動時にエラーが表示される]ときの対処法(Microsoft)

検索

ほかの記事も検索してみませんか?

Access / Excel / PowerPoint / Word

Profile

執筆者/はま

Ad

-Windows 7 & Office 2010 Outlook 2010

Copyright © 2001-2022 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.