Google検索

リンクユニット

Windows Xp & Office2003 Outlook Express

メール送信の形式

投稿日:2017年1月7日 更新日:

初期設定では、[メール送信の形式]はHTML形式に設定されていると思いますが、テキスト形式に変更することができます。

[オプション]ダイアログボックスから設定

メニューバーの[ツール]から[オプション]をクリックします。

ツール オプション

[オプション]ダイアログボックスが表示されます。

[送信]タブをクリックします。

オプションダイアログボックス 送信タブ

HTML形式というのは、インターネットのホームページと同じ形式です。

きれいで表現豊かなメッセージを作れますね。

でも 相手側が対応していなくて 読んでもらえないこともあります。

一般的には、テキスト形式にしておいたほうが どこへ送っても読んでもらえます。

そこで[テキスト形式]に変更します。

[メール送信の形式]で[テキスト形式]を選択します。

[OK]ボタンをクリックして閉じます。

テキスト形式

メッセージの作成画面から設定

メッセージの作成画面では、メニューバーの[書式]をクリックしてください。

そこで、リッチテキスト(HTML形式)とテキスト形式を選ぶことができます。

テキスト形式だと ひな型が選べなくなるし・・書式のツールバーも表示されませんね。

書式メニュー

メールを送る相手がHTML形式も受信できるとわかっている場合は、HTML形式を使っていいと思います。

ただ、きちんと表示できなかったり、メールのサイズが大きくなったりしますので使う場面をよく考えてからにしましょう。

おすすめ記事と広告

-Windows Xp & Office2003 Outlook Express

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.