Windows10 & Office2016 Outlook2016

Print Friendly

メール本文に地図を簡単挿入

投稿日:2017年1月7日 更新日:

Outlookでメール本文に地図を簡単に挿入する方法です。Office2010から追加されたスクリーンショットという機能を使用します。スクリーンショットはExcel、Word、PowerPointにもあります。

まず、メール本文に挿入したい地図を起動させておきます。ここでは、Googleマップを使用します。最大化ではなく、挿入したい位置を中心にウィンドウサイズをある程度調整しておいたほうが便利です。ただ、ウィンドウを最小化にはしないでください。

スクリーンショット

Outlookの新規メッセージを起動して、[挿入]タブの[スクリーンショット]をクリックします。もし、このスクリーンショットボタンが無効になっている場合は、コマンドが無効になっていて使用できないを参照してください。
挿入タブのスクリーンショット

起動中のアプリがスクリーンショットできる素材としてサムネイルで表示されます。Googleマップをクリックします。
サムネイル

スポンサーリンク

トリミング

メール本文中に大きな地図が挿入された場合は、トリミングして画像を切り取ります。挿入された画像(地図)を選択したまま、[書式]タブの右側にある[トリミング]をクリックします。
トリミング

四隅にある黒いマーク、あるいは、上下左右の中央にある黒いマークをドラッグして画像(地図)を任意の大きさに変更します。
トリミング操作

そして、再度 [書式]タブの[トリミング]ボタンをクリックして確定します。
トリミングの確定

これでメール本文に地図を挿入できます。挿入した地図を自由に移動させたい場合は、地図の右上に表示されている[レイアウトオプション]をクリックして、[四角形]や[前面]に変更してください。
レイアウトオプション

領域を指定して挿入

地図をスクリーンショットで挿入する時に、領域を指定して挿入することもできます。
注意複数のウィンドウが起動している場合は、取り込みたいウィンドウ(ここではGoogleマップ)をクリックして操作をしてください。この場合もウィンドウを最小化にはしないでください。
スクリーンショットをクリックすると、[画面の領域]というメニューがありますので、これをクリックします。
画像の領域

しばらくすると霞がかかったようになり、マウスポインタも十字の形になります。ドラッグで地図上の領域を指定します。
ドラッグで範囲指定

これで本文に地図を挿入することができます。
メール本文に地図を挿入

お勧め記事と広告

関連記事

行番号の表示

Wordで行番号を表示する方法です。セクション区切りを挿入してセクションごとに振り直すこともできます。下のようなサンプル文書があります。この ...

コメントに解決ボタン

Wordでは、コメント機能を利用して文章中にメモや注意点などをメモのようにを挿入することができます。また、Word2013以降はコメントに返 ...

単語登録のエクスポートとインポート

Windows10 のIMEで単語登録した一覧をエクスポートする方法です。新しいパソコンへ単語登録したものをインポートしたいとか、またバック ...

お気に入りバーにアイコンのみを表示

Windows10のAnniversary Updateを実施すると、Edgeでお気に入りバーをアイコンのみの表示にすることができます。 [ ...

ピボットテーブルとピボットグラフを同時に作成

Excel2013以降には、ピボットテーブルとピボットグラフを同時に作成できるコマンドがあります。ピボットテーブルの作成に慣れた方なら、グラ ...

-Windows10 & Office2016 Outlook2016

Copyright © 2001-2017 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.