Windows8 & Office2013 Outlook2013

Print Friendly

IMAPのデータ保存先変更

投稿日:2017年1月7日 更新日:

Outlook2013のIMAPデータ保存先を変更する方法です。(私が行った環境は、Windows7 32bit、Outlook2013です)
PSTファイルであれば、簡単に保存先を変更することができるのですが、
IMAPのOSTファイルはPSTファイルと同じように変更することはできません。
Outlook データ ファイル (.pst および .ost) の概要 - Outlook - Office.com

IMAPの設定をすると、既定では保存先は
\Users\ユーザー\AppData\Local\Microsoft\Outlook
になります。
この保存場所を変更するには、レジストリを変更する必要があります。
下のページを参考にさせていただきました。
How to move IMAP or EAS data files - Slipstick Systems

スタートメニューの[アクセサリ]から[ファイル名を指定して実行]をクリックします。

[ファイル名を指定して実行]が表示されます。[名前]のテキストボックスに[regedit]と入力して[OK]ボタンをクリックします。

[レジストリエディター]が表示されます。
Outlook2013の場合は、左側のツリーから
HKEY_CURRENT_USER \ Software \ Microsoft \ Office\ 15.0 \ Outlook
を参照します。
※既定では、[ForcePSTPath]は表示されていません。

スポンサーリンク

レジストリには、重要な情報が格納されていますので、変更する前にエクスポートしてバックアップしておいてください。
また、操作は自己責任でお願いします。
[ファイル]メニューから[エクスポート]をクリックして、任意の名前をつけて保存します。拡張子は[.reg]です。

HKEY_CURRENT_USER \ Software \ Microsoft \ Officeの\ 15.0 \ Outlook を開いたまま
[編集]メニューの[新規]から[文字列値]をクリックします。
[Outlook]を右クリックして[新規]-[文字列値]をクリックしてもいいです。

[ForcePSTPath]と入力します。

その後、[ForcePSTPath]を右クリックして[修正]をクリックします。

[文字列の編集]の[値のデータ]に保存先のパスを正確に入力します。[OK]ボタンをクリックします。

レジストリエディタを閉じます。

Outlookを起動して、IMAPの設定をします。
必ず、レジストリの編集後に再設定してください。

お勧め記事と広告

関連記事

透かしの挿入と設定

Wordでは、下のように文書の背景に透かし文字や画像を挿入することができます。 Word2013では、コマンドの位置が変更になっています。[ ...

PowerPoint2013もリーダーはない

PowerPointでは、前バージョンからリーダーの設定はできませんでした。 PowerPointでリーダーの設定はできない(PowerPo ...

数式の結果のみ貼り付け

Excelで下のような表があって、C列にはA列とB列の合計値を求める関数が入力されています。 数式で求めた値をそのまま保存したいということが ...

Wordのマクロを全ての文書で使えるようにしたい

Wordで作成したマクロを全ての文書で使えるようにする方法です。 まず、マクロを作成した文書を開きます。そして[開発]タブの[マクロ]をクリ ...

フラッシュフィル

Excel2013の新機能です。文字列などの編集を自動で行ってくれる機能です。 これまで、関数を使って文字列を結合したり、抜き出したりしてい ...

-Windows8 & Office2013 Outlook2013

Copyright © 2001-2017 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.