Windows 7 & Office 2010 Outlook 2010

メッセージの再送は[アクション]の[このメッセージを再送]が便利

投稿日:2017年1月7日 更新日:

一度、送ったメールを再送してほしいと頼まれることがあります。

Outlookでは、メールを送信した後に、同じメッセージを再送することができます。

また、新しい受信者に同じメッセージを送信したい場合にも便利です。

このメッセージを再送

Outlook2010では、再送機能があります。

[送信済みアイテム]をクリックして、再送したいメッセージをダブルクリックして表示します。

[メッセージ]タブの[移動]グループにある[アクション]をクリックして、[このメッセージを再送]をクリックします。

ポップヒントには、以下のように記されています。

このメッセージを再送

宛先一覧、件名、本文が同じメッセージを作成して、このメッセージを再送します。

[アクション]の[このメッセージを再送]

新しいメッセージウィンドウが開きますので、宛先を確認して[送信]ボタンをクリックします。

受信者を複数にしたり、削除することができます。

新しいメッセージウィンドウでは、宛先を変更することはもちろんですが、添付ファイルの追加や削除、本文の内容を変更することもできます。

メッセージの再送

電子メール メッセージを再送信する - Outlook - Office.com(Microsoft)

[このメッセージを再送]をクイックアクセスツールバーに登録

[このメッセージを再送]を頻繁に使用するのであれば、クイックアクセスツールバーに登録しておくと便利です。

[このメッセージを再送]で右クリックします。

ショートカットメニューから[クイックアクセスツールバー追加]をクリックします。

ショートカットメニューから[クイックアクセスツールバー追加]をクリック

クイックアクセスツールッバーに[このメッセージを再送]ボタンが追加されます。

クイックアクセスツールッバーの[このメッセージを再送]

削除する場合は、右クリックしてショートカットメニューから[クイックアクセスツールバーから削除]をクリックします。

ショートカットメニューの[クイックアクセスツールバーから削除]

[Alt]キーと[数字]キーでコマンドを実行

クイックアクセスツールバーに登録したボタンは、[Alt]キーを押してアクセスキーを表示すると、数字が割り当てられていることが分かります。

[Alt]+[数字]キーでコマンドを実行できます。以下の画像は、Excel2010です。

[Alt]キーを押したときのクイックアクセスツールバー

【Alt】キーと【F10】キーの便利な使い方

[Alt]キーや[F10]キーを使って、キー操作でタブを切り替えたり、目的のコマンドへ移動したりすることができます。 まず、[Alt]キーを ...

続きを見る

Outlookのショートカットキー

Outlookでは、以下のショートカットキーを覚えておくと便利です。

新着メールの確認[Ctrl]+[M]

新着メールの確認[Ctrl]+[M]

新しいメールの作成(メール使用時)[Ctrl]+[N]

新しいメールの作成(メール使用時)[Ctrl]+[N]

メールに返信[Ctrl]+[R]

メールに返信[Ctrl]+[R]

メールを転送[Ctrl]+[F]

メールを転送[Ctrl]+[F]

検索

ほかの記事も検索してみませんか?

おすすめ記事と広告

Profile

執筆者/はま

-Windows 7 & Office 2010 Outlook 2010

Copyright © 2001-2021 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.