Google検索

リンクユニット

Windows Xp & Office2003 Outlook Express

Outlookバーの使い方

投稿日:2017年1月7日 更新日:

Outlook ExpressのOutlookバーを使うと受信フォルダなどに作成したサブフォルダを登録して、いつでもそのフォルダのメールを参照することができます。

Outlookバーの表示

メニューバーの[表示]から[レイアウト]をクリックします。

表示メニュー

[全般]から[Outlookバー]のチェックボックスをオンにして、[OK]ボタンをクリックします。

レイアウトタブ

ウィンドウの左側に[Outlookバー]が表示されます。

Outlookバー

Outlookバーにフォルダを表示

Outlookツールバーに表示したいフォルダをドラッグします。

表示の順番は、後でドラッグで移動することができます。

サブフォルダの作成の方法は、フォルダの作成を参照してください。

フォルダを作成してメールを分類

受信したメールは、フォルダを作成して分類しておくといいですね。 フォルダの作成 [受信トレイ]を右クリックします。 ショートカットメニューの ...

続きを見る

ドラッグ

Outlookバーから削除

不要なフォルダは、フォルダで右クリックして[Outlookバーから削除]をクリックします。

削除

アイコンの大きさを設定

Outlookバーのアイコンがないところで、右クリックして[小さいアイコン]を選択すると、下のようにアイコンが小さくなるので、たくさん表示できるようになります。

Outlookバーの幅もドラッグで調整できます。

小さいアイコン

受信トレイにサブフォルダを作成して、サブフォルダを表示した状態で閉じても、再度 Outlook Expressを起動すると、サブフォルダが表示されるものと、表示されないものがあるようです。

おすすめ記事と広告

記事を更新しました

写真を送信するときの画像サイズ

添付ファイルとして写真を送信する場合は、写真のサイズを小さくした方がいいですね。 簡単にファイルサイズを小さくして、送信することができます。 ...

IMEの辞書を使う変換モードと使い方

IMEでは、システム辞書を使う変換モードが決められています。 変換モードの確認 IMEのプロパティから、各辞書の変換モードを確認してみます。 ...

ファンクションキーで変換

IMEツールバー(言語バー)は、[あ]の状態のまま入力して、そのあとにファンクションキーを使って変換することができます。 ファンクションキー ...

画面を貼り付けよう

ディスプレイの画面をそのまま画像として貼り付ける方法を解説します。 ここでは、プリントスクリーンという機能を使っています。 簡単な操作で行う ...

垂れ幕を作ろう

A4サイズの紙を張り合わせて簡単に垂れ幕を作りましょう。 例として、[ようこそ]とA4用紙一枚に一文字ずつ印刷して貼り合わせましょう。 新し ...

-Windows Xp & Office2003 Outlook Express

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.