リンクユニット

Windows Xp & Office2003 Outlook Express

Outlookバーの使い方

投稿日:2017年1月7日 更新日:

Outlook ExpressのOutlookバーを使うと受信フォルダなどに作成したサブフォルダを登録して、いつでもそのフォルダのメールを参照することができます。

Outlookバーの表示

メニューバーの[表示]から[レイアウト]をクリックします。
表示メニュー [全般]から[Outlookバー]のチェックボックスをオンにして、[OK]ボタンをクリックします。
レイアウトタブ

ウィンドウの左側にOutlookツールバーが表示されます。
Outlookバー

Outlookバーにフォルダを表示

Outlookツールバーに表示したいフォルダをドラッグします。表示の順番は、後でドラッグで移動することができます。

サブフォルダの作成の方法は、フォルダの作成を参照してください。

フォルダの作成

受信したメールは、フォルダを作成して分類しておくといいですね。 フォルダの作成 [受信トレイ]を右クリックします。[フォルダの作成]をクリッ ...

続きを見る

ドラッグ

Outlookバーから削除

不要なフォルダは、フォルダで右クリックして[Outlookバーから削除]をクリックします。
削除

アイコンの大きさを設定

Outlookバーのアイコンがないところで、右クリックして[小さいアイコン]を選択すると、下のようにアイコンが小さくなるので、たくさん表示できるようになります。幅もドラッグで調整できます。
小さいアイコン

受信トレイにサブフォルダを作成して、サブフォルダを表示した状態で閉じても、再度 Outlook Expressを起動すると、サブフォルダが表示されるものと、表示されないものがあるようです。

一度は読んでおきたい、お勧めのテキストです。

おすすめ記事と広告

こんな記事もあります

リストから入力

データの入力を簡単にするために、リストから選択できるようにすることができます。 担当者や部署名など入力するデータが、決まってるいる場合などは ...

【Delete】キーでは書式はクリアできない

セルのデータを消去するとき[Delete]キーを使いますね。 見た目はすべて消去されたように見えますが、[Delete]キーの場合は [数式 ...

Officeクリップボード

コピーや切り取りを行うと、データは[Officeクリップボード]に最大24個まで保存されます。 クリップボード作業ウィンドウの表示 [クリッ ...

Wordの表の並べ替え

Wordの表でも並べ替えをすることが出来ます。 下のような表があります。 合計の大きい順に並べ替えたいと思います。 表内であればどこでもいい ...

すべてのアドレス帳のエクスポート

Microsoft Outlookのインポートウィザードを使用しても、Expressのサブフォルダのアドレスはインポートされません。 以下は ...

-Windows Xp & Office2003 Outlook Express

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.