Windows XP & Office 2003 Outlook Express

Outlookバーの使い方

投稿日:2017年1月7日 更新日:

Outlook ExpressのOutlookバーを使うと、受信フォルダなどに作成したサブフォルダなどを登録して、いつでもそのフォルダのメールを参照することができるようになります。

Outlookバーの表示

メニューバーの[表示]から[レイアウト]をクリックします。

[表示]メニューの[レイアウト]

[ウィンドウのレイアウトのプロパティ]ダイアログボックスが表示されます。

[全般]カテゴリーから[Outlookバー]のチェックボックスをオンにして、[OK]ボタンをクリックします。

参考[レイアウト]には、7つのコンポーネントがあります。もし、非表示にしたいコンポーネントがあれば、ここでオフにしてください。既定では、[Outlookバー]と[ビューバー]がオフになっていると思います。

  • 連絡先
  • フォルダバー
  • フォルダ一覧
  • Outlookバー
  • ステータスバー
  • ツールバー
  • ビューバー

レイアウトタブ

ウィンドウの左側に[Outlookバー]が表示されます。

ウィンドウの左側に現れた[Outlookバー]

Outlookバーにフォルダをドラッグして表示

Outlookバーに表示したいフォルダをドラッグします。

表示の順番は、後でドラッグで移動することができます。

サブフォルダの作成方法は、以下の記事を参照してください。

フォルダを作成してメールを分類

受信したメールは、フォルダを作成して分類しておくといいですね。後でメールを探すときに効率よく見つけられるようになります。 受信トレイで右クリ ...

続きを見る

ドラッグ

アイコンの大きさを設定

Outlookバーのアイコンがないところで、右クリックして[小さいアイコン]を選択すると、下のようにアイコンが小さくなるので、たくさん表示できるようになります。

Outlookバーの幅もドラッグで調整できます。

Outlookバーで右クリック-ショートカットメニューの[小さいアイコン]

Outlookバーから削除

不要なフォルダは、フォルダで右クリックして[Outlookバーから削除]をクリックします。

ショートカットメニューの[Outlookバーから削除]

受信トレイにサブフォルダを作成して、サブフォルダを表示した状態で閉じても、再度Outlook Expressを起動すると、サブフォルダが表示されたり、されなかったりすることがあるようです。

検索

ほかの記事も検索してみませんか?

おすすめ記事と広告

Profile

執筆者/はま

-Windows XP & Office 2003 Outlook Express

Copyright © 2001-2021 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.