Windows 10 & Office 2016 Outlook 2016

予定表から複数の予定をまとめて削除するには

投稿日:2017年1月7日 更新日:

Outlookの予定表のスケジュールを削除するには、予定を選択して削除ボタンをクリックします。

個々の予定に対しては、それでもいいのですが、予定が多数あって、削除したい予定が多いと一つずつ選択して削除するのは面倒ですね。

複数の予定をまとめて削除するには、ビューを[一覧]に切り替えて[Ctrl]キーや[Shift]キーを使って削除すると効率的です。

ここでは、すべての予定を選択して削除します。

[ビューの変更]から[一覧]を選択

予定を個別に削除

予定を個別に削除するには、削除したい予定を選択して、[予定]タブの[アクション]グループにある[削除]をクリックします。

[予定]タブの[アクション]グループにある[削除]

または、削除したいアイテムで右クリックして、ショートカットメニューから[削除]をクリックします。

ショートカットメニューの[削除]

ショートカットキーは、[Ctrl]+[D]ですが、[Delete]キーでも削除できます。

キーボード[Ctrl]+[D]

予定ウィンドウを開いて削除

個々の予定ウィンドウを開いて削除することもできます。

変更したい予定を選択して[開く]ボタンをクリックして[予定]ウィンドウを表示します。

ダブルクリックで開くこともできます。

変更したい予定を選択して[開く]ボタンをクリック

予定ウィンドウの[アクション]グループにある[削除]をクリックします。

予定ウィンドウの[削除]

予定をまとめて削除

予定をまとめて削除したい場合の方法です。

ここでは、すべての予定を選択して削除します。

ビューを[一覧]に変更

まず、[表示]タブの[ビューの変更]から、[一覧]をクリックして一覧表示に切り替えます。

[ビューの変更]から[一覧]を選択

参考メッセージのビュー変更については、以下の記事で解説しています。

メールのビューの変更

すべて選択して削除

キーボードから[Ctrl ]+[ A ]を押してすべての予定を選択します。

キーボード[Ctrl ]+[ A ]

そして、右クリックしてショートカットメニューから[削除]、またはキーボードから[Delete]キーを押します。

アイテムをすべて選択

参考[Ctrl]キーや[Shift]キーを使って、複数の予定を選択して削除することもできます。

ビューを変更

これで完了です。

また、ビューを元の予定表に戻すには、[表示]タブの[ビューの変更]から[予定表]をクリックします。

[ビューの変更]から[予定表]を選択

削除しても[削除済みアイテム] フォルダーにアイテムが移動するだけなので、間違えた!必要な予定だったという場合は、[削除済みアイテム] フォルダーをクリックして、そのアイテムを [予定表] フォルダーへ移動させてください。

関連予定表に関する記事です。

Outlook2010での解説です。

起動時に予定表を開くには

Outlookでは、起動時に表示されるのは[受信トレイ]になっています。 この起動時に開くフォルダーは変更することができます。 ここでは、O ...

続きを見る

予定表に添付ファイル付きメールをコピーするには

Outlookでは、メールをナビゲーションウィンドウの[予定表]へドラッグするだけで、予定表に書きこむことができます。 しかし、添付ファイル ...

続きを見る

メールと予定表を並べて表示するには

Outlookのメールウィンドウと予定表を並べて表示すると、予定を確認しながらメールを作成できるので便利です。 新しいウィンドウで開く ナビ ...

続きを見る

予定表の内容は、メモとしてデスクトップに貼り付けることができます。

メールの内容をドラッグ&ドロップしてメモを作成

Outlookには、メールで受けた内容を付箋紙のようにメモをして、デスクトップに表示しておくことができる[メモ]という機能があります。 Wi ...

続きを見る

バージョンの確認

他の記事も検索してみませんか?

もっと理解したいあなたへ

おすすめ記事と広告

Profile

執筆者/はま

-Windows 10 & Office 2016 Outlook 2016

Copyright © 2001-2021 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.