Windows 7 & Office 2010 Outlook 2010

起動時に予定表を開くには

投稿日:2017年1月7日 更新日:

Outlookでは、起動時に表示されるのは[受信トレイ]になっています。

この起動時に開くフォルダーは変更することができます。

ここでは、Outlookの起動時に[予定表]を開くように設定します。

[Outlookのオプション]の表示

[ファイル]タブをクリックして[オプション]をクリックします。

ファイルタブ

Outlookの起動後に表示するフォルダー

[Outlookのオプション]ダイアログボックスから[詳細設定]をクリックします。

[Outlookの開始と終了]から[Outlookの起動後に表示するフォルダー]の[参照]ボタンをクリックします。

詳細設定

[フォルダーの選択]から[予定表]を選択して[OK]ボタンをクリックします。

これで次回からOutlookの起動時には[予定表]が表示されるようになります。

フォルダーの選択

注意Outlookの起動後に表示するフォルダーに[ToDoバーのタスクリスト]を指定すると、Outlookが起動しないというトラブルがありました。

Outlookが起動しない現象と解決した方法

Outlook2010では、[Outlookのオプション]の[起動後に表示するフォルダー]に[ToDoバーのタスクリスト]設定すると、Out ...

続きを見る

関連以下は、予定表に関する記事です。

予定表に添付ファイル付きメールをコピーするには

Outlookでは、メールをナビゲーションウィンドウの[予定表]へドラッグするだけで、予定表に書きこむことができます。 しかし、添付ファイル ...

続きを見る

メールと予定表を並べて表示するには

Outlookのメールウィンドウと予定表を並べて表示すると、予定を確認しながらメールを作成できるので便利です。 新しいウィンドウで開く ナビ ...

続きを見る

予定表から複数の予定をまとめて削除するには

Outlookの予定表のスケジュールを削除するには、予定を選択して削除ボタンをクリックします。 個々の予定に対しては、それでもいいのですが、 ...

続きを見る

予定表は複数作成して、並べて表示したり、重ねて表示することができます。

新しい予定表を作成して並べて(重ねて)表示

Outlookの予定表は、複数作成して使い分けができます。 各予定表は非表示にすることができますし、複数の予定表を並べたり重ねたりすることも ...

続きを見る

予定表の内容をメモにドラッグして、付箋紙のようにデスクトップに貼り付けておくこともできます。

メールの内容をドラッグ&ドロップしてメモを作成

Outlookには、メールで受けた内容を付箋紙のようにメモをして、デスクトップに表示しておくことができる[メモ]という機能があります。 Wi ...

続きを見る

また、Windowsを起動した時にOutlookを自動的に起動するように設定することもできます。

Windowsの起動時にアプリを自動起動するにはスタートアップに登録

Windows 10でスタートアップフォルダーにショートカットアイコンを保存して、Windows 10の起動時にアプリを自動的に起動する方法 ...

続きを見る

Excelの日付セルから予定表を起動することもできます。

日付を右クリックしてOutlookの会議の設定やカレンダー(予定表)を表示

Excelの日付のセルで右クリックしてショートカットメニューから、Outlookの会議や予定表を表示することができます。 Microsoft ...

続きを見る

検索

ほかの記事も検索してみませんか?

おすすめ記事と広告

Profile

執筆者/はま

-Windows 7 & Office 2010 Outlook 2010

Copyright © 2001-2021 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.