リンクユニット

Windows 7 & Office 2010 Outlook 2010

予定表に添付ファイル付きメールをコピーするには

投稿日:2017年1月7日 更新日:

Outlookでは、受信したメールをナビゲーションウィンドウの[予定表]へドラッグするだけで、予定表に書きこむことができます。

でも、添付ファイル付きメールの場合は、添付ファイルまでコピーすることはできません。

そこで、メールを添付ファイルとして登録しておくと、ダブルクリックでメールを開くことができるので、メールに添付されたファイルもすぐに開くことができるようになります。

[クイック操作]を利用する方法と、ナビゲーションバーの[予定表]のアイコンに右ドラッグする方法を解説します。

クイック操作に[添付ファイルを追加した予定]を作成


クイック操作は、Outlook2010からの新機能です。

クイック操作の【上司に転送】設定(1分間待機してから自動的に送信)

Outlookの[ホーム]タブに[クイック操作]グループがあります。Outlook2010の新機能です。 お決まりの操作があれば、この機能を ...

続きを見る

クイック操作に登録しておくと、ワンクリックでメールから予定を作成できるようになります。

[ホーム]タブの[クイック操作]グループにある[新規作成]ボタンをクリックします。

[ホーム]タブの[クイック操作]グループにある[新規作成]

[クイック操作の編集]ダイアログボックスが表示されます。

[アクションの選択]の▼ボタンをクリックします。

[クイック操作の編集]ダイアログボックス

スクロールバーを下へドラッグして、[添付ファイルを追加した予定を作成]を選択します。

[添付ファイルを追加した予定を作成]を選択

[名前]のテキストボックスには、自動的にアクションの名前が表示されます。変更しても構いません。

ショートカットキーも割り当てることができます。必要であれば設定してください。

[完了]ボタンをクリックします。

[クイック操作の編集]ダイアログボックス

[クイック操作]に[添付ファイルを追加した予定を作成]が登録されています。

目的のメールを選択して、[クイック操作]の[添付ファイルを追加した予定を作成]をクリックします。

クイック操作に[添付ファイルを追加した予定を作成]が登録

以下のように[予定表]のウィンドウが表示されます。

[件名]には、メールのタイトルが自動的に入力されています。時刻など必要な内容を修正したり追記します。

本文内のアイコンをダブルクリックすると、メールウィンドウが表示されます。

添付ファイルもすぐに表示できます。

予定ウィンドウ

右クリックのショートカットメニューから操作

クイック操作は右クリックのショートカットメニューから選択することもできます。

右クリックのショートカットメニューから[クイック操作]を選択

参考以下の記事では、クイック操作で[週報]という定型メールを作成する方法を解説しています。

定型メールの作成と送信(クイック操作を使って)

Outlookのクイック操作は、メールの時短操作には欠かせない機能です。 Outlook2010の記事で[上司へ転送]という機能を紹介してい ...

続きを見る

アクションの選択でタスクを作成することもできます。

メールをタスクに簡単に登録する3つの方法(ドラッグ・クイック操作・フラグ)

Outlookには、タスク管理の機能もあります。 タスクは、タスクウィンドウを表示して、新規にタスクを作成することもできますが、メッセージを ...

続きを見る

右ドラッグのショートカットメニューから選択

メールの添付ファイルも一緒に予定表へコピーしたい場合は、メールをナビゲーションバーの[予定表]のアイコンへ右ドラッグして、ショートカットメニューから選択する方法もあります。

ナビゲーションバーに[予定表]のアイコンが表示されていない場合は、以下の記事を参照して表示します。

ナビゲーションバーのカスタマイズ

Outlook2013のウィンドウの下方に表示されるナビゲーションバーは、[ナビゲーションオプション]ダイアログボックスの設定でカスタマイズ ...

続きを見る

ショートカットメニューの[ショートカットとして予定にコピー]、[添付ファイルとして予定にコピー]、[添付ファイルとして予定に移動]の中から選択してください。

[添付ファイルとして予定にコピー]を選択するのが一番いいと思います。

参考[ショートカットとして予定にコピー]は、Outlook2016、2019では上手く動作しません。私の環境だけかもしれませんが。

右ドラッグ

予定表には、以下のようにメールがコピーされます。

予定表

関連Outlookの予定表を使用される方は、起動時に予定表を開くように設定しておくといいかもしれません。

起動時に予定表を開くには

Outlook2010では、起動時に表示されるのは[受信トレイ]になっています。 この起動時に開くフォルダは変更することができます。 [Ou ...

続きを見る

以下は、予定表に関する記事です。

メールと予定表を並べて表示するには

Outlookのメールウィンドウと予定表を並べて表示すると、予定を確認しながらメールを作成できるので便利です。 新しいウィンドウで開く ナビ ...

続きを見る

予定表からすべての予定を削除するには

Outlookの予定表のスケジュールを1つずつ削除するには、削除したいアイテムで右クリックして、ショートカットメニューから[削除]をクリック ...

続きを見る

メールからメモを作成することもできます。

メールの内容をドラッグ&ドロップしてメモを作成

Outlookには、メールで受けた内容を付箋紙のようにメモをして、デスクトップに表示しておくことができる[メモ]という機能があります。 Wi ...

続きを見る

また、メールからタスクを作成することもできます。

メールをタスクに簡単に登録する3つの方法(ドラッグ・クイック操作・フラグ)

Outlookには、タスク管理の機能もあります。 タスクは、タスクウィンドウを表示して、新規にタスクを作成することもできますが、メッセージを ...

続きを見る

Profile

執筆者/はま

もっと理解したいあなたへ

おすすめ記事と広告

-Windows 7 & Office 2010 Outlook 2010

Copyright © 2001-2020 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.