リンクユニット

Windows8 & Office2013 Outlook2013

長いパスでもクリックで開くには

投稿日:2017年1月7日 更新日:

Outlookのテキストメールで長いURLや、長いパスでもクリックで開く方法です。

[Outlookのオプション]の表示

[ファイル]タブをクリックして、[オプション]をクリックします。
ファイルタブ

メールカテゴリの[指定の文字数で自動的に文字列を折り返す]で設定

[メール]カテゴリーの[メッセージ形式]にある[指定の文字数で自動的に文字列を折り返す]の既定の文字数[76]を最長の[132]に変更します。
そして、[テキスト形式メッセージ内の余分な改行を削除する]のチェックボックスをオフにします。[OK]ボタンをクリックして閉じます。
Outlookのオプション

ファイルプロトコルを使用したパス内に日本語が入ると途中までしか青字にならず、リンクしません。
そういう場合は、下のように[< >]でパス名を囲んでみてください。
[" "]ダブルコーテーションや、[<< >>]で挟んでも同じです。
パス

参考送受信する双方が「自動的に文字列を折り返す」設定をしておくといいのですが、送る側のみが設定しても受信者側ではリンクが切れてしまいます。
この記事を書いたときの環境は、Windows7でOutlookを使用していました。Windows10のOutlookで試したところ、日本語が入ってもリンク切れにはなりませんでした。環境やバージョンによって違いがあるのかもしれません。

Outlookの初期設定が76文字になっている理由については、以下の記事を参考にしてください。
テキスト形式のメールで長いURL が切れないようにする(Microsoft)

以下の記事では、ファイルのパスの取得方法を解説しています。

Office2010

ファイルのパスをコピー

Office2010では、起動中のファイルのパスを簡単に取得してコピーすることができます。 Backstageビューの情報 [ファイル]タブ ...

続きを見る

Office2013

ファイルのパスをコピーする

Office2013では、ファイルのパスを簡単にコピーしたり、その保存場所を開くことができます。Office2010も、バックステージビュー ...

続きを見る

また、クイックアクセスツールバーに[ドキュメントの場所]を登録することもできます。

【ドキュメントの場所】をクイックアクセスツールバーに登録

クイックアクセスツールバーは、タブを切り替えずに使用できるので便利ですね。 その他のコマンドの中に[ドキュメントの場所]というのがあります。 ...

続きを見る

Windows7

【Shift】キーでファイルのパスをコピー

ファイルのパスをコピーする方法です。 ファイルを[Shift]キーを押しながら右クリック ファイルを[Shift]キーを押しながら右クリック ...

続きを見る

Windows8、Windows10

【パスのコピー】コマンド

Windows8、Windows10でファイルのパスをコピーする方法です。 エクスプローラーから エクスプローラーを開いて、[ホーム]タブに ...

続きを見る

おすすめ記事と広告

記事を更新しました

Wordでグラフを作成

Wordでグラフを作成する方法です。 Word2007からの機能ですが、Word2013で解説します。 グラフの挿入 グラフを挿入したい位置 ...

ペイントの最近使った画像を削除する

Windows8.1のペイントで[最近使った画像]を削除する方法です。 もっと簡単にできる方法はないかなとあれこれやってみたのですが、従来通 ...

便箋のような罫線を引いた用紙を簡単作成

Wordで便箋のような罫線を引いた用紙を簡単に作成する方法です。 Enterキーで段落記号を表示 新規文書で[Enter]キーを連打して、段 ...

ピボットテーブルで累計を求める

Excel2013のピボットテーブルで累計を求める方法です。 ピボットテーブルのレイアウトは、列に[機種]と[年]、行に[販売日]、値に[売 ...

Ctrl+Oで【ファイルを開く】ダイアログボックスを開くには

Office2013では、開くダイアログボックスを開くためのショートカットキー[Ctrl]+[O]キーを押すと、[ファイルを開く]ダイアログ ...

-Windows8 & Office2013 Outlook2013

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.