リンクユニット

Windows Xp & Office2003 Outlook Express

すべてのアドレス帳のエクスポート

投稿日:2017年1月7日 更新日:

Microsoft Outlookのインポートウィザードを使用しても、Expressのサブフォルダのアドレスはインポートされません。
以下は、ExpressのすべてのアドレスをMicrosoft Outlookへインポートする方法です。

アドレス帳の表示

[スタートボタン]をクリックして、[すべてのプログラム]→[アクセサリ]→[アドレス帳]をクリックします。
すべてのプログラム

[アドレス帳]の[ファイル]から[すべてのコンテンツを表示]をクリックします。
ファイルメニュー

[テキストファイル(CSV)]としてエクスポート

新しく開かれた[アドレス帳]の[ファイル]から[エクスポート]→[ほかのアドレス帳]をクリックします。
ファイルメニュー エクスポート ほかのアドレス帳

[アドレス帳エクスポート ツール]の[テキストファイル(CSV)]を選択して、[エクスポート]ボタンをクリックします。
テキストファイル エクスポート

[CSVのエクスポート]の[参照]ボタンをクリックして、エクスポート先のファイルを指定します。新しく名前を付けてファイルを作成しても構いません。[次へ]をクリックします。
参照ボタン ファイル指定

[CSVのエクスポート]でエクスポートするフィールドを選択して、[完了]ボタンをクリックします。
CSVのエクスポート

下のメッセージウィンドウが表示されたら、[OK]ボタンをクリックします。
メッセージウィドウ

表示されているウィンドウを全て閉じます。

Microsoft Outlookへインポート

Microsoft Outlookを起動させます。[ファイル]をクリックして、[インポートとエクスポート]をクリックします。
Outlook ファイルメニュー

[インポート/エクスポート ウィザード]の[ほかのアプリケーションまたはファイルからのインポート]を選択して、[次へ]ボタンをクリックします。
ほかのアプリケーションまたはファイルからインポート

[ファイルのインポート]から[テキストファイル(Windows、カンマ区切り) ]を選択して[次へ]をクリックします。
テキストファイル

[ファイルのインポート]の[参照]ボタンをクリックして、インポートするファイルを選択します。[オプション]は、目的に合わせて選択してください。[次へ]をクリックします。
参照ボタン インポートファイルの指定

[ファイルのインポート]でインポート先のフォルダを選択します。ここでは[連絡先]ですね。[次へ]ボタンをクリックします。
連絡先選択

[ファイルのインポート]で実行する内容を確認して[完了]ボタンをクリックします。
内容確認

連絡先の確認

Microsoft Outlookの[連絡先]を表示してインポートされたアドレスを確認してください。
アドレスの確認

管理人一押しのテキストです。

おすすめ記事と広告

記事を更新しました

ツールバーのカスタマイズ

OutlookExpressのツールバーを見ると、あまり使用しないボタンもありますね。使わないアイコンは非表示にしておくといいかもしれません ...

入力は効率よく

入力は正確に速くできた方がいいですね。 ちょっと自分の入力を見直してみませんか? 一気に入力して一括変換 たとえば[初心者のためのOffic ...

いろいろな削除方法

ファイルを削除するときって どうやってますか?いろいろなやり方がありますね。 ファイルとフォルダのタスクから 削除したいファイルを選択して、 ...

ショートカットキー

おもなショートカットキーを抜粋してみました。 ショートカットキー一覧などについては、Blogのショートカットキーを参照してください。 キーボ ...

ファイルを探す

フォルダの中のファイルやフォルダを探すとき、目的のファイルやフォルダの頭文字をキーボードから押すだけで探すことができます。 もし、ドライブや ...

-Windows Xp & Office2003 Outlook Express

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.