Google検索

リンクユニット

Windows8 & Office2013 Windows8

【パスのコピー】コマンド

投稿日:2017年1月7日 更新日:

Windows8、Windows10でファイルのパスをコピーする方法です。

エクスプローラーから

エクスプローラーを開いて、[ホーム]タブにある[パスのコピー]をクリックします。

ポップヒントには、以下のように記されています。

選択した項目のパスをクリップボードにコピーします。

[Shift]キーを押しながら右クリック

または、目的のファイルを[Shift]キーを押しながら、右クリックします。
ショートカットメニューに[パスのコピー]が表示されるので、それをクリックします。参考Windows7では、[パスとしてコピー]でした。

フォルダ内のファイルは、[ホーム]タブからの操作が便利ですが、デスクトップでは、[Shift]キーを押して表示させるといいですね。

メモ帳に貼り付けてみます。
下のようにファイルのパスが貼り付けられます。

[開く]ダイアログボックスの[ファイル名]ボックスにパスを貼り付けると、ファイルを開くことができますし、メールでファイルやフォルダのパスを知らせる時も便利ですね。
以下の記事も参考になると思います。
長いパスでもクリックで開くには

Outlookのテキストメールで長いURLや、長いパスでもクリックで開く方法です。 [Outlookのオプション]の表示 [ファイル]タブを ...

続きを見る

関連Windows7でのファイルのパスをコピーする方法も解説しています。

【Shift】キーでファイルのパスをコピー

ファイルのパスをコピーする方法です。 ファイルを[Shift]キーを押しながら右クリック ファイルを[Shift]キーを押しながら右クリック ...

続きを見る

Officeでのファイルのパスをコピーする方法は、以下の記事で解説しています。

ファイルのパスをコピー

Office2010では、起動中のファイルのパスを簡単に取得してコピーすることができます。 Backstageビューの情報 [ファイル]タブ ...

続きを見る

ファイルのパスをコピーする

Office2013では、ファイルのパスを簡単にコピーしたり、その保存場所を開くことができます。Office2010も、バックステージビュー ...

続きを見る

また、クイックアクセスツールバーに[ドキュメントの場所]を登録することもできます。

【ドキュメントの場所】をクイックアクセスツールバーに登録

クイックアクセスツールバーは、タブを切り替えずに使用できるので便利ですね。 その他のコマンドの中に[ドキュメントの場所]というのがあります。 ...

続きを見る

おすすめ記事と広告

記事を更新しました

図形を結合して独自の図形を作成

PowerPoint2013では、複数の図形を組み合わせたものを1つの図形として作成することができます。 図形の挿入 [挿入]タブの[図]グ ...

個人用テンプレートの保存場所

Windows7のOffice2010をOffice2013にアップグレードしました。 今日、Word2013で自作のテンプレートを使おうと ...

フォームのレコードを並べ替える

Accessの分割フォームをよく利用しています。フォームビューとデータシートビューが同時が表示され、Excelのフィルターと同じようにフィル ...

分割フォームの列幅を保存するには

Accessで分割フォームをよく利用しています。 単票フォームとデータシートが一つのフォームに作成できて便利です。 ですが、分割フォームを作 ...

オプションボタンのグループ化

Word2013でコントロールのオプションボタンを挿入した後、グループ化する方法です。 オプションボタンは[開発]タブにありますが、[開発] ...

-Windows8 & Office2013 Windows8

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.