Google検索

リンクユニット

Windows7 & Office2010 Windows7

ユーザーアカウント制御の設定変更

投稿日:2017年1月7日 更新日:

Windows Vistaでは、評判の悪かった[ユーザーアカウントの制御」ですが、Windows 7では設定変更ができるようになっています。

この下のウィンドウは、おなじみと思います。

このウィンドウが出てくる回数がWindows 7になってから、少ないと感じていました。

ユーザーアカウント制御

ユーザーアカウントの表示

[スタート]ボタンをクリックして、スタートメニューを表示させます。

ユーザー設定時のアイコンがありますから、それをクリックします。

もちろんコントロールパネルから行き着く方法もあります。

スタートメニュー

[ユーザーアカウントの変更]ウィンドウが表示されます。

ユーザーアカウント制御設定の変更]をクリックします。

ユーザーアカウントの変更

ユーザーアカウント制御の設定

[ユーザーアカウント制御の設定]ウィンドウが表示されます。

4段階のレベルから選択できるようになっています。

注意事項もよく読んで選択するようにしてください。

既定

既定では、下のようになっています。

以下は既定のレベルです。

既定 - プログラムがコンピューターに変更を加えようとする場合のみ通知する

・ユーザーがWindows設定を変更する場合は通知しない

ユーザーアカウント制御の設定

常に通知する

一番上の[常に通知する]です。

次の場合は常に通知する:

・プログラムがソフトウェアをインストールしようとする場合、またはコンピューターに変更を加えようとする場合

・ユーザーがWindows設定を変更する場合

常に通知

上から3つ目のレベル

上から3つ目のレベルです。

プログラムがコンピューターに変更を加えようとする場合のみ通知する(デスクトップを暗転しない)

・ユーザーがWindows設定を変更する場合は通知しない

上から3つ目のレベル

通知しない

一番下のレベルでユーザーアカウント制御を無効にすると、再起動が必要になります。

以下の場合でも通知しない:

・プログラムがソフトウェアをインストールしようとする場合、またはコンピューターに変更を加えようとする場合

・ユーザーがWindows設定を変更する場合

通知しない

おすすめ記事と広告

-Windows7 & Office2010 Windows7

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.