Windows7 & Office2010 Windows7

Print Friendly, PDF & Email

付箋ソフトはWindows7のアクセサリの中にある

投稿日:2017年6月1日 更新日:

Windows7には[付箋]というアプリが標準で搭載されています。この付箋アプリは、アクセサリの中にありシンプルでとても使いやすいと思います。

起動方法

アクセサリから

[スタート]メニューから[すべてのプログラム]をクリック。[アクセサリ]の中の[付箋]をクリックします。[付箋]のポップヒントには「短い手書きまたはテキストのメモを作成します。」と記されています。
アクセサリ

検索ボックスから

スタートメニューにある検索ボックス[プログラムとファイルの検索]のテキストボックスに「付箋」と入力すると、ヒットします。
検索ボックス

ファイル名を指定して実行

[Windows]キーと[R]キーを押して[ファイル名を指定して実行]を起動して、名前ボックスに「stikynot」と入力して[OK]ボタンをクリックすると[付箋]が起動します。
ファイル名を指定して実行

タスクバーに固定

[付箋]を起動した後は、タスクバーの[付箋]のアイコンで右クリックして[タスバーにこのプログラムを表示する]をクリックして、タスクバーに固定しておくと次回起動するときに便利だと思います。
タスクバー

付箋紙の色の変更

付箋を起動すると、付箋紙の色は黄色になっていますが、この付箋紙の色は変更することができます。付箋紙で右クリックしてショートカットメニューから任意の色を選択します。
ショートカットメニュー

付箋紙の色は、[青、緑、ピンク、紫、白、黄]の中から選択できるようになっています。
付箋の色

付箋の追加と削除、サイズ変更と移動

付箋の左上にある[+]をクリックすると、付箋を増やすことができます。右上の[×]をクリックすると付箋を削除することができます。[Ctrl]キー + [N]キーを押しても追加することができます。[Ctrl]キー + [D]キーを押して削除することもできます。
追加と削除

サイズ変更は、付箋の四隅にマウスポインタを合わせて、矢印の形になったときにドラッグして調整します。
また、移動させる場合は、付箋の上部にマウスを合わせてドラッグで移動させます。

URLの貼り付け

URLを貼り付けるとハイパーリンクとなり、[Ctrl]キーを押しながらクリックしてWebページを表示することができます。
URL貼り付け

文字の拡大と縮小

付箋に入力した文字列の大きさを大きくしたり、小さくする場合は、[Ctrl]キーを押しながら、マウスのホイールボタンを回すといいです。付箋全体の文字列が拡大、縮小されます。先に回すと拡大され、手前に回すと縮小されます。

マウスのホイールボタン

選択した文字列を大きくするには、ショートカットキーを使います。

[Ctrl] + [Shift] + [>] で拡大、[Ctrl] + [Shift] + [<] で縮小になります。キーを押すごとに拡大、縮小されます。

箇条書きの設定

6種類の形式があります。箇条書きにしたい文字列の範囲を選択して、キーボードから[Ctrl] + [Shift] + [L]を押します。下の順番で変わります。

[Ctrl] + [Shift] + [L] 1回目
[Ctrl] + [Shift] + [L] 1回

[Ctrl] + [Shift] + [L] 2回目
[Ctrl] + [Shift] + [L] 2回

[Ctrl] + [Shift] + [L] 3回目
[Ctrl] + [Shift] + [L] 3回

[Ctrl] + [Shift] + [L] 4回目
[Ctrl] + [Shift] + [L] 4回

[Ctrl] + [Shift] + [L] 5回目
[Ctrl] + [Shift] + [L] 5回

[Ctrl] + [Shift] + [L] 6回目
[Ctrl] + [Shift] + [L] 6回

もう一度押すと、箇条書きが解除され元に戻ります。
[Ctrl] + [Shift] + [L] 箇条書きの解除

そのほかの書式設定

書式変更のショートカットキーです。文字列を選択して実行します。書式を元に戻すには、同じショートカットキーを押します。
[Ctrl] + [I] : 斜体(英数字のみ)
[Ctrl] + [B] : 太字
[Ctrl] + [U] : 下線
[Ctrl] + [T] : 取り消し線

書式設定

[Ctrl] + [C] で貼り付け[Ctrl] + [V] で貼り付け[Ctrl] + [X] で切り取りも可能です。

付箋を閉じる

付箋を閉じるには、タスクバーの[付箋]のアイコンで右クリックしてショートカットメニューから[ウィンドウを閉じる]をクリックします。
タスクバー

Windowsの起動時に[付箋]も起動したいのであれば、スタートアップフォルダーにショートカットアイコンを登録しておくといいです。

起動時にアプリケーションも起動

Windowsを起動して、いつも起動するアプリケーションはありませんか? スタートメニューの[スタートアップ]に登録しておくと、Window ...

続きを見る

Windows10では、[Sticky Notes]という名前のストアアプリとなっています。

Windows10の付箋(Sticky Notes)の起動方法

Windows10での付箋の起動方法を3つ紹介します。Windows10の[付箋]は、Anniversary Update以降[Sticky ...

続きを見る

解決できないことは【teratail】に質問してみましょう。

あなたへのおすすめ

関連記事

箇条書きをSmartArtに変換

PowerPoint独自の機能です。 WordやExcelでは、SmartArtを挿入して入力しますが、 PowerPointではプレースホ ...

画像の調整[アート効果]、[色]、[修整]

[挿入]タブから画像を挿入すると、[図ツール]タブが表示されます。 [アート効果]は、[図ツール]の[書式]タブにあります。 [調整]グルー ...

日付選択カレンダーの表示

Access2007から、テーブルのデザインビューでデータ型から[日付/時刻型]を選択すると、自動的に日付選択カレンダーが表示されます。 デ ...

Office2010のガイド

Office2003からOffice2010へ移行された方は、Microsoftのガイドが便利です。 Office2003のメニューやツール ...

表の行の入れ替え

Word2010で表の行を入れ替える方法を3つ紹介します。 ショートカットキーで上下を入れ替える 行内にカーソルを置いて、[Alt]+[Sh ...

-Windows7 & Office2010 Windows7

Copyright © 2001-2017 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.