リンクユニット

Windows7 & Office2010 Windows7

Print Friendly, PDF & Email

付箋ソフトはWindows7のアクセサリの中にある

投稿日:2017年6月1日 更新日:

Windows7には[付箋]というアプリが標準で搭載されています。この付箋アプリは、アクセサリの中にありシンプルでとても使いやすいと思います。

起動方法

アクセサリから

[スタート]メニューから[すべてのプログラム]をクリック。[アクセサリ]の中の[付箋]をクリックします。[付箋]のポップヒントには「短い手書きまたはテキストのメモを作成します。」と記されています。
アクセサリ

検索ボックスから

スタートメニューにある検索ボックス[プログラムとファイルの検索]のテキストボックスに「付箋」と入力すると、ヒットします。
検索ボックス

ファイル名を指定して実行

[Windows]キーと[R]キーを押して[ファイル名を指定して実行]を起動して、名前ボックスに「stikynot」と入力して[OK]ボタンをクリックすると[付箋]が起動します。
ファイル名を指定して実行

タスクバーに固定

[付箋]を起動した後は、タスクバーの[付箋]のアイコンで右クリックして[タスバーにこのプログラムを表示する]をクリックして、タスクバーに固定しておくと次回起動するときに便利だと思います。
タスクバー

付箋紙の色の変更

付箋を起動すると、付箋紙の色は黄色になっていますが、この付箋紙の色は変更することができます。付箋紙で右クリックしてショートカットメニューから任意の色を選択します。
ショートカットメニュー

付箋紙の色は、[青、緑、ピンク、紫、白、黄]の中から選択できるようになっています。
付箋の色

付箋の追加と削除、サイズ変更と移動

付箋の左上にある[+]をクリックすると、付箋を増やすことができます。右上の[×]をクリックすると付箋を削除することができます。[Ctrl]キー + [N]キーを押しても追加することができます。[Ctrl]キー + [D]キーを押して削除することもできます。
追加と削除

サイズ変更は、付箋の四隅にマウスポインタを合わせて、矢印の形になったときにドラッグして調整します。
また、移動させる場合は、付箋の上部にマウスを合わせてドラッグで移動させます。

URLの貼り付け

URLを貼り付けるとハイパーリンクとなり、[Ctrl]キーを押しながらクリックしてWebページを表示することができます。
URL貼り付け

文字の拡大と縮小

付箋に入力した文字列の大きさを大きくしたり、小さくする場合は、[Ctrl]キーを押しながら、マウスのホイールボタンを回すといいです。付箋全体の文字列が拡大、縮小されます。先に回すと拡大され、手前に回すと縮小されます。

マウスのホイールボタン

選択した文字列を大きくするには、ショートカットキーを使います。

[Ctrl] + [Shift] + [>] で拡大、[Ctrl] + [Shift] + [<] で縮小になります。キーを押すごとに拡大、縮小されます。

箇条書きの設定

6種類の形式があります。箇条書きにしたい文字列の範囲を選択して、キーボードから[Ctrl] + [Shift] + [L]を押します。下の順番で変わります。

[Ctrl] + [Shift] + [L] 1回目
[Ctrl] + [Shift] + [L] 1回

[Ctrl] + [Shift] + [L] 2回目
[Ctrl] + [Shift] + [L] 2回

[Ctrl] + [Shift] + [L] 3回目
[Ctrl] + [Shift] + [L] 3回

[Ctrl] + [Shift] + [L] 4回目
[Ctrl] + [Shift] + [L] 4回

[Ctrl] + [Shift] + [L] 5回目
[Ctrl] + [Shift] + [L] 5回

[Ctrl] + [Shift] + [L] 6回目
[Ctrl] + [Shift] + [L] 6回

もう一度押すと、箇条書きが解除され元に戻ります。
[Ctrl] + [Shift] + [L] 箇条書きの解除

そのほかの書式設定

書式変更のショートカットキーです。文字列を選択して実行します。書式を元に戻すには、同じショートカットキーを押します。
[Ctrl] + [I] : 斜体(英数字のみ)
[Ctrl] + [B] : 太字
[Ctrl] + [U] : 下線
[Ctrl] + [T] : 取り消し線

書式設定

[Ctrl] + [C] で貼り付け[Ctrl] + [V] で貼り付け[Ctrl] + [X] で切り取りも可能です。

付箋を閉じる

付箋を閉じるには、タスクバーの[付箋]のアイコンで右クリックしてショートカットメニューから[ウィンドウを閉じる]をクリックします。
タスクバー

Windowsの起動時に[付箋]も起動したいのであれば、スタートアップフォルダーにショートカットアイコンを登録しておくといいです。

起動時にアプリケーションも起動

Windowsを起動して、いつも起動するアプリケーションはありませんか? スタートメニューの[スタートアップ]に登録しておくと、Window ...

続きを見る

Windows10では、[Sticky Notes]という名前のストアアプリとなっています。

Windows10の付箋(Sticky Notes)の起動方法

Windows10での付箋の起動方法を3つ紹介します。Windows10の[付箋]は、Anniversary Update以降[Sticky ...

続きを見る

一度は読んでおきたい、お勧めのテキストです。

おすすめ記事と広告

こんな記事もあります

アンカーの設定

フォームのコントロールをウィンドウのサイズやディスプレイの解像度に合わせて調整することができます。 [配置]タブの[位置]グループにあります ...

Excelへ出力ボタンの作成

Access2010でテーブルやクエリをExcelへ出力するマクロを作成して、それをコマンドボタンに登録する方法です。マクロの作成は3つの方 ...

セクション番号の確認

Wordのセクション区切りは、[ページレイアウト]タブの[ページ設定]グループにある[区切り]から[セクション区切り]を選択して挿入します。 ...

ヘルプの活用(ショートカットキー)

文書作成時に、頻繁に操作すること機能は、ショートカットキーを覚えると便利です。 ショートカットキーは、[ヘルプ]から確認することができます。 ...

引数が無効ですのエラー

Access2010でデータベースを1つ作成して、フォームのテキストボックスに文字を入力しようとすると、[引数が無効です。]のエラーメッセー ...

-Windows7 & Office2010 Windows7

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.