Google検索

リンクユニット

Windows7 & Office2010 Windows7

起動時にアプリケーションも起動

投稿日:2017年1月7日 更新日:

Windowsを起動して、いつも起動するアプリケーションはありませんか?

スタートメニューの[スタートアップ]に登録しておくと、Windowsを起動したときに自動的にそのアプリケーションも起動することができるので便利です。

スタートアップフォルダの表示

[スタートボタン]をクリックして、スタートメニューを開きます。

[すべてのプログラム]をクリックして展開したら、[スタートアップ]を探してください。

見つけたら[スタートアップ]で右クリックします。

ショートカットメニューから[エクスプローラー]をクリックします。

スタートメニュー

ショートカットアイコンをドラッグ

[スタートアップ]フォルダーが開きます。

登録したいショートカットアイコンをスタートアップフォルダーの中へドラッグします。

これでOKです。

スタートアップフォルダーを閉じます。

これで、次回からWindowsを起動したときに、登録したアプリケーションが自動的に起動します。

スタートアップへ移動

アプリケーションの削除

また、Windowsを起動するたびにすぐにデスクトップに表示されるアプリケーションも、この[スタートアップ]フォルダーの中にあります。

起動したくないアプリケーションは削除してください。

削除したいショートカットで右クリックします。

ショートカットメニューの中の[削除]をクリックします。

[Delete]キーでも構いません。

アプリケーションが削除されるわけではありません。

ショートカットが削除されるだけです。

削除

参考Windows10の場合の方法は、スタートアップに登録してWindowsの起動時にアプリを自動起動の記事で解説しています。

スタートアップに登録してWindowsの起動時にアプリを自動起動

Windows10でスタートアップフォルダーにショートカットアイコンを保存して、Windowsの起動時にアプリを自動起動する方法です。 アプ ...

続きを見る

以下は、XPでの解説です。

スタートアップに登録

[スタートアップ]にアプリケーションを登録しておくと、Windowsを起動した時にそのアプリケーションも同時に起動することができます。 たと ...

続きを見る

おすすめ記事と広告

-Windows7 & Office2010 Windows7

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.