Google検索

リンクユニット

Windows Xp & Office2003 WindowsXP

休止状態ボタンの表示

投稿日:2017年1月7日 更新日:

[スタート]ボタンから[終了オプション]をクリックすると下のようになりますね。

終了ボタン

スタンバイ]とは、電源は切らずにパソコンを低電力の状態にすることです。

休止状態]というのもあります。

デスクトップの状態を保存したまま電源を切り、次回起動したときにデスクトップの状態が復元されます。

[休止状態]のボタンを表示する方法を紹介します。

画面のプロパティの表示

デスクトップで右クリックして、[プロパティ]をクリックします。

プロパティ

[電源オプションのプロパティ]の表示

[画面のプロパティ]ダイアログボックスが表示されます。

[スクリーンセーバー]タブの[電源]ボタンをクリックします。

画面のプロパティ

休止状態タブ

[電源オプションのプロパティ]ダイアログボックスの[休止状態]タブをクリックします。

[休止状態を有効にする]のチェックボックスをオンにして[OK]ボタンをクリックします。

参考この[電源オプションのプロパティ]ダイアログボックスは、[スタート]ボタンをクリックして、[スタートメニュー]の[コントロールパネル]をクリック。

[コントロールパネル]の[パフォーマンスとメンテンス]をクリックして[電源オプション]をクリックしてもいいです。

休止状態タブ

そして、[スタート]ボタンから[終了オプション]をクリックします。

Shift]キーを押してみてください。

[スタンバイ]ボタンが[休止状態]に変わります。

休止状態

関連また、この[電源オプションのプロパティ]ダイアログボックスの設定は、Blogの電源の管理でも解説しています。

おすすめ記事と広告

-Windows Xp & Office2003 WindowsXP

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.