Windows 7 & Office 2010 Windows 7

MacとWindows7の共有設定(LAN Manager 認証レベルの変更)

投稿日:2017年1月7日 更新日:

MacとWindows 7の共有設定でまた、ひっかかってしまいました。

Windows Vistaの時も同じことでひっかかったのですが、これはWindows側でNTML認証レベルを変更すると、Macとの共有はうまくいくようになります。

Windows 7側での設定です。

ローカルセキュリティポリシーの表示

スタートメニューから、[コントロールパネル]をクリックします。

スタートメニューの[コントロールパネル]

コントロールパネルの[システムとセキュリティ]をクリックします。

注意コントロールパネルの表示方法は、[カテゴリ]です。

コントロールパネルの[システムとセキュリティ]

一番下にある[管理ツール]をクリックします。

管理ツールをクリック

[ローカルセキュリティ ポリシー]をダブルクリックします。

ローカルセキュリティ ポリシーを選択

[LAN Manager 認証レベル]の変更

[ローカルポリシー]をクリックして展開します。

[セキュリティオプション]をクリックします。

[ネットワークセキュリティ: LAN Manager 認証レベル]をダブルクリックします。

ローカルセキュリティポリシー

認証レベルを[NTLMv2 応答のみ送信する]から[NTLM 応答のみ送信する]に変更します。

参考[LMとNTLMを送信する - ネゴシエーションの場合、NTLMv2セッションセキュリティを使う]を選択してもOKです。

[ネットワークセキュリティ: LAN Manager 認証レベル]ウィンドウ

[ネットワークセキュリティ: LAN Manager 認証レベル]が[NTLM 応答のみ送信する]になっているのを確認します。

セキュリティオプションの[ネットワークセキュリティ: LAN Manager 認証レベル]

関連Windows Vistaのときもたしか何かややこしいことをしたようなと思って、自分のブログで探すとありました!自分の記事で、助かりました。

Macとの共有設定(Windows Vista)

Windows 10とmacOS Big Surとの設定では、Mac側でファイル共有とワークグループの設定をするだけで、接続できました。

Windows 10とmacOS Big Surの接続(サーバーへ接続)

検索

ほかの記事も検索してみませんか?

おすすめ記事と広告

Profile

執筆者/はま

-Windows 7 & Office 2010 Windows 7

Copyright © 2001-2021 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.