リンクユニット

Windows Xp & Office2003 WindowsXP

エラー報告は送信しない

投稿日:2017年1月7日 更新日:

エラーのとき、下の画面が出てくることがありますね。
どんな場合も、[エラー送信はしない]と決めているのであれば下の画面を表示しないように設定してもいいと思います。
メッセージウィンドウ

[システムのプロパティ]を表示

[スタート]ボタンを押して、スタートメニューを表示します。
右列に[マイコンピュータ]があります。その[マイコンピュータ]で右クリックします。
ショートカットメニューから[プロパティ]をクリックします。
マイコンピュータ プロパティ

エラー報告ダイアログボックスを表示

[システムのプロパティ]が表示されたら、[詳細設定]タブをクリックします。
そして、[エラー報告]ボタンをクリックします。
システムのプロパティ 詳細設定タブ

[エラー報告を無効にする]を選択

[エラー報告を無効にする]のチェックボックスをオンにします。
[重大なエラーが発生した場合は通知する]のチェックは不要ならオフにしてもいいと思いますが、ここではオンにしておきます。
そして、[OK]ボタンをクリックします。これで、エラー報告のメッセージウィンドウは表示されなくなります。
エラー報告

管理人一押しのテキストです。

おすすめ記事と広告

記事を更新しました

印刷タイトルと改ページ

下のような小遣い帳があります。64行目まで続いています。 印刷プレビューで確認 [印刷プレビュー]ボタンをクリックして印刷した時の状態を確認 ...

ラベルサイズ登録設定(ワード2003)

Microsoft Wordのラベルオプションを使えば、登録されていないメーカーや型番のラベルでも簡単にラベルシールのサイズ登録ができます。 ...

CDに保存する

ファイルやフォルダをCDに保存してみましょう。 右クリックのショートカットメニューから まず、CDを開かずにファイルやフォルダなどを右クリッ ...

ツールバーについて

いつもウィンドウの上部に並んでいるツールバーを移動させてみましょう。 ツールバーの移動 下のようになりましたか? ツールバーの名前も表示され ...

ピボットテーブルの作成

一つのデータをいろいろな視点から統計をとったり、分析したりする場合に使います。 元になる表は、領収書の項目をただ横並びに入力したようなものが ...

-Windows Xp & Office2003 WindowsXP

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.