Windows Xp & Office2003 WindowsXP

Print Friendly, PDF & Email

エラー報告は送信しない

投稿日:2017年1月7日 更新日:

エラーのとき、下の画面が出てくることがありますね。
どんな場合も、[エラー送信はしない]と決めているのであれば下の画面を表示しないように設定してもいいと思います。
メッセージウィンドウ

[システムのプロパティ]を表示

[スタート]ボタンを押して、スタートメニューを表示します。
右列に[マイコンピュータ]があります。その[マイコンピュータ]で右クリックします。
ショートカットメニューから[プロパティ]をクリックします。
マイコンピュータ プロパティ

エラー報告ダイアログボックスを表示

[システムのプロパティ]が表示されたら、[詳細設定]タブをクリックします。
そして、[エラー報告]ボタンをクリックします。
システムのプロパティ 詳細設定タブ

[エラー報告を無効にする]を選択

[エラー報告を無効にする]のチェックボックスをオンにします。
[重大なエラーが発生した場合は通知する]のチェックは不要ならオフにしてもいいと思いますが、ここではオンにしておきます。
そして、[OK]ボタンをクリックします。これで、エラー報告のメッセージウィンドウは表示されなくなります。
エラー報告

あなたへのおすすめ

関連記事

Webページの印刷

表示しているWebページを印刷したいなと思ったことはありませんか? 印刷プレビューで確認 まず 印刷プレビューでどのように印刷されるのか 確 ...

文例がいっぱい

標準テンプレートの中には便利なツールがいっぱいあります。たとえば、文例ウィザードもかなり便利です。 [新しい文書]作業ウィンドウの中から[標 ...

郵便番号変換ウィザード

郵便番号ウィザードを使うと「郵便番号から住所へ」 また反対に「住所から郵便番号」を簡単に入力することができます。 Download Exce ...

名前定義の活用

セル範囲に名前を付けると便利な場合があります。 たとえば、Excelの入力規則でリストを設定するときです。 同じシートにリストを作成する場合 ...

閉じ方いろいろ

Webページやファイルを閉じる時って、どうしていますか? 右上の[閉じる]ボタンをクリックしていますか?閉じ方もいろいろあるんですよ。 Wo ...

-Windows Xp & Office2003 WindowsXP

Copyright © 2001-2017 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.