Windows 7 & Office 2010 Windows 7

フォルダーにショートカットのリンク先を常に表示するには

投稿日:2017年1月7日 更新日:

目的のファイルやフォルダーに素早くアクセスできるようにショートカットを作成される方は多いと思います。

プロパティからリンク先のパスは確認できますが、このショートカットのリンク先は、フォルダー内に常に表示することができます。

ショートカット

ショートカットの作成

ショートカットは、ファイルで右クリックしてショートカットメニューの中から[ショートカットの作成]をクリックすることで作成することができます。

ショートカットメニューの[ショートカットの作成]

ショートカットの作成は、ほかにもいくつかの方法があります。

ショートカットアイコンの作成方法

[ショートカット]とは、ファイルやフォルダ、ドライブなどにアクセスするための近道です。 ショートカットアイコンには、左下に矢印のマークがつい ...

続きを見る

Windows 10では、もっと便利になっています。

デスクトップにショートカットアイコンを作成

Windows10では、スタート画面にピン留めしたり、タスクバーにピン留めする方法は簡単にできます。 その方法については、以下の記事で解説し ...

続きを見る

リンク先の確認

このショートカットのリンク先は、右クリックしてショートカットメニューの[プロパティ]をクリックして、

ショートカットメニューのプロパティ

[ショートカットのプロパティ]の[ショートカット]タブにある[リンク先]で確認することができます。

[ショートカットのプロパティ]の[ショートカット]タブにある[リンク先]

参考プロパティの表示方法は、ほかにもあります。

プロパティとは

パソコンを操作していると[プロパティ]という言葉に出会うことがありますね。 プロパティって何?と、思ってしまいますね。パソコンに慣れていらっ ...

続きを見る

フォルダー内にリンク先を表示

このショートカットのリンク先ですが、フォルダー内に表示することができます。

フォルダー内の表示は、[詳細]にしておきます。

[表示]メニューの[詳細]

フォルダーの[名前]、[更新日時]、[種類]、[サイズ]などの文字のバーで右クリックします。

[その他]をクリックします。

バーで右クリックした時のショートカットメニューの[その他]

[詳細表示の設定]ダイアログボックスが表示されます。

この一覧の中から、[リンク先]のチェックボックスをオンにします。

[OK]ボタンをクリックして閉じます。

[詳細表示の設定]ダイアログボックス

列の名前に[リンク先]が追加されます。

順番はドラッグで移動させることができます。

ここでは、[リンク先]を[名前]の右隣に移動します。

ドラッグで移動

フォルダーにショートカットを保存すると、リンク先が表示されます。

また、Webページのショートカットアイコンを保存した場合は、[リンク先]にURLが表示されます。

リンク先の表示

職場などで、共有サーバーのファイルやフォルダーのショートカットを数多く作成している場合などは、1つのフォルダーにショートカットファイルをまとめて保存しておくと便利です。

リンク先も見えるようにしておくと、何かと便利です。フォルダーごとの設定になります。

以下の記事も参考になると思います。

フォルダーの表示設定を同じ種類のすべてのフォルダーに適用する

Windows 10でフォルダー内のファイルの表示設定を統一する方法です。 設定はとても簡単ですが、先にフォルダー内のファイルの表示設定と、 ...

続きを見る

また、Windows 10でのエクスプローラーでの表示方法は、以下で解説しています。

エクスプローラーでのファイルやフォルダーの表示と検索

エクスプローラーは、Windowsでファイルやフォルダーを管理するツールです。 ファイルやフォルダーを操作するときに必要なものなので、エクス ...

続きを見る

詳細表示で列を追加することができます。

エクスプローラーの[詳細]表示の設定

検索

ほかの記事も検索してみませんか?

Profile

執筆者/はま

-Windows 7 & Office 2010 Windows 7

Copyright © 2001-2022 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.