Windows 10 & Office 2016 Windows 10

タスクバーにツールバーを追加してフォルダーやファイルに直接アクセス

投稿日:

Windowsでは、タスクバーに[ツールバー]の[アドレス][リンク][デスクトップ]を追加して、フォルダーやファイルを直接開くことができます。

Windows 10の新機能ではなく、レガシーな機能ですが、工夫するとかなり便利に使えると思います。

タスクバーにツールバーを追加

参考Windows 10 バージョン2004での解説です。

タスクバーにツールバーを表示/非表示


タスクバーの何もないところで右クリックすると、ショートカットメユーに[ツールバー]があります。

以下の4つが登録できるようになっています。

  • アドレス
  • リンク
  • デスクトップ
  • 新規ツールバー

タスクバーのショートカットメニュー[ツールバー]

[ツールバー]のサブメニューにある項目をクリックすると、タスクバーに表示されるようになります。

チェックをオフにすると、タスクバーから削除されます。

以下は、[アドレス]、[リンク]、[デスクトップ]をオンにして表示した状態です。

参考もし、タスクバーに以下のような表示があれば、ツールバーの設定がオンになっています。

タスクバーに追加したツールバー

追加したツールバーの設定をオフにしたいのであれば、タスクバーの何もないところで右クリックして[ツールバー]のサブメニューを表示して、オフにしてください。

タスクバーに普段見慣れないものがあるという質問の場合、このツールバーの設定だったということはよくあります。

ツールバーのサブメニューがオン

[アドレス]バーの使い方

タスクバーに[アドレス]バーを追加します。

タスクバーのアドレスバー

ブラウザのアドレスバーと同じように使用できます。ブラウザを起動しなくても、ここにURLを入力してWebページを表示できます。

このときのブラウザは既定のブラウザになります。

また、フォルダーのパスを入力して、そのフォルダーをエクスプローラーで起動できます。

よく使用するパスは、▼をクリックすると履歴が表示されるので、そこから選択することもできます。

アドレスバーの履歴を表示

履歴の削除

この履歴を削除する場合は、まず、エクスプローラーを表示します。

エクスプローラーでのファイルやフォルダーの表示と検索

エクスプローラーは、Windowsでファイルやフォルダーを管理するツールです。 ファイルやフォルダーを操作するときに必要なものなので、エクス ...

続きを見る

そして、アドレスバーで右クリックして、ショートカットメニューから[履歴の削除]をクリックすると、空っぽになります。

アドレスバーのショートカットメニューから[履歴の削除]を選択

[リンク]バーの使い方

[リンク]バーは、Internet Explorerのお気に入りが保存されているフォルダーの直下にある[リンク]フォルダーの内容が表示されるようになっています。

この[リンク]バーが便利なところは、ファイルを保存できることです。

[リンク]フォルダーによく使うファイルのショートカットを保存しておくと、リンクバーから直接起動することができます。

[リンク]フォルダーの場所は、簡単に表示できます。

まず、タスクバーの何もないところで右クリックして、ショートカットメニューから[ツールバー]-[リンク]をクリックして、タスクバーに[リンク]バーを表示します。

そして、タスクバーの[リンク]と表示されている箇所で右クリックして、[フォルダーを開く]をクリックします。

タスクバーの[リンク]と表示されている箇所で右クリック-[フォルダーを開く]

表示されるのが[リンク]フォルダーです。この中にフォルダーやファイルを保存します。

[リンク]フォルダー

ここでは、以下のようにフォルダーやファイルのショートカットを保存します。

[リンク]フォルダーにショートカットを保存

タスクバーのリンクをクリックすると、以下のように表示され、[リンク]の右にある[>>]をクリックすると、[リンク]フォルダーの内容が表示されます。

タスクバーの[リンク]の内容を表示

もちろん、Webページをリンクすることもできます。アプリケーションのショートカットでもかまいません。

タスクバーの[リンク]フォルダーの内容を表示

表示位置の並べ替え


[リンク]バーで表示される項目の表示位置は、ドラッグで移動できます。

使いやすいように並べ替えてください。デスクトップバー]や[新規ツールバー]を登録した場合も同じです。

[リンク]バーで表示される項目をドラッグで並べ替え

表示される項目を変更したい場合は、タスクバーの[リンク]と表示されている箇所で右クリックして、[フォルダーを開く]をクリックして、再度[リンク]フォルダーを開いて追加したり削除してください。

参考タスクバーのエクスプローラーにフォルダーをドラッグして、ジャンプリストとして登録することもできます。

ただ、ジャンプリストとして登録できるのはフォルダーです。ファイルを登録することはできません。

タスクバーにフォルダーを登録(ジャンプリストと新規ツールバー)

Windows XPでは、フォルダーをタスクバーにドラッグするだけでフォルダーをタスクバーに登録することができましたが、Windows 7で ...

続きを見る

タスクバーにアプリケーションをピン留めして、そのアプリを右クリックしてファイルを開くことはできます。

タイルのサイズ変更とアプリをスタートやタスクバーにピン留めする方法

Windows10では、アプリを右クリックしてショートカットメニューからスタートやタスクバーに[ピン留め]することができますし、スタート画面 ...

続きを見る

[デスクトップ]バーの使い方

[デスクトップ]バーを表示すると、デスクトップに保存しているフォルダーやファイルを表示できます。

タスクバーの[デスクトップ]バー

[デスクトップ]の右にある[>>]をクリックすると表示できます。

▶をクリックしてサブフォルダーも表示して、階層を辿ることもできます。

[コントロールパネル]や[ネットワーク]、[PC]なども表示されて便利です。

デスクトップに多くのフォルダーやファイルがある場合は、縦に長く表示されます。

デスクトップに保存したはずのフォルダーやファイルがどこにあるか分からなくなったときは表示すると探しやすくなるかもしれません。

デスクトップの整理をしたい場合などにもおすすめです。

参考[コントロールパネル]が2個ありますが、▶がある方は階層を辿れて、ない方はコントロールパネルが表示されます。

タスクバーの[デスクトップ]の内容を表示

[新規ツールバー]の使い方

[新規ツールバー]をクリックすると、[新規ツールバー-フォルダーの選択]ダイアログボックスが表示されます。

[ツールバー]の[新規ツールバー]

タスクバーに登録したい目的のフォルダーを選択して[フォルダーの選択]ボタンをクリックします。

[新規ツールバー-フォルダーの選択]ダイアログボックス

タスクバーに選択したフォルダーの[フォルダー名]が表示され、[>>]をクリックすると内容が表示されます。

タスクバーに登録されたフォルダー

新規ツールバーは、複数作成して登録できます。

タスクバーに登録した2個のフォルダー

登録したフォルダーを開きたいときは、タスクバーのフォルダー名で右クリックして、[フォルダーを開く]をクリックします。

タスクバーのフォルダ名で右クリック-[フォルダーを開く]

参考[新規ツールバー]については、Windows 7でも解説しています。

登録したフォルダーの削除

タスクバーに登録したフォルダーを非表示にしたい場合は、タスクバーの何もないところで右クリックして、ショートカットメニューから[ツールバー]をクリックしてサブメニューの項目のチェックをオフにします。

タスクバーのショートカットメニューから[ツールバー]をクリックしてサブメニューを表示

参考タスクバーの通知領域に表示されているアイコンについては、以下の記事で解説しています。

タスクバーの通知領域に表示するアイコンの表示/非表示を選択

Windows10でタスクバーの通知領域に表示されるアイコンのカスタマイズ方法です。 通知領域とは、タスクバーの右端(日付や時刻、入力モード ...

続きを見る

また、時計の表示も変更できます。

Windows10でタスクバーの日付を和暦(年号)表示にするには

Windows 10のタスクバーの右端に日付が表示されていますね。この日付は和暦(元号)に変更することができます。 Windowsの設定から ...

続きを見る

検索

ほかの記事も検索してみませんか?

おすすめ記事と広告

Profile

執筆者/はま

-Windows 10 & Office 2016 Windows 10

Copyright © 2001-2022 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.