Google検索

Windows10 & Office2016 Windows10

Windows10の付箋(Sticky Notes)の起動方法と使い方

投稿日:2017年5月29日 更新日:

Windows10での付箋の起動方法を3つ紹介します。

Windows10の[付箋]は、Anniversary Update以降[Sticky Notes」という名前に変わっています。

参考いつ変わったのか分かりませんが、また[付箋]に変わっています。

Windows7の[付箋]を使い慣れた方にとっては、少し使い勝手が違い戸惑われるかもしれませんが、基本的な部分は変わりませんのでぜひ使ってみてください。

また、絵文字を入力することもできます。🧡💛💚💙😁🤩

Sticky Note

この記事を書いている時点のWindows10のバージョンは、以下のとおりです。

バージョン

Windows10のバージョンの確認方法はWindows10のバージョン確認方法で解説しています。

Windows10のバージョン確認方法

Windows10で バージョンを確認する方法です。 画像は、Anniversary Updateを実施した後の画像です。 スタートメニュー ...

続きを見る

スタートメニューから

スタートメニューの[S]のカテゴリーを見ると、[Sticky Notes]というのがあると思います。

これをクリックします。

Anniversary Update以降、「付箋」は「sticky Notes」という名前に変わりました。

付箋はSticky Notesに

スタートメニュー

[Sticky Notes]で右クリックして、スタート画面にピン留めか、タスクバーにピン留めしておくと便利に使えると思います。

ピン留め

注意バージョン1809以降では、[付箋]になっています。もしかしたら、もっと前のバージョンで変わったのかもしれませんが。[S]のカテゴリーにない場合は、[は]のカテゴリーで探してみてください。

バージョン1809の[付箋]

検索ボックスから

検索ボックスに「st」まで入力すると、ヒットします。

ここで分かると思いますが、付箋は「デスクトップアプリ」から「ストアアプリ」になったんですね。

検索ボックス

タスクバーの[Windows Ink ワークスペース]から

タスクバーを右クリックします。

[Windows Ink ワークスペースボタンを表示]をクリックしてチェックをオンにします。

既定ではオフになっています。

Windows Ink ワークスペースボタンを表示

タスクバーに下のようにペンのようなアイコンが現れます。

そのアイコンをクリックします。

Windows Ink ワークスペースボタン

クリックすると、[Windows Ink ワークスペース]が起動します。

その一番上に[付箋]がありますので、クリックします。

[Windows Ink ワークスペース]では、[付箋]となっています。

Windows Ink ワークスペース

[付箋]をクリックすると[付箋]が現れて画面が反転しますが、右上にある[閉じる]ボタンを押すといいです。

あるいは、キーボードから[Esc]キーを押してください。

付箋だけが残ります。

付箋の使い方

付箋の色を変更するには、右上にある[…]をクリックします。

Sticky Note

6色の中から選択できるようになっています。

色の変更

付箋の追加は[+]、削除はゴミ箱をクリックします。

追加と削除

付箋の大きさはドラッグで調整することができます。

また、移動させる場合は付箋の上部をドラッグします。

ドラッグでサイズ変更、ドラッグで移動

書式のショートカットキー

フォントを太くしたり、斜体にすることができます。

今のバージョンで使えるショートカットキーです。

文字列を選択して行います。

解除する場合は、同じショートカットキーを再度実行します。

太字 Ctrl + B
斜体 Ctrl + I
下線 Ctrl + U
取り消し線 Ctrl + T
行頭文字の表示 Ctrl + Shift + L

追記バージョンアップにより、ショートカットキー一覧が閲覧できるようになっています。(確認 3.1.46.0)

キーボードショートカット一覧

ショートカットキー一覧の表示

ショートカットキー一覧は、すべてのメモを表示して[設定]ボタンをクリックします。

StickyNote設定ボタン

メニューの中の[キーボードショートカット]をクリックします。

stickyNote設定

参考上記設定画面を見ると分かると思いますが、クラウドにメモを保存できるようになっています。何かと便利です。

バージョンアップによる変更

バージョンアップによって、より便利になっています。(Sticky Notes 3.0.118.0)

書式アイコン表示

メモの下方にアイコンが表示されるようになっています。

注意Sticky Notesの横幅が狭い場合は表示されません。書式アイコンが表示されない場合は、少し幅を広げてみてください。

左から以下の順に並んでいます。ショートカットキーもこれまでどおり使用できます。

  • 太字
  • 斜体
  • 下線
  • 取り消し線
  • 行頭文字の表示/非表示

Sticky Notes アイコン

[画像の追加]ボタンも追加されています。どのバージョンから追加されたのかは分かりませんが、以下の画像は(バージョン 3.7.71.0)です。

付箋の[画像の追加]ボタン

[メモを閉じる]ボタンの追加

右上に[メモを閉じる]ボタンが追加されています。

付箋のメニュー

削除はメニューから

メモを削除する場合は、[メニュー]ボタンをクリックします。

[メモの削除]をクリックします。

メモの背景色の変更ボタンも変わりましたね。

参考[すべてのメモ]は[メモの一覧]に変わっています。どのバージョンから変わったのかは分かりませんが、気が付いたのは、バージョン 3.7.71.0です。

メモのメニュー

すべてのメモを一覧表示

また、メモを一覧表示できるようになっています。検索もできます。

すべてのメモを表示

付箋(Sticky Notes)に絵文字🤗を入力

付箋(Sticky Notes)に絵文字を入力すると、目立たせることができていいかもしれません。

タスクバーの[タッチキーボード]を起動させると、簡単に絵文字を入力することができます。

タッチキーボードの起動については、以下の記事で解説しています。

タッチキーボードから絵文字を入力

タッチキーボードから絵文字を入力

また、Windows10 のバージョンが1809以降であれば、ショートカットキー[Windows]+[.(ピリオド)]で絵文字一覧を表示させて入力することもできます。

カーソルの位置に絵文字一覧が表示されます。

付箋(Sticky Notes)に絵文字一覧を表示

絵文字の入力については、以下の記事で解説しています。

絵文字😄の入力方法(タッチキーボード・ショートカットキーでもできる)

Windows10のIMEでは、面白い絵文字をたくさん表示することができます。 特にWord2016では、下のように色付き絵文字を入力するこ ...

続きを見る

関連Windows7の付箋については、以下の記事で解説しています。

付箋ソフトはWindows7のアクセサリの中に

Windows7には[付箋]というアプリが標準で搭載されています。 この付箋アプリは、アクセサリの中にありシンプルでとても使いやすいと思いま ...

続きを見る

Windows7の付箋をWindows10へ移行する方法については、以下の記事に紹介されています。

Windows7から付箋の移行

また、Windowsの起動時に[Sticky Notes]を起動させるにはスタートアップフォルダにショートカットアイコンを登録するといいですね。以下の記事で解説しています。

スタートアップに登録してWindowsの起動時にアプリを自動起動

Windows10でスタートアップフォルダーにショートカットアイコンを保存して、Windowsの起動時にアプリを自動起動する方法です。 アプ ...

続きを見る

Outlookでは、メールの内容をドラッグするだけでメモを作成することができます。

メールの内容をドラッグ&ドロップしてメモを作成

Outlookには、メールで受けた内容を付箋紙のようにメモをして、デスクトップに表示しておくことができる[メモ]という機能があります。 Wi ...

続きを見る

Macには、スティッキーズというアプリがあります。

スティッキーズの使い方

[Finder]の[アプリケーション]フォルダから、[スティッキーズ]をダブルクリックして起動します。 下のようになります。デフォルトでは、 ...

続きを見る

Profile

執筆者/はま

おすすめ記事と広告

-Windows10 & Office2016 Windows10

Copyright © 2001-2019 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.