リンクユニット

Google検索

Windows10 & Office2016 Windows10

検索ボックス(Cortana)を非表示にするには

投稿日:2017年1月7日 更新日:

Windows10のスタートボタンの右横には[検索ボックス]があります。

結構、大きめです。

この検索ボックスは、非表示にしたり、アイコンのみにすることができます。

また、バージョン1903以降は、[Cortana]と[検索ボックス]を個別に設定できるようになっています。

検索ボックス

[検索ボックス]の非表示設定


この検索ボックスは、非表示にすることもできます。

ショートカットメニューから選択

[検索ボックス]で右クリックします。

ショートカットメニューから[検索]をポイントすると、サブメニューには以下の3つのメニューがあります。[表示しない]を選択すると、検索ボックスは非表示になります。

  • 表示しない
  • 検索アイコンを表示
  • 検索ボックスを表示

既定は[検索ボックスを表示]になっています。

ショートカットメニュー

参考いつのバージョンで変わったのかわかりませんが、現在は[Cortana]という表記になっています。

サブメニューは以下の3つです。

  • 表示しない
  • Cortanaアイコンを表示
  • 検索ボックスを表示

Coltanaの表示設定

[検索アイコンを表示]の場合

[検索アイコンを表示]を選択すると、以下のようになります。

検索アイコン

参考[Cortanaアイコンを表示]の場合は、下のようになります。

Coltanaアイコンを表示

[検索ボックス]の再表示

[表示しない]を選択した後、再度表示する場合はタスクバーの何もないところで右クリックすると、同じメニューが表示されます。

タスクバーに表示されているアイコン以外の場所であればOKです。

ショートカットメニューから[検索ボックスを表示]をクリックします。

タスクバーで右クリック

[Cortana]と[検索ボックス]が別設定(バージョン1903)

バージョン1903では、[Cortana]と[検索ボックス]の設定が別項目になりました。

[Cortana]を非表示にして、[検索ボックス]だけを使用することができるようになったということです。

[検索ボックス]で右クリックしたときのメニューに[Cortanaのボタンを表示する]というのがあります。

[検索]のサブメニューは、以下の3つです。

  • 表示しない
  • 検索アイコンを表示
  • 検索ボックスを表示

バージョン1903の検索ボックスで右クリックした時のメニュー

[Cortanaのボタンを表示する]のチェックをオフにすると、タスクバーの[Cortana]のアイコンが非表示になります。

[Cortanaのボタンを表示する]のチェックをオフ

参考[Windowsの設定]でも[検索]と[Cortana]は別項目になりました。

[スタート]ボタンをクリックして、[設定]をクリックすると[Windowsの設定]を表示できます。

[Windowsの設定]を表示するショートカットキーは、[Windows]+[i]です。

キーボード[Windows]+[i]

[Windowsの設定]の[検索]と[Cortana]

バージョンの確認

Profile

執筆者/はま

おすすめ記事と広告

-Windows10 & Office2016 Windows10

Copyright © 2001-2020 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.