Windows 10 & Office 2016 Windows 10

検索とCortanaの表示/非表示と詳細設定

投稿日:2017年1月7日 更新日:

Windows 10のスタートボタンの右横には[検索ボックス]があります。

結構、大きめです。

この検索ボックスは、非表示にしたり、アイコンのみの表示にもできます。

また、バージョン1903以降は、[Cortana]と[検索ボックス]を個別に設定できるようになっています。

検索ボックス

[検索ボックス]の非表示設定


この検索ボックスは、非表示にすることができます。

ショートカットメニューから選択

[検索ボックス]で右クリックします。

ショートカットメニューから[検索]をポイントすると、サブメニューには以下の3つのメニューがあります。[表示しない]を選択すると、検索ボックスは非表示になります。

  • 表示しない
  • 検索アイコンを表示
  • 検索ボックスを表示

既定は[検索ボックスを表示]になっています。

ショートカットメニュー

参考いつのバージョンで変わったのかわかりませんが、[Cortana]という表記になっています。

サブメニューは以下の3つです。

  • 表示しない
  • Cortanaアイコンを表示
  • 検索ボックスを表示

Coltanaの表示設定

[検索アイコンを表示]の場合

[検索アイコンを表示]を選択すると、以下のようになります。

検索アイコン

参考[Cortanaアイコンを表示]の場合は、下のようになります。

Coltanaアイコンを表示

[検索ボックス]の再表示

[表示しない]を選択した後、再度表示する場合はタスクバーの何もないところで右クリックすると、同じメニューが表示されます。

タスクバーに表示されているアイコン以外の場所であればOKです。

ショートカットメニューから[検索ボックスを表示]をクリックします。

タスクバーで右クリック

[Cortana]と[検索ボックス]が別設定(バージョン1903)

バージョン1903では、[Cortana]と[検索ボックス]の設定が別項目になりました。

[Cortana]を非表示にして、[検索ボックス]だけを使用することができるようになったということです。

[検索ボックス]で右クリックしたときのメニューに[Cortanaのボタンを表示する]というのがあります。

[検索]のサブメニューは、以下の3つです。

  • 表示しない
  • 検索アイコンを表示
  • 検索ボックスを表示

バージョン1903の検索ボックスで右クリックした時のメニュー

[Cortanaのボタンを表示する]のチェックをオフにすると、タスクバーの[Cortana]のアイコンが非表示になります。

[Cortanaのボタンを表示する]のチェックをオフ

[検索]と[Cortana]の詳細設定

[スタート]ボタンをクリックして、[設定]をクリックすると[Windowsの設定]を表示できます。

[Windowsの設定]を表示するショートカットキーは、[Windows]+[i]です。

キーボード[Windows]+[i]

[Windowsの設定]の[検索]と[Cortana]

参考バージョン1903で[Windowsの設定]で[検索]と[Cortana]は別項目になっていましたが、Windows 10バージョン2004(20H1)以降は、設定の中に[Cortana]はありません。

以下の画像は、バージョン20H2です。

Windows10バージョン20H2の設定

検索

検索ボックスでクリックすると、以下のように表示されます。この画面もバージョンアップにより進化しています。

以下の画像はバージョン20H2です。

検索ボックスに入力したキーワードで検索する場所を指定できます。

既定は[すべて]になっています。[アプリ]、[ドキュメント]、[ウェブ]、[その他]で切り替えもできます。

その他の中には、以下の内容があります。

  • フォルダー
  • 音楽
  • 写真
  • 設定
  • 電子メール
  • 動画

検索画面には、[最近]と[クイック検索]もあります。

[最近]に表示されている内容は、[デバイスの検索履歴のクリア]で削除できます。

Windows10バージョン20H2の検索画面

[検索]の設定は、タスクバーの検索をクリックしたときの画面の右上にある[オプション]の[検索設定]をクリックします。

設定の中の[検索]をクリックしても同じです。

[オプション]の[検索設定]

[アクセスと許可と履歴]には、[セーフサーチ]というのがあります。

検索のセーフサーチ

下へスクロールすると、[デバイスの検索履歴のクリア]があり、クリックすると検索した内容を削除できます。

[最近]に表示されていた内容も削除されて非表示になります。

検索の[デバイスの検索履歴のクリア]

[Windowsの検索]をクリックすると、[ファイルの検索]で[拡張]を選択すると、PC全体を検索できるようになりますが、CPUの使用量が増加するかもしれません。

[除外するフォルダー]で検索場所をカスタマイズできます。

[Windowsの検索]の[ファイルの検索]

検索ウィンドウを表示するショートカットキー

検索ウィンドウを表示するショートカットキーは、[Windows]+[S]です。

キーボード[Windows]+[S]

スクリーンショットを使用して検索

検索ウィンドウの右下にある[スクリーンショットを使用して検索]については、以下の記事で解説しています。簡単に画像検索ができる便利な機能です。

検索ウィンドウの[スクリーンショットを使用して検索]で簡単画像検索

Windows10のスタートボタンの右横にある[検索]で、スクリーンショットを利用して簡単に画像検索ができます。 タスクバーの検索ウィンドウ ...

続きを見る

検索ウィンドウの[スクリーンショットを使用して検索]

Cortana

Windows 10バージョン1909までは、Windowsの設定の中の[Cortana]から設定します。

バージョン2004以降は、Cortanaを起動して左上の[メニューを開く]ボタンから設定します。

Cortanaの左上の[メニューを開く]

[メニューを開く]をクリックして[設定]をクリックします。

[メニューを開く]から[設定]をクリック

[キーボードショートカット]をクリックすると、

Cortanaの設定

以下の画面が表示されます。

Cortanaをアクティブにするショートカットキーは、[Windows]+[C]です。

キーボード[Windows]+[C]

Cortanaの[キーボードショートカット]

参考タスクバーの検索ボックスの右横にある[タスクビュー]については、以下の記事で解説しています。

タスクビューでアプリをサムネイルで表示して簡単切り替え

Windows 10の新機能です。 ワンクリックでアクティブなウィンドウのサムネイルを表示することができます。 複数のアプリを起動している時 ...

続きを見る

Windows10のタスクビューで複数のデスクトップを作業ごとに使い分ける

Windows10では、複数のデスクトップを使い分けることができます。メール用のデスクトップとExcelを使った集計用のデスクトップなど、作 ...

続きを見る

Profile

執筆者/はま

バージョンの確認

もっと理解したいあなたへ

おすすめ記事と広告

-Windows 10 & Office 2016 Windows 10

Copyright © 2001-2021 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.