リンクユニット

Windows 10 & Office 2016 Windows 10

マウスポインターを含めてキャプチャーしたい時の3つの方法

投稿日:2020年10月13日 更新日:

Windowsで画面をキャプチャ(スクリーンショット)する場合、キーボードから[PrintScreen]キーを使う方法が一般的だと思いますが、この方法ではマウスポインターはキャプチャーされません。

どうしてもマウスポインターを含めてキャプチャーしたいということもあると思います。その場合の方法を解説します。

Windowsの拡大鏡を使うと、拡大鏡で拡大表示されている領域はマウスポインターを含んだ状態でキャプチャーできます。また、動画を撮った後に再生しながらキャプチャーする方法もあります。

一枚のキャプチャー画像が欲しい場合は、拡大鏡を起動させるのが早いと思いますが、いくつかのマウスポインターを含んだ画像が必要な場合は動画を撮った後、部分的にキャプチャーしたほうが効率的かもしれません。

画面録画もWindows 10の標準機能で撮ることができます。

拡大鏡の表示-固定

参考Windows 10 バージョン1909での解説です。バージョン2004の拡大鏡は進化しています。

以下は、バージョン2004の拡大鏡です。音声読み上げ機能が追加されています。

Windows10バージョン2004の拡大鏡

拡大鏡の使い方などについては、以下の記事で解説しています。

拡大鏡の起動と使い方(バージョン2004では音声読み取り機能が追加)

Windows 10では[拡大鏡]を使用して、画面全体、または画面の一部を拡大して表示できます。 細かい文字が見づらい時や、プレゼンなどで画 ...

続きを見る

拡大鏡の起動と終了


Windows 10では、拡大鏡を使って、画面の一部や全体を拡大して表示することができます。

ショートカットキーで[拡大鏡]を起動/終了

[拡大鏡]をキーボードから[Windows]+[+]を同時に押します。テンキーの[+]でも構いません。

キーボード[Windows]+[+]

拡大鏡を終了させるには、[Windows]+[Esc]を押します。

キーボード[Windows]+[Esc]

スタートメニューから起動

[スタート]ボタンをクリックして、スタートメニューの[Windows 簡単操作]を展開して[拡大鏡]をクリックして起動することもできます。

[Windows 簡単操作]を展開して[拡大鏡]を起動

参考拡大鏡を頻繁に使用するのであれば、タクスバーやスタートにピン留めしておくといいですね。

[Windows 簡単操作]の[拡大鏡]で右クリックすると[スタートにピン留めする]や[タスクバーにピン留めする]のメニューが表示されます。

[Windows 簡単操作]の[拡大鏡]で右クリック

Windowsの設定から起動/終了

Windowsの設定から、起動/終了することもできます。

キーボードから[Windows]+[Ctrl]+[M]を押します。Windows設定の[拡大鏡]を表示するショートカットキーです。

キーボード[Windows]+[Ctrl]+[M]

[拡大鏡の使用]の[拡大鏡をオンにする]を[オン]にします。

[拡大鏡の使用]の[拡大鏡をオンにする]を[オン]

参考拡大鏡の設定画面は、拡大鏡のツールバーから表示することもできます。ツールバーの[オプション]をクリックします。

拡大鏡のオプション(バージョン1909)

また、Windows設定の[拡大鏡]は、[スタート]ボタンをクリックして[設定]→[簡単操作]をクリックしても表示できます。[簡単操作]は、ショートカットキー[Windows]+[U]でも表示できます。

拡大鏡のツールバー

拡大鏡を起動すると、拡大鏡のツールバーが画面上に表示されます。ツールバーは、タイトルバーをドラッグして移動させることができます。

拡大鏡のツールバー

最小化にすることもできます。

拡大鏡のツールバー[最小化]ボタン

最小化した時は、タスクバーのアイコンをクリックして再表示できます。

タスクバーの[拡大鏡]アイコン

拡大鏡は、拡大鏡のツールバーから、[閉じる]ボタンをクリックしてオフにすることもできます。

拡大鏡ツールバーの[閉じる]ボタン

拡大鏡の表示設定は[固定]を選択

拡大鏡には、3つの表示方法があります。

  • 全画面表示
  • レンズ
  • 固定

拡大鏡の表示方法

マウスポインターをキャプチャーできるのは、[固定]のみです。

[固定]にすると、マウスポインターの周辺が拡大されて、固定ウィンドウに表示されます。

表示倍率は、[100%]のままにしておきます。

参考表示倍率は、[+]ボタンを押すたびに100%ずつ拡大されます。1600%まで拡大できます。

表示設定の[全画面表示]と[レンズ]については、以下の記事で詳しく解説しています。

拡大鏡の起動と使い方(バージョン2004では音声読み取り機能が追加)

Windows 10では[拡大鏡]を使用して、画面全体、または画面の一部を拡大して表示できます。 細かい文字が見づらい時や、プレゼンなどで画 ...

続きを見る

Windows 10 バージョン2004での設定

バージョン2004では、拡大鏡は大きく進化しています。

拡大鏡のツールバーに[表示]を設定するボタンはありません。

[拡大鏡]ツールバーの[設定]ボタンをクリックすると、

Windows10バージョン2004の拡大鏡のツールバー

以下のような画面になりますので、[設定を開く]をクリックします。

バージョン2004の拡大鏡の[設定]ボタンをクリック

または、ショートカットキー[Windows]+[Ctrl]+[M]を使って、設定画面を表示します。

以下の[拡大鏡]の画面になりますので、[拡大鏡ビューの変更]から[固定]を選択します。

[拡大鏡ビューの変更]は、下へ少しスクロールした付近にあります。

拡大鏡の設定画面

参考固定表示のショートカットキーは、[Ctrl]+[Alt]+[D]となっています。

キーボード[Ctrl]+[Alt]+[D]

拡大鏡の領域はドラッグで変更

拡大鏡の表示を固定にした場合、ウィンドウの上部が拡大表示の領域になりますが、拡大鏡の領域は境界線にマウスポインターを合わせて、ドラッグで変更することができます。

マウスポインターが十字の形のときにドラッグします。

拡大鏡の領域は境界線をドラッグで変更

キーボードから[PrintScreen]キーを押下

マウスポインターの位置を確認して、[PrintScreen]キーを押します。

キーボードによっては、[PrintScreen]キーではなく、[PrtSc]と書かれたキーもあります。[Fn]キーと同時に[PrtSc]キーを押すタイプのパソコンもあります。テンキーの上か、[Enter]キーの上のほうにあると思います。

キーボード[PrintScreen]キー

そして、[貼り付け]機能があるアプリケーション(ペイントやWord、Excelなど)を起動して貼り付けます。

貼り付けのショートカットキーは、[Ctrl]+[V]ですね。

キーボード[Ctrl]+[V]

表示倍率は、[100%]なので同じ大きさですが、画面上部の固定ウィンドウの領域のマウスポインターはキャプチャーできています。

あとは、必要な領域をトリミングすればOKです。

拡大鏡を表示中のスクリーンショット

トリミングについては、以下の記事で解説していますので参考にしてください。

ペイントのトリミング(四角形選択と自由選択)

Windows7では、アクセサリーの中にあるペイントでトリミングが簡単に行えるようになりました。トリミングとは、写真や画像の不要な部分を省い ...

続きを見る

写真を丸く切り抜くには(トリミング)

Wordで長方形の画像を挿入した後、その画像をまん丸く(真円)にする方法です。 Word2016で解説していますが、Word2010以降であ ...

続きを見る

参考画面領域切り取りの機能[Windows]+[Shift]+[S]を[PrintScreen]キーに割り当てる設定をしている場合は、マウスポインターをキャプチャーできません。

【切り取り&スケッチ】でスクリーンショットが進化(Snipping Toolの後継アプリ)

[切り取り&スケッチ]とは、Windows10 October 2018 Update(バージョン1809)で登場したアプリです。パソコンの ...

続きを見る

[Windows]+[Shift]+[S]で画面領域切り取り(PrintScreenに割り当ても可)

Windows10では、Creators Updateで、新しいショートカットキーが追加されました。 Windows10のバージョン 170 ...

続きを見る

スクリーンキーボードの[PrtScn]キーをクリックした場合は、キャプチャーできます。

スクリーンキーボードの起動は、[Windows]+[Ctrl]+[O]です。

スクリーンキーボードの起動とショートカットキー

Windows10でスクリーンキーボードを起動する方法です。Windowsの起動時の画面でも使用できるので、ログインパスワードもスクリーンキ ...

続きを見る

スクリーンキーボード

動画を撮って静止画をキャプチャー

Windows 10では、ゲームバーを使用して動画を撮ることができます。

また、PowerPoint2013以降のバージョンであれば、PowerPointの機能を使って動画を撮ることができます。

Windows 10のゲームバーで動画を撮る

ゲームバーを表示するショートカットキーは[Windows]+[G]です。

キーボード[Windows]+[G]

ゲームバーを表示してから録画する方法については、以下の記事を参照してください。

[Windows]+[G]で動画をキャプチャー(ゲームバーは超便利)

Windows10には、標準で動画をキャプチャーできる機能が搭載されています。 [ゲームバー]と呼ばれるものでゲームを録画するための機能のよ ...

続きを見る

ゲームバーの静止画をキャプチャーするショートカットキーは、[Windows]+[Alt]+[PrtScrn]ですが、マウスポインターはキャプチャーされないようです。

PowerPointの録画機能を使って動画を撮る

PowerPoint2013以降であれば、[画面録画]という機能があります。

[挿入]タブの[メディア]グループにあります。

[挿入]タブの[メディア]グループの[画面録画]

PowerPoint2016と2019であれば、[記録]タブにもあります。

[記録]タブの[画面録画]

PowerPointの録画機能では、マウスポインターを含めるか、含めないかを記録開始する前に選択することができます。既定では、オンになっています。

PowerPointの画面録画バー

画面録画については、以下の記事で解説しています。

PowerPointで画面操作を録画して編集や保存も可能

PowerPoint2013には、画面操作を録画する機能があります。 録画した動画はトリミングなどの編集を行うこともできますし、動画のみを保 ...

続きを見る

マウスポインターの大きさを変更

Windows 10では、マウスポインターの大きさは簡単に変更できます。また、バージョン1903以降は、マウスポインターのカラーも変更できます。

画面をキャプチャーする前にマウスポインターの大きさや色を調整しておくといいですね。

マウスポインターのカスタマイズ(バージョン1903ではカラー変更も)

Windows10でマウスポインターをカスタマイズする方法です。 既定のマウスポインターでは、私は標準のマウスポインターでは見辛く、下のよう ...

続きを見る

以下は、Windows 10 バージョン1909の設定画面です。

キーボードから[Windows]+[U]を押すと、[簡単操作]の画面が表示されるので[カーソルとポインター]をクリックすると、すぐに設定できます。

[カーソルとポインター]の設定

Profile

執筆者/はま

もっと理解したいあなたへ

おすすめ記事と広告

-Windows 10 & Office 2016 Windows 10

Copyright © 2001-2020 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.