Windows 10 & Office 2016 Windows 10

Microsoft フォトを使って写真をパソコンに取り込む方法

投稿日:2020年12月24日 更新日:

Windows 10に標準で搭載されているフォトアプリで写真を取り込む(インポート)する方法を紹介します。

フォトのインポート機能を使って、デジタルカメラやスマートフォンで撮った写真をパソコンに取り込みます。

フォトを使用した写真のインポート

フォトアプリのバージョン確認


フォトのバージョンによっては、表示画面が異なります。

ここでのフォトのバージョンは、2020.20110.11001.0です。Windows10のバージョンは、20H2です。

フォトのバージョンを確認する方法を記しておきます。ここでの画像を見て違うようでしたら、バージョンを確認してみてください。

スタートメニューのフォトから確認する方法と、フォトを起動してからの確認方法を紹介します。

スタートメニューの[フォト]から確認

スタートメニューを表示して、[フォト]を探します。[は]のカテゴリーにあります。

[フォト]で右クリックします。

[その他]のサブメニューにある[アプリの設定]をクリックします。

スタートメニューから[アプリの設定]

あるいは、スタートにピン留めしているのであれば、以下のようにスタートの[フォト]で右クリックしても同じです。

スタートにピン留めしたアイコンで右クリック

[Microsoftフォト]の設定画面が表示されます。

ここでバージョンを確認できます。

[Microsoftフォト]の設定画面

参考この画面でフォトが不調の時に修復したり、リセットができます。以下の記事で解説しています。

写真の表示が遅い時はMicrosoftフォトを修復・リセットで解決

Windows 10で画像をダブルクリックで表示しようとしても、なかなか表示されないということがあります。 その場合は、右クリックしてショー ...

続きを見る

フォトを起動してからの確認方法

フォトを起動すると、右上に[…]がありますので、そのボタンをクリックして、メニューから[設定]をクリックします。

フォトの右上の[…]から[設定]を選択

設定画面が表示されたら、一番下までスクロールします。

バージョン情報が表示されます。

Microsoft フォトのバージョン情報

写真の取り込み

まず、パソコンとデジタルカメラなどをケーブルで接続しておきます。SDメモリーカードであればパソコンのSDメモリカードスロットにセットします。

メモリカードはカチッと音がするまで、きちんとセットします。

パソコンとデジタルカメラを接続する方法は、機器によって異なりますので、付属のマニュアルなどを読んで接続してください。

接続するだけで、フォト以外のアプリが起動した場合は終了させてください。

スタートメニューから[フォト]をクリックします。

サインインを求めるウィンドウがでる場合がありますが、閉じてもかまいません。

右上にある[インポート]をクリックします。

2つのメニューが表示されますが、[接続されているデバイスから]をクリックします。

参考メモリカードの場合も[接続されているデバイスから]をクリックします。

[インポート]から[接続されているデバイスから]を選択

以下のような操作案内のウィンドウが表示されることもありますが、閉じて構いません。

操作メニューの表示

[インポート元のデバイスを探しています]のウィンドウが表示されます。

[インポート元のデバイスを探しています]のウィンドウ

[新しい写真とビデオを探しています]ウィンドウが表示されます。しばらく待ちます。

[新しい写真とビデオを探しています]ウィンドウ

[項目のインポート]ウィンドウが表示されます。

[項目のインポート]ウィンドウ

参考[接続されているデバイスから]をクリックした後に、[問題が発生しました]のウィンドウが表示されたら、メモリカードやデジタルカメラの接続がきちんとできていないことが多いです。

再度、接続を確認してみてください。

デジタルカメラであれば、電源がオンになっているか、メモリカードであればカチッと音がするまで差し込んでいるかを確認してみてください。

[問題が発生しました」のウィンドウ

インポート先フォルダーの変更

既定では、インポート先のフォルダーは[ピクチャ]になっています。

変更する場合は、フォルダーの変更をクリックして、保存先を指定します。

必ず、インポートボタンを押す前に保存先を指定してください。

[項目のインポート]の[フォルダーの変更]

インポートしたい写真の選択

[項目のインポート]の画面でインポートしたい写真を選択していきます。

[選択してください]の▼ボタンをクリックすると、

[項目のインポート]の[選択してください]のプルダウンボタン

以下の選択肢の中から選択ができます。

すべての項目を取り込みたい場合は、ここで[すべての項目]を選択します。

  • すべての項目
  • 前回のインポート後の項目
  • なし

ウィンドウ下部にある[インポート後に削除する]をオンにすると、接続しているカメラやメモリカードから写真が削除されてしまいます。トラブルが発生したら写真が消えてしまうことになるので、オフのままにされることをお勧めします。

[選択してください]の選択肢

ここでは、[選択してください]は[なし]のままして、インポートしたい画像を選択して取り込みます。

写真をクリックするとチェックが表示されます。選択を間違えた場合は、再度クリックしてください。チェックはオフになります。

写真を1枚でもクリックすると、[選択してください]は[カスタム]と表記されます。

また、[○アイテムのうち○をインポートする]のボタンが青くなり、有効になります。

インポートしたい写真の選択が終わったら、[インポートする]のボタンをクリックします。

[インポートする]のボタンをクリック

[インポート中]の画面が表示されます。インポートする枚数が多いと少し時間がかかります。

[インポート中]の画面

インポートが完了すると、[インポートが完了しました]のウィンドウが表示されます。

保存先フォルダーがリンクされていますので、クリックすると保存されたことを確認できます。

[インポートが完了しました]ウィンドウで保存先リンクをクリック

ここでは、保存先は既定のままにしてインポートしましたので、[ピクチャ]フォルダーが表示されます。

選択した写真が[ピクチャ]フォルダールダーに保存されたことが確認できます。

確認したら、[インポートが完了しました]のウィンドウの[OK] ボタンをクリックします。

これでインポートは完了です。

ハードウェアの安全な取り外し

USBメモリやSDカードを接続して取り外す場合は、取り外す準備をしてから行います。

ここでは、SDメモリカードでの操作です。

接続している媒体によっては異なるかもしれませんので参考にしてください。

安全な取り外しを行わないと、データが壊れてしまうことがありますので気をつけてください。

タスクバーに以下のようなアイコンを探して、クリックします。

外部デバイスの取り外し

USBであれば、以下のように表示されます。

USBの取り外し

もし、タスクバーにアイコンが見つからない場合は、タスクバーの▲ボタンをクリックしてみてください。

タスクバーの▲ボタンをクリック

クリックすると、タスクバーの上に[ハードウェアの取り外し]のメッセージウィンドウが表示されます。

○○はコンピューターから安全に取り外すことができます。

以下のメッセージが表示されたことを確認してから、取り外します。

[ハードウェアの取り外し]のメッセージウィンドウ

バージョンの確認

もっと理解したいあなたへ

おすすめ記事と広告

Profile

執筆者/はま

-Windows 10 & Office 2016 Windows 10

Copyright © 2001-2021 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.