Google検索

リンクユニット

Windows Xp & Office2003 WindowsXP

スクリーンセーバー

投稿日:2017年1月7日 更新日:

スクリーンセーバーとは、パソコンを使用していないときに画面に自動的に画像データを表示するソフトです。

画面の焼付けを防ぐためのものですが、最近は パソコンの使用者が席を離れた際に他の人に画面を見られないようにするために利用されることが多いようです。

パスワードを設定できるものもあります。

設定してみましょう。

画面のプロパティを表示

デスクトップの何もない場所で右クリックします。

ショートカットメニューの中から、[プロパティ]をクリックします。

デスクトップで右クリック

[画面のプロパティ]ダイアログボックスが表示されます。

[スクリーンセーバー]タブで設定

[スクリーンセーバー]タブをクリックします。

スクリーンセーバーの▼をクリックすると、一覧が表示されます。

どれでもいいですから、クリックしてみてください。ダイアログボックスの中のデスクトップが変わります。

いろいろ試してみてくださいね。

スクリーンセーバー

待ち時間

[待ち時間]でスクリーンセーバーが表示されるまでの時間を設定します。

プレビューボタン

[プレビュー]ボタンをクリックすると、選択したスクリーンセーバーを画面全体で確認することができます。

再開時にようこそ画面に戻る

[再開時にようこそ画面に戻る]の項目のチェックをオンにすると、スクリーンセーバーの解除時にログイン時の画面が表示されます。

これは、複数のユーザー登録をしている場合のみです。

ユーザーアカウントについては、以下の記事で解説しています。

ユーザーアカウント

Windows XPは、一台のパソコンを複数の人で使用する場合、各ユーザーごとにアカウントを設定することができます。 ユーザーアカウントの表 ...

続きを見る

設定ボタン

[設定]ボタンをクリックすると、選択したスクリーンセーバーについての詳細を設定できます。

この設定項目は、選択したスクリーンセーバーによって違います。

下は、[伝言板の設定]ダイアログボックスです。

伝言板の設定

パスワードによる保護

ユーザーアカウントを設定していない場合は、[パスワードによる保護]という項目になります。

チェックボックスをオンにすると、パスワードの設定ができます。

注意ユザーアカウントでパスワードの設定をしている場合のみです。

パスワードによる保護

参考ユーザーアカウントでパスワードを設定していない場合は、パスワードの設定はできません。

Blogのスクリーンセーバーのパスワードによる保護を参照してください。

スクリーンセーバーの解除

スクリーンセーバーが画面に表示されている場合の解除は、マウスをちょっと動かしたり、キーボードのどのキーでもいいですからポンと押すと解除されます。

おすすめ記事と広告

記事を更新しました

IMEの辞書を使う変換モードと使い方

IMEでは、システム辞書を使う変換モードが決められています。 変換モードの確認 IMEのプロパティから、各辞書の変換モードを確認してみます。 ...

グラフメニューからグラフの編集

メニューバーの[グラフ]からも、グラフの編集を行うことができます。 まず、グラフを選択します。グラフを選択した状態でなければ、グラフメニュー ...

言語バーのシステム辞書は便利だぞ!(顔文字も変換)

言語バーのシステム辞書にチェックを入れるだけで、郵便番号から住所に変換したり、顔文字も表示できるようになります。 システム辞書の設定 言語バ ...

タスクバーのクイック起動

タスクバーの中にアイコンを登録して、1回クリックするだけてソフトを起動させることができます。 通常はInternet Exploreなど3~ ...

画面に異なるアプリケーションを並べて表示

画面に異なるサイトやファイルを並べたいと思ったことないですか? Webサイトやファイルを2つ起動させてください。 注意アプリケーションソフト ...

-Windows Xp & Office2003 WindowsXP

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.