Windows 11 & Office 2021 Windows 11

シャットダウンしても再起動してしまう場合の設定

投稿日:2022年8月14日 更新日:

Windows11でシャットダウンを実行しても、再起動してしまう場合の対処方法です。

Windows11でシャットダウンすると、なぜか再起動してしまうという現象があります。

はじめは間違えて[再起動]を選択したのかなと思っていたのですが、そうではなく、やはりシャットダウンするたびに再起動の状態になっていました。

シャットダウンの方法

[スタート]ボタンをクリックして、[電源]ボタンをクリックして[シャットダウン]を選択します。

[電源]-[シャットダウン]

シャットダウンのショートカットキーは、[Alt]+[F4]です。

ブラウザなどを起動して選択している状態や、エクスプローラーを開いている状態で実行すると、選択中のウィンドウが閉じられてしまいますので注意してください。

キーボード[Alt]+[F4]

以下の[Windowsのシャットダウン]ウィンドウが表示されますので、[シャットダウン]が選択されているのを確認して[OK]ボタンをクリックします。

[Windowsのシャットダウン]ウィンドウ

参考ログイン前の状態でシャットダウンするには、画面の右下にマウスを移動させると、[電源]のマークが現れますので、クリックすると[シャットダウン]のコマンドが表示されます。

検索で電源オプションの画面を表示

タスクバーの[検索]ボタンをクリックします。

タスクバーの[検索]

または、ショートカットキー[Windows]+[S]を使用します。

キーボード[Windows]+[S]

検索ボックスに[電源]と入力します。

[電源プランの選択]をクリックします。

[電源]で検索語[電源プランの選択]をクリック

コントロールパネルの[電源オプション]の画面が表示されます。

左側の[電源ボタンの動作を選択する]をクリックします。

コントロールパネルの[電源オプション]

参考コントロールパネルから辿るには、以下の順になります。

コントロール パネル > ハードウェアとサウンド > 電源オプション

[高速スタートアップを有効にする]をオフにする

[システム設定]の[現在利用可能ではない設定を変更します]をクリックします。

[システム設定]の[現在利用可能ではない設定を変更します]

シャットダウン設定の[高速スタートアップを有効にする]のチェックボックスをオフにして、[変更の保存]をクリックすます。

これでシャットダウンできるようになります。

[高速スタートアップを有効にする]のチェックボックスをオフ

Windows10にも同じ設定がありますが、Windows10では、[高速スタートアップを有効にする]をオンにしたままでも、シャットダウンして再起動することはありません。OSの違いで起きるわけではないと思うのですが、この動作の違いはわかりません。

検索

ほかの記事も検索してみませんか?

Profile

執筆者/はま

-Windows 11 & Office 2021 Windows 11

Copyright © 2001-2022 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.