Google検索

リンクユニット

Windows7 & Office2010 Windows7

同期センターのオフラインファイルを無効にする

投稿日:2017年1月7日 更新日:

Windows7には、同期センターというのがあります。

Vistaからの機能のようです。

この機能がトラブルの原因になることもあるのでご注意ください。

  • 社内で共有サーバーのファイルのレスポンスが突然悪くなった・・・
  • PCによって、データベースの件数が違う・・・
  • Accessで共有フォルダのテーブルをリンクしていたが、突然フォームを開くとエラーメッセージが出るようになった・・・

トラブル時のことを記事にしています。

Accessファイルの起動が突然遅くなった

同期センターは、共有フォルダへのアクセスが悪いと自動的にオフラインファイルが有効になるようです。

オフラインファイルを無効にする

この同期センターのオフラインファイルを無効にする方法です。

同期センターの表示

同期センターにアクセスするには、スタートメニューの[アクセサリー]の中をみてください。

スタートメニュー

または、コントロールパネルで表示方法を[大きいアイコン]にして探すこともできます。

同期センター

設定が有効になっていれば、タスクバーに[同期センター]というアイコンがあると思います。

タスクバー

注意ステータスバーのアイコンで右クリックして、ショートカットメニューから[同期センターを開く]をクリックします。

[すべて停止]をクリックしても設定をオフにすることはできません。

同期センターを開く

オフラインファイルの管理

[同期センター]を表示したら、左メニューにある[オフラインファイルの管理]をクリックします。

オフラインファイルの管理

[オフラインファイルを無効にする]のボタンをクリック

[全般]タブにある[オフラインファイルを無効にする]のボタンをクリックします。

オフラインファイルを無効にする

[OK]ボタンをクリックして、再起動します。

注意必ず再起動してください。

これでオフラインファイルは無効化されます。

オフラインファイルのダイアログボックス

おすすめ記事と広告

-Windows7 & Office2010 Windows7

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.