リンクユニット

Windows10 & Office2016 Windows10

名前を付けて保存を元の大きさに戻す

投稿日:2017年1月7日 更新日:

名前を付けて保存ダイアログボックスが画面いっぱいに広がってしまった時に、元の大きさに戻す方法を解説します。

Windows10のメモ帳をサンプルに解説しますが、別のOSやアプリでも同じ方法です。

現象

現象です。メモ帳で名前を付けて保存をクリックすると、
名前を付けて保存

[名前を付けて保存]ダイアログボックスがウィンドウの画面いっぱいに広がってしまいます。
[名前を付けて保存]ダイアログボックスの最大化

一度こうなると、次回も同じ大きさで表示されます。[名前を付けて保存]ダイアログボックスが最大化になった原因は、おそらくダイアログボックスのタイトルをダブルクリックしたのではないかと思います。
解決方法を3つ紹介します。

タイトルバーをダブルクリック

一番手っ取り早いのは、[名前と付けて保存]ダイアログボックスの上部(タイトルバー)をダブルクリックします。
タイトルバーでダブルクリック

これで元の大きさに戻ります。
再度 タイトルバーをダブルクリックすると、ダイアログボックスは最大化されます。
名前を付けて保存ダイアログボックスの元のサイズ

タイトルバーで右クリック

タイトルバーで右クリックします。ショートカットメニューから[元のサイズに戻す]をクリックします。
[Alt]キーと[Space]キーを押しても、ショートカットメニューが表示されます。そのまま、[Enter]キーを押すと、元のサイズに戻ります。
ショートカットメニュー

フォルダーの非表示をクリックして

③名前を付けて保存ダイアログボックスの左下にある[フォルダーの非表示]をクリックします。
フォルダーの非表示

下のようになります。[フォルダーの参照]をクリックすると、再度 ダイアログボックスを広げることができます。
フォルダーの参照

注意ウィンドウが最大化の場合は、ダイアログボックスの角にマウスを合わせてもドラッグで大きさを調整することができません。
マウスでドラッグ

参考WordやExcelなどで、[名前を付けて保存]ダイアログボックスを表示するショートカットキーは[F12]です。知っておくと便利ですね。

管理人一押しのテキストです。

おすすめ記事と広告

記事を更新しました

相対参照と絶対参照と複合参照は【 F4 】キーで切替

セルの参照方法は、相対参照、絶対参照、複合参照があります。絶対参照と複合参照では、[$]を挿入する必要があります。このとき、直接入力しても構 ...

Office(Word、Excel、PowerPointなど)のバージョンを確認する方法

Microsoft Officeも時を得て、大きく様変わりしてきました。トラブルを解決しようとするとき、あるいは、何かの操作を探すときなど、 ...

クイックアシストでトラブル解決

クイックアシストとは、Windows10のAnniversary Updateで搭載された新機能の一つです。簡単な操作で支援を提供する側は、 ...

改ページ記号が表示されない

Word2016を起動して、操作していると「改ページ記号」が表示されないことに気がつきました。既定で改ページ記号が非表示になっているかと思っ ...

フォームでのレコードの並べ替え

Accessのフォームでレコードの並べ替えは、フォームのプロパティで行うことができます。 下のようなテーブルを元に作成した帳票フォームがあり ...

-Windows10 & Office2016 Windows10

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.