リンクユニット

Windows7 & Office2010 Windows7

ドキュメント内の削除ファイルが消えない

投稿日:2017年1月7日 更新日:

Windows7は、まだまだ健在ですね。でも、Windows7では、一つ面倒なことがあります。

アイコンが消えずに残ってしまう現象

ドキュメントフォルダ内のファイルを削除しても、実際は削除されてごみ箱に移動しているにも関わらず、アイコンが消えずに残ってしまうんですね。
その現象は、ドキュメント内で[更新日時]順や[サイズ]順に並べ替えたときに発生します。
ドキュメントフォルダを開いて、更新日時の箇所をクリックして▲を表示させ、昇順に並べます。
ドキュメントフォルダ

そして、一つのファイルを選択して、右クリックのショートカットメニューから[削除]をクリックします。あるいは、DELETEキーを押します。ここでは、[sample.accdb]を削除します。
ショートカットメニューから削除

[ファイルの削除]ウィンドウが表示されるので、[はい]ボタンをクリックします。
ファイルの削除

でも、下のようにファイルは消えていません。実際は削除されているのですが・・・。
ドキュメントフォルダ

ファイルの確認

確認する方法です。
フォルダ内で、右クリックのショートカットメニューから[最新の情報に更新]をクリックします。または、[F5]キーを押します。
最新の情報に更新

アドレスバーの右端にある[最新の情報に更新]ボタンをクリックしても同じです。
アドレスバー

削除したアイコンは消えます。
アイコンが消えた状態

ドキュメントフォルダ内のファイル数が複数になると発生するようです。
[種類]や[名前]順に並べ替えた場合、この現象は発生しません。
ファイルを削除した後、[種類]や[名前]で並べ替えてもアイコンは消えます。
ドキュメントの種類で並べ替え

Windows10では、この現象は発生しません。

一度は読んでおきたい、お勧めのテキストです。

おすすめ記事と広告

こんな記事もあります

SmartArtをOffice2003で編集するには

Office2007から登場したSmartArtですが、ファイル形式を2003の形式で保存すると、Office2003でファイルを開くことは ...

データベースにパスワードを設定

Access2010でデータベースにパスワードを設定する方法です。 排他モードで開く パスワードを設定したいデータベースを[排他モード]で開 ...

リボン登場

Outlook2010は、リボンインターフェースです。 (タイトルバーがピンク色なのは、Windows7の個人設定によるものです。) Off ...

入力規則のコピーと貼り付け

Excelの入力規則は、便利ですね。ですが、この入力規則はコピー・貼り付けができるということは案外知られていないようです。 データの入力規則 ...

Insertキー(上書きモード)を無効にする

せっかく入力したのに、入力した文字が消えて 新しく入力した文字に置き換えられた。そんな経験はありませんか? これは、[挿入モード]から[上書 ...

-Windows7 & Office2010 Windows7

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.