Google検索

リンクユニット

Windows7 & Office2010 Windows7

ドキュメント内の削除ファイルが消えない

投稿日:2017年1月7日 更新日:

Windows7は、まだまだ健在ですね。

でも、Windows7では、一つ面倒なことがあります。

アイコンが消えずに残ってしまう現象

ドキュメントフォルダ内のファイルを削除しても、実際は削除されてごみ箱に移動しているにもかかわらず、アイコンが消えずに残ってしまうんですね。

その現象は、ドキュメント内で[詳細]表示にして、[更新日時]順や[サイズ]順に並べ替えたときに発生します。

更新日時の昇順

ドキュメントフォルダを開いて、更新日時の箇所をクリックして▲を表示させ、昇順に並べます。

ドキュメントフォルダ

ファイルの削除

そして、一つのファイルを選択して、右クリックのショートカットメニューから[削除]をクリックします。

あるいは、キーボードから[DELETE]キーを押します。

ここでは、[sample.accdb]を削除します。

ショートカットメニューから削除

[ファイルの削除]ウィンドウが表示されるので、[はい]ボタンをクリックします。

ファイルの削除

消えていないファイル

でも、下のようにファイルは消えていません

実際は削除されているのですが・・・。

ドキュメントフォルダ

最新情報に更新してファイルの確認

確認する方法です。

フォルダ内で、右クリックのショートカットメニューから[最新の情報に更新]をクリックします。

または、キーボードから[F5]キーを押します。

最新の情報に更新

アドレスバーの右端にある[最新の情報に更新]ボタンをクリックしても同じです。

アドレスバー

削除したアイコンは消えます。

アイコンが消えた状態

ドキュメントフォルダ内のファイル数が複数になると発生するようです。

[種類]や[名前]で並べ替えを行った場合、この現象は発生しません。

ファイルを削除した後、[種類]や[名前]で並べ替えてもアイコンは消えます。

ドキュメントの種類で並べ替え

Windows10では、この現象は発生しません。

おすすめ記事と広告

-Windows7 & Office2010 Windows7

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.