Windows 11 & Office 2021 Windows 11

タッチキーボードを起動して文字入力を快適に(絵文字・手書き・50音)

投稿日:2023年1月24日 更新日:

Windows 11では、タッチキーボードの機能が大きく進化しています。

Windows 10にもタッチキーボードはありますが、Windows 11ではユーザーの好みに合わせて、さまざまなカスタマイズができるようになっています。

タッチキーボードは、タッチ操作の時だけでなく、物理キーボードを接続している時も使用できます。

上手に活用すると、パソコン操作に不慣れな方も、入力操作に戸惑うことが少なくなると思います。

色やサイズなども変更できますので、自分好みにカスタマイズして楽しんでください。

カラー変更と50音配列にしたタッチキーボード

参考Windows 11 バージョン22H2での解説です。

タッチキーボードの表示

タッチ操作をしている時に、文字入力ができる場所をタップすると、タッチキーボードが自動で表示されます。

もし、自動で表示されない場合は、以下の設定を確認してください。

Windows 11の[設定]を表示します。

タスクバーの[スタート]ボタンを右クリックして、ショートカットメニューから[設定]をクリックします。

スタートボタンで右クリックした時のショートカットメニュー-[設定]

ショートカットキーは、[Windows]+[i]です。

キーボード[Windows]+[i]

[時刻と言語]をクリックします。

Windows 11 の[設定]-[時刻と言語]

[時刻と言語]が表示されますので、[入力]をクリックします。

Windows 11の設定[時刻と言語]の[入力]

[タッチキーボード]の▽をクリックして、[キーボードが接続されていないときにタッチキーボードを表示]のチェックボックスをオンにします。

[タッチキーボード]の[キーボードが接続されていないときにタッチキーボードを表示]

参考タッチキーボードを起動して、歯車マークから[その他の設定]の[入力]をクリックしても、[時刻と言語]の[入力]画面を表示できます。

タッチキーボードの[歯車マーク]の[その他の設定]-[入力]

タスクバーにタッチキーボードのアイコンを表示

物理キーボードを接続していても、タッチキーボードは起動できます。

タッチキーボードは、ノートパソコンだけでなく、デスクトップパソコンでも使用できます。

また、タッチキーボードの自動表示がうまくいかない場合もタスクバーから起動してみてください。

タスクバーで右クリックして、[タスクバーの設定]をクリックします。

タスクバーで右クリック、ショートカットメニューの[タスクバーの設定]

[個人用設定]の[タスクバー]の画面が表示されますので、[タッチキーボード]のスイッチをオンにします。

[個人用設定]の[タスクバー]-[タッチキーボード]

タスクバーに[タッチキーボード]のアイコンが表示されるようになります。

タスクバーの[タッチキーボード]のアイコン

デスクトップパソコンとノートパソコンのタッチキーボード

クリックすると、以下のようなタッチキーボードが起動します。以下の画像は、デスクトップパソコンのタッチキーボードです。

デフォルトの状態です。

Windows 10では、設定が必要でしたが、既定で移動できるようになっています。

タッチキーボードの上部にマウスを合わせてドラッグで移動できます。

デフォルトのタッチキーボード

ノートパソコンであれば、既定でウィンドウの下側に横幅いっぱいに表示されます。

大きすぎると思われるかもしれませんが、コンパクトにすることもできます。

ノートパソコンのタッチキーボード

参考Windows 10でのタスクバーの表示については、以下の記事で解説しています。

タッチキーボードの表示

物理キーボードでキー操作をすると、タッチキーボードは非表示になります。

タッチキーボードの大きさとデザインをカスタマイズ

タッチキーボードを起動すると、キーボードが大きすぎたり、小さすぎたりすると思います。

[歯車マーク]から[サイズとテーマ]をクリックします。

歯車マーク]から[サイズとテーマ]を選択

Windows 11の設定の[個人用設定]にある[テキスト入力]の画面が表示されます。

少し下へドラッグすると、[テーマ]が15個確認できます。

Windows 11の設定の[個人用設定]-[テキスト入力]

テーマの変更

このテーマをクリックすると、タッチキーボードの色が変わります。

[ピンク/オレンジ]を選択すると、以下のようになります。以下の画像では、タッチキーボードはコンパクト表示にしています。

テーマで[ピンク/オレンジ]を選択したときのタッチキーボード

ただ、このテーマの設定は、以下の箇所にも反映されます。

もしかしたら、他にも反映されているところがあるかもしれませんが、私が気が付いた箇所です。

  • IMEの変換候補一覧(新日本語IMEのみ、旧のIMEには反映されません)
  • クリップボード([Windows +V]で起動されるクリップボードの履歴)
  • 絵文字パネル ([Windows + ピリオド]で起動される顔文字パネル)
  • 音声入力

テーマを[ピンク/オレンジ]に変更したときのIMEの変換候補とクリップボード

テーマを[ピンク/オレンジ]に変更したときの絵文字パネルと音声入力

注意テーマの[白黒]を選択すると、キーに枠線が付きます。一度、この[白黒]を選択して、ほかのテーマを選択しても枠線が非表示にならないことがあります。[白黒]以外のテーマをいくつか選択していると、消えるようです。

テーマの[白黒]を選択

参考テーマの下部にある[カスタムテーマ]をクリックすると、背景などを詳細に設定することができます。

テーマの下部にある[カスタムテーマ]

サイズ変更

サイズ変更をするには、テーマの下にある[タッチキーボード]をクリックして展開します。

そして、[キーボードのサイズ]のボタンを左右にドラッグして調整します。タッチキーボードにすぐに反映されます。

[タッチキーボード]の[キーボードのサイズ]

タッチキーボードを起動していなければ、[キーボードを開く]をクリックして表示できます。

[タッチキーボード]の[キーボードを開く]

[キーの文字サイズ]は、[小、中、大]から選択できます。

以下は[大]を選択しているタッチキーボードです。

タッチキーボードの[キーの文字サイズ]

参考ノートパソコンの場合、以下のようになります。以下の画像は、キーボードのサイズ[65%]で[キーの文字サイズ]は[小]です。

ノートパソコンでタッチキーボードのサイズと文字を変更

使いやすいキーボードレイアウトを選択

windows 11のタッチキーボードには、6種類のレイアウトが用意されています。

[歯車マーク]から[キーボードレイアウト]をクリックすると、以下の6個の選択肢があります。

[歯車マーク]の[キーボードレイアウト]

デスクトップでは[分割]を除く5個になっています。Windows 11のバージョンは同じ22H2なので、ノートとデスクトップの違いによるものだと思います。

デスクトップの[キーボードレイアウト]

50音

[キーボードレイアウト]から[50音]を選択すると、50音配列のキーボードになります。

キーボード入力に不慣れな方にとっては、この配列は分かりやすいかもしれません。

[キーボードレイアウト]から[50音]を選択したときのタッチキーボード

[abc]キー:アルファベット入力に切り替え

[&123]キー:数字と記号の入力に切り替え

参考50音配列は、IMEパッドのソフトキーボードにもあります。古くからある機能ですが、Windows 11でも使用できます。

50音配列のキーボードで入力(IMEパッドのソフトキーボード)

キーボードが五十音配列に並んでいたらいいのになぁ~と、思ったことはないですか? 便利なものがあるんですよ♪ Microsoft IMEには、 ...

続きを見る

12キー

ひらがなのキーが表示され、長押しして入力候補を表示します。

レイアウトを[12キー]にしたタッチキーボード

コンパクト

[キーボードレイアウト]の[コンパクト]を選択すると、以下のようにかなり小さくなります。

中央に[移動]ボタン(-)がある場合は、タッチキーボードの上部にマウスを合わせてドラッグすると自由に移動できます。

タッチキーボードの上部にこのマークがあれば、コンパクトでない場合でもドラッグで移動できます。

[キーボードレイアウト]で[コンパクト]を選択したときのタッチキーボード

ノートパソコンでは、このマークは、コンパクト表示にしたときのみ現れます。

ただ、ノートパソコンの場合は、[キーボードレイアウト]の[コンパクト]を選択しなくても、タッチキーボードの右上にボタンがありますので、このボタンで切り替えられます。

ノートパソコンの[コンパクト]に切り替えるボタン

コンパクト表示にすると、中央に[移動]ボタンが現れますので、ドラッグで自由に移動させることができます。

コンパクト表示のタッチキーボード

分割

[分割]を選択すると、左右に分割されたキーボードになります。

レイアウトを[分割]にしたタッチキーボード

クラシック

クラシックにすると、物理キーボードと同じような配置で表示されます。

タッチキーボードの[クラシック]

[かな]キーを押すと、かな入力に切り替えられます。

タッチキーボードの[クラシック]で[かな]入力モードに切り替え

参考レイアウトについては、Microsoftのページも参照してください。

タッチ キーボードの概要 - Microsoft サポート(Microsoft)

タッチキーボードで文字入力

タッチキーボードでの入力は、物理キーボードとほとんど同じように使用できます。

タッチキーボードを閉じる場合は、右上の[閉じる]ボタンをクリックします。

物理キーボードを接続した状態で使用している場合は、物理キーボードで操作すると自動的にタッチキーボードは非表示になります。

タッチキーボードの切り替えボタンと閉じるボタン

タッチキーボードで[Ctrl]を押すと、[Ctrl]キーと一緒に使えるショートカットキーが分かるようになっています。

これは、Windows 10のタッチキーボードにもある機能です。

[Ctrl]を押したときのタッチキーボード

[↑]キー:アルファベットの大文字と小文字の切り替え

タッチキーボードの予測変換

タッチキーボードは、スマホのように予測変換されます。

以下は、[T][E]と打っています。タッチキーボードの上部に予測変換が表示されます。右端の▽をクリック(タップ)すると、

タッチキーボードの予測変換

すべての予測変換が表示されます。

△をクリック(タップ)すると、キーボードになります。

すべての予測変換を表示

カーソルを移動するには

タッチ操作では、カーソルの移動が思うようにならないことがあります。

タッチキーボードの[スペース]キーを長押しすると、キーの印字が消えます。この状態のときにドラッグするとカーソルを移動できます。

タッチキーボードの[スペース]キー長押ししてカーソルをドラッグで移動

タッチキーボードから絵文字とクリップボードを表示

タッチキーボードから、絵文字やアニメーションGIFなども入力できます。

タッチキーボードの左上部にある小さいハートのマークが付いたボタンをクリックします。

タッチキーボードの小さいハートのマークが付いたボタン

以下のような画面が現れます。

再度、小さいハートのマークが付いたボタンをクリックすると、非表示になります。

上部に絵文字やGIFが表示されたタッチキーボード

上部に並んでいるアイコンは、左から以下の順に並んでいます。目的のものを探すには、このカテゴリー先に選択します。

  • 最近使用したもの
  • 絵文字
  • GIF
  • 顔文字
  • 記号
  • クリップボードの履歴

タッチキーボードのアイコンの意味

参考Windows 10のタッチキーボードでも、絵文字を入力できます。

絵文字😄の入力方法(タッチキーボード・ショートカットキーでもできる)

Windows10のIMEでは、面白い絵文字をたくさん表示し入力することができます。 特にWord2016、Word2019では、色付き絵文 ...

続きを見る

手書き入力

タッチキーボードでは、手書きで入力したものを自動的に認識する機能もあります。

[歯車マーク]から[手書き]をクリックします。

[歯車マーク]の[手書き]

以下のようなウィンドウになりますので、文字を入力します。

タッチキーボードの手書きウィンドウ

自動認識され、上部に変換候補が表示されます。ここでは、1個しかありませんが、複数の候補が表示されることもあります。

目的の漢字をクリックすると入力が確定します。

読めない漢字などを入力する場合は便利です。

手書きウィンドウの変換候補

手書きから戻る場合は、[歯車マーク]の[キーボードレイアウト]から選択します。

[手書き]のまま閉じると、次回起動したときは[手書き]で表示されますので注意してください。

[歯車マーク]の[キーボードレイアウト]

参考[手書き]は、IMEパッドにもあります。

読めない漢字を入力するにはIMEパッド、部首名が分かるなら[F5]キー

時々、読めない漢字に出会って、キーボードの指が止まってしまうことがあります。 そういう時に便利な機能を紹介します。 また、読めない漢字でも、 ...

続きを見る

また、Windows 10のタッチキーボードにもあります。

Windowsには、スクリーンキーボードというのもありますが、スクリーンキーボードとタッチキーボードの同時使用はできません。

スクリーンキーボード

スクリーンキーボードについては、以下の記事で解説しています。

スクリーンキーボード使用のショートカットキーは、[Windows]+[Ctrl]+[O]です。

Windows 10では、スクリーンキーボードで日本語入力の切り替えができなくなっていましたが、Windows 11では切り替えできます。

キーボード[Windows]+[Ctrl]+[O]

検索

ほかの記事も検索してみませんか?

Access / Excel / PowerPoint / Word

Profile

執筆者/はま

-Windows 11 & Office 2021 Windows 11

Copyright © 2001-2023 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2023 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.