Google検索

Windows Xp & Office2003 IME2003

50音配列のキーボード(IMEパッドのソフトキーボード)

投稿日:2017年1月7日 更新日:

キーボードが五十音配列に並んでいたらいいのになぁ~と、思ったことはないですか?

便利なものがあるんですよ♪

IMEパッド-五十音配列キーボード

ソフトキーボードの起動


IMEツールバーの[IMEパッド]をクリックして、[ソフトキーボード]をクリックします。

IMEツーールバー

ソフトキーボードが表示されましたか?

ソフトキーボードの青い部分にマウスを置きドラッグすると自由に移動できますよ。文字カーソルと重ならない位置に移動しましょう。

ソフトキーボード

参考[IME-手書き]を表示していたのであれば、左側にある[ソフトキーボード]のアイコンをクリックして切り替えます。

ソフトキーボードのアイコン

配列の切り替え

左上の[配列の切り替え]をクリックして[ひらがな/カタカナ(50音配列)]をクリックしましょう。

ソフトキーボード

クリックして入力

[あ]と[い]をクリックしてみましょう。

カーソルのある位置に[あい]と入力されたと思います。

ソフトキーボード

変換

[変換]をクリックしてみましょう。

ソフトキーボード変換

確定

[Enter]をクリックして確定します。

ソフトキーボード

ソフトキーボードの右側のボタン

ソフトキーボードの右側のボタンは、キーボードと同じ役割です。

ソフトキーボードボタン

小さい文字

[小字]を押すと[ゃ]、[ょ]、[っ]など小さい字を入力できます。日本語で小さい文字となるひらがなは、すべて小さい文字となります。再度[小字]ボタンをクリックすると、元に戻ります。

ソフトキーボード 小字

ひらがなとカタカナの切り替え

[ひらがな]と[カタカナ]の切り替えも簡単ですよ。

半角カタカナにする場合は、すぐ下の[全角]ボタンをクリックすると[半角]になります。

ソフトキーボード カタ

日付の入力

日付の入力も簡単にできます。

ソフトキーボード 今日の日付 現在の時刻

[今日の日付]と[現在の時刻]

[今日の日付]や[現在の時刻]ボタンをクリックしてみましょう。

カーソルのある位置に日付と時刻が入力できたと思います。

入力結果

ソフトキーボードは、キーボードと併用して使用することができます。上手に活用しましょう。

ソフトキーボードを終了するときは、右上の[閉じる]ボタンをクリックして閉じてください。

Windows10のソフトキーボード

Windows10も[ソフトキーボード]を起動することができます。

タスクバーのMicrosoft IMEのアイコン([あ]または[A]と表示されている箇所)で右クリックします。

そして、[IMEパッド]をクリックします。

IMEのショートカットメニュー

IMEパッドが起動します。左側のメニューから[ソフトキーボード]をクリックします。

IMEパッド-手書き

ソフトキーボードに切り替わります。

[配列の切り替え]ボタンから、[ひらがな/カタカナ(50音配列)]をクリックします。

ソフトキーボード

下のように五十音配列のキーボードになります。

ソフトキーボード五十音配列

関連以下は、IME2003のIMEパッド関連の記事です。

読めない漢字を入力するには

読めない漢字を入力するには、IMEパッドの手書き機能(手書きアプレット)を使うと便利です。 マウスでドラッグしながら、その漢字を描くと認識候 ...

続きを見る

部首アプレットの簡単表示は【F5】キー

IMEツールバーには、読めない漢字を入力するためのツールがいろいろあります。 部首アプレットもその中の一つです。 部首の画数をもとに漢字を検 ...

続きを見る

Profile

執筆者/はま

おすすめ記事と広告

-Windows Xp & Office2003 IME2003

Copyright © 2001-2019 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.