リンクユニット

Windows10 & Office2016 IME

誤変換データを送信しないようにするには

投稿日:2017年1月7日 更新日:

Windowsで入力中に画面右下から[誤変換精度を高めるために誤変換データ収集にご協力ください。今すぐ誤変換データを送信するには、ここをクリックしてください。]というメッセージが表示されることがあります。
このメッセージウィンドウを出さず、誤変換レポートを送信しない設定方法を紹介します。

メッセージウィンドウ

入力の途中に以下のようなメッセージウィンドウが表示されることがあります。

誤変換精度を高めるために誤変換データ収集にご協力ください。今すぐ誤変換データを送信するには、ここをクリックしてください。

メッセージウィンドウ

[Microsoft IMEの設定]ダイアログボックスの表示

タスクバーのIMEのアイコンで右クリックします。そして、ショートカットメニューから[プロパティ]をクリックします。参考もし、タスクバーに[A]や[あ]が表示されていないようであれば、何か入力できるアプリ(メモ帳など)を起動してみてください。
IMEのショートカットメニュー

[Microsoft IMEの設定]ダイアログボックスが表示されます。[詳細設定]ボタンをクリックします。
[Microsoft IMEの設定]ダイアログボックス

[誤変換の履歴をファイルに保存する]のチェックボックスをオフ

[Microsoft IME の詳細設定]ダイアログボックスの[プライバシー]タブにある[誤変換]の[誤変換の履歴をファイルに保存する]のチェックボックスをオフにして、[OK]ボタンをクリックします。このチェックボックスをオフにすると、隣にある[詳細設定]ボタンは自動的に無効になります。[OK]ボタンをクリックして閉じます。
[Microsoft IME の詳細設定]の[プライバシー]タブ

誤変換レポート

上記設定をした後([Microsoft IME の詳細設定]の[プライバシー]タブにある[誤変換の履歴をファイルに保存する]のチェックボックスをオフにした後)、言語バーで右クリックしたショートカットメニューにある[誤変換レポート]をクリックすると、
誤変換レポート

下のように[自動記録された誤変換データの送信]ウィンドウが表示されます。メッセージには下のように記されています。

現在、[誤変換の履歴をファイルに保存する]の設定が有効になっていません。この設定を有効にしますか?
[はい]をクリックすると、この設定が有効になり、IMEは以降の誤変換の履歴を自動的にコンピューターに保存します。
[いいえ]をクリックすると、設定は変更されず、IMEは誤変換の履歴をコンピューターに保存しません。

[自動記録された誤変換データの送信]ウィンドウ

既定では、[誤変換の履歴をファイルに保存する]の設定が有効になっていますが、その時の詳細設定は[誤変換データを自動的に送信する]のみオフになっています。

この詳細設定は、[Microsoft IME の詳細設定]の[プライバシー]タブにある[詳細設定]から確認することもできます。また、タスクバーのIMEのショートカットメニューにある[誤変換レポート]からも確認することができます。
誤変換レポートの設定

Windowsの[プライバシー]の設定から操作

上記の設定のほかにWindows10のプライバシーの設定から操作することもできます。スタートメニューから[設定]をクリックします。
スタートメニュー

[Windowsの設定]から[プライバシー]をクリックします。
Windowsの設定

[プライバシーオプションの変更]にある[入力に関する情報をMicrosoftに送信して、タイピングと手書きの今後の改善に役立てる]をオフします。
プライバシーオプションの変更

プライバシーの設定は、検索ボックスに[プライバシー]と入力して[プライバシーの設定]をクリックして表示させることもできます。
検索ボックス

上記の[プライバシーオプションの変更]で[入力に関する情報をMicrosoftに送信して、タイピングと手書きの今後の改善に役立てる]をオフにすると、[Microsoft IME の詳細設定]の[プライバシー]タブにある[誤変換の履歴をファイルに保存する]は無効の状態になります。
Microsoft IME の詳細設定

また、タスクバーのIMEのショートカットメニューにある[誤変換レポート]も下のように[設定]や[誤変換データを送信する]のボタンが無効になります。
誤変換レポート

おすすめ記事と広告

記事を更新しました

フィルターの抽出条件はデータの種類で変わる

Excelのフィルター機能を使用すると、条件に合うデータを簡単に抽出することができます。表をフィルターモードにするには、表内のセルをアクティ ...

オブジェクトの挿入でWordを埋め込んで操作するとリーダーの設定も可能

PowerPointでは、箇条書きにタブの設定はできても、リーダーの設定をすることはできません。ですが、スライドにWordを埋め込んでタブと ...

予測シートって便利!ワンクリックで傾向を予測してグラフを表示

Excel2016の[データ]タブには、[予測シート]という機能があります。Excel2016からの新機能です。データを基に先の予測をグラフ ...

文字数制限付きのテキストボックス

Wordでテキストボックスを挿入して、そのテキストボックスに文字数制限をつける方法です。 [ActiveXコントロール]にある[テキストボッ ...

タブを使って文字の開始位置や終了位置を揃える

PowerPointでもタブを使って、文字列と文字列の間隔を空けて、複数段落の文字の開始位置や終了位置を揃えることができます。空白スペースで ...

-Windows10 & Office2016 IME

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.