Windows XP & Office 2003 IME 2003

部首アプレットの簡単表示は【F5】キー

投稿日:2017年1月7日 更新日:

IMEツールバーには、読めない漢字を入力するためのツールがいろいろあります。

部首アプレットもその中の一つです。 部首の画数をもとに漢字を検索することができます。

また、部首アプレットの表示は、[F5]キーで簡単に表示できます。

部首名を入力して[F5]キー

[艾]←この漢字が読めなかったとします。

部首名は[くさかんむり]ですね。

入力したい位置にカーソルをおいて、[くさかんむり]と入力します。

そして、確定しないでキーボードから[F5]キーを押してみてください。

キーボード[F5]キー

部首アプレットが表示されます。 ちゃんと[くさかんむり]が選択されていますね。

右側の[艾]の字を選んでクリックすると、入力することができます。

漢字をポイントすると(マウスを合わせるだけ)、読みも確認できます。

[よもぎ、もぐさ]と読むんですね!

IMEパッド

参考残念ながら現状のWindows 10の[新しい日本語IME]では呼び出せません。従来の日本語IMEに戻すと使用できます。(2021/04/04)

以前のバージョンのMicrosoft IMEを使用するには

関連以下の記事も参照してくださいね。

部首アプレットの応用

IMEパッドについては、以下の記事で解説しています。

部首名がわからなくても、読めない漢字を入力することができます。

読めない漢字を入力するにはIMEパッドの[手書き]を表示

読めない漢字を入力するには、IMEパッドの手書き機能(手書きアプレット)を使うと便利です。 マウスでドラッグしながら、その漢字を描くと認識候 ...

続きを見る

IMEパッドには、五十音配列のソフトキーボードもあります。

50音配列のキーボードで入力(IMEパッドのソフトキーボード)

キーボードが五十音配列に並んでいたらいいのになぁ~と、思ったことはないですか? 便利なものがあるんですよ♪ Microsoft IMEには、 ...

続きを見る

検索

ほかの記事も検索してみませんか?

おすすめ記事と広告

Profile

執筆者/はま

-Windows XP & Office 2003 IME 2003

Copyright © 2001-2021 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.