Google検索

リンクユニット

Windows Xp & Office2003 IME2003

スケッチパッド

投稿日:2017年1月7日 更新日:

Wordで使える機能です。マウスで書いた文字をそのまま挿入することができます。

スケッチパッドの起動

IMEツールバーの[手書き]ボタンをクリックして[スケッチパッド]をクリックします。

言語バーのスケッチパッド

文字を入力して挿入

テキストボックス内でマウスでドラッグして文字を書きます。[スケッチの挿入]ボタンをクリックすると、カーソルの位置に書いた文字を挿入できます。

[クリップボードにコピー]ボタンをクリックすると、他のアプリケーションにもオブジェクトとして貼り付けることができます。

スケッチパッド

挿入した文字の編集

挿入した文字を編集したい場合は、挿入した文字上をダブルクリックします。

そうすると、スケッチパッドに再度表示されて編集することが出来ます。

大きさも周りの■(サイズ変更ボタン)にマウスポインタを合わせてドラッグすることで変えることができます。

スケッチパッド

自由に移動させるには

また、図ツールバーを表示して操作することもできます。

右クリックのショートカットメニューから[[図]ツールバーの表示]をクリックします。

図ツールバーの表示

[図]ツールバーの[テキストの折り返し]の[四角]などを選択すると、自由に移動させることもできます。

四角を選択

参考Word2003では、[スケッチの挿入]ボタンをクリックした状態は下のようになります。

スケッチの挿入

おすすめ記事と広告

-Windows Xp & Office2003 IME2003

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.