Google検索

リンクユニット

Windows Xp & Office2003 IME2003

読めない漢字を入力する

投稿日:2017年1月7日 更新日:

読めない漢字を入力するには、IMEパッドの手書き機能を使うと便利です。

IMEパッドの手書きを表示

IMEツールバーの[IMEパッド]をクリックして、[手書き]をクリックします。

IMEツールバー 手書き

表示されましたか? 

[消去]ボタンをクリックして、サンプルで書かれているウ冠を削除します。

IMEパッド 手書き 消去

マウスでドラッグして入力

では、左の四角の画面の中に[几]と マウスをドラッグしながら書いてみましょう。

マウスで入力

右側に認識候補の漢字が表示されます。目的の漢字が表示されていないかを確認します。

候補

同じ漢字がありますね。その漢字をクリックします。カーソルの位置に入力されます。

文字選択

マウスでポイントすると、読みは[キ・つくえ]と読むということがわかりますね。

詳細表示

また、下の図のように[一覧表示の拡大/詳細の切り替え]ボタンの▼をクリックして[詳細表示]をクリックすると、漢字の[読み]や[部首]などの詳しい内容が表示されます。

横に広げる場合は、IMEパッドの右端にマウスを合わせ、左右開きになった状態でドラッグしてくださいね。

再度、前の状態に戻す場合は、[拡大表示]をクリックします。

詳細表示

そのほか、[部首]や[画数]で漢字を探すこともできます。[閉じる]ボタンで閉じます。

IMEパッド

手書き入力パッド

また、手書き入力パッドからも探すことができます。

IMEツールバーの[手書き入力パッド]をクリックします。

言語バー 手書き入力パッド

下のような[手書き入力パッド]が表示されましたか?

手書き入力パッド

左の画面に読みのわからない漢字をマウスでドラッグしながら書きましょう。

右の画面に認識候補の漢字の一覧が表示されます。[詳細モード]に切り替えることもできます。[消しゴム]で書き直すこともできます。

手書き入力パッド

一覧の中から目的の漢字を見つけたら、クリックしてください。

カーソルの位置に入力することができます。

カーソルの位置に入力

参考部首名が分かる場合は、もっと簡単に入力することができます。

部首アプレットの簡単表示は【F5】キー

IMEツールバーには、読めない漢字を入力するためのツールがいろいろありますね。 部首アプレットもその中の一つです。 部首の画数をもとに漢字を ...

続きを見る

また、Windows 10でのIMEパッドについては、以下の記事で解説しています。

読めない漢字を入力するにはIMEパッド、部首名が分かるならF5キー

時々、読めない漢字に出会って、キーボードの指が止まってしまうことがあります。 そういう時に便利な機能を紹介します。 また、読めない漢字でも、 ...

続きを見る

おすすめ記事と広告

-Windows Xp & Office2003 IME2003

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.