Google検索

リンクユニット

Windows Xp & Office2003 IME2003

変換候補の並べ替え

投稿日:2017年1月7日 更新日:

和雄]さんという名前を入力したいとします。

まず、読みを入力しますね。

かずお

[スペース]キーを押します。変換された漢字が違うので、再度[スペース]キーを押します。

変換候補一覧が表示されます。目的の漢字の一文字目と同じ字で始まる漢字を[↓]方向キーか、[スペース]キー、[変換]キーのいずれかで選択します。

注意このとき、漢字をクリックすると一覧が非表示になるので気をつけてください。

変換メニュー

変換候補の並べ替え

一覧の下にある[メニューを表示します]ボタンのボタンをクリックします。メニューの中から[並べ替え]をクリックします。

メニューを表示しますボタン

[和]で始まる漢字が並びました。目的の漢字を探しやすくなりましたね。目的の漢字を選択します。

変換メニュー

ショートカットキーで

[メニューを表示します]のボタンを押す代わりに[Shift]キーと[F10]キーを押してもいいです。

そして、アクセラレーションキーの[S]を押してもいいですね。

並べ替え

マウスに持ち替えるより早いかもしれませんね。


上の変換候補一覧は、IME2003です。

IME2002には下の赤丸の中のマークは表示されていないと思います。

表示を切り替えます

一列表示と複数列表示

IME2003をお使いの方へ

上の赤丸の中の[表示を切り替えます]ボタンを押すと、変換候補一覧が複数列表示されるようになります。

Tab]キーを押してもいいです。再度、[Tab]キーを押すと一列表示になります。

変換メニュー

複数配列

参考Windows10のIMEには、[メニューを表示します]ボタンのボタンはありません。

並べ替えはできないようです。が、複数列表示にしてみると、おおよそ先頭漢字が揃っています。

Windows10のIMEには[メニューを表示します]がない

Windows10のIME

おすすめ記事と広告

-Windows Xp & Office2003 IME2003

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.