Windows Xp & Office2003 IME2003

Print Friendly, PDF & Email

入力は効率よく

投稿日:2017年1月7日 更新日:

入力は正確に速くできた方がいいですね。
ちょっと自分の入力を見直してみませんか?

一気に入力して一括変換

たとえば[初心者のためのOffice講座]と入力する場合・・・
[しょしんしゃ]と入力してスペースキーで変換して。そして、その後を入力して・・・・
それより、[しょしんしゃのためのおふぃすこうざ]と一気に入力して[スペース]キーで変換してみてください。
下のようになりました。[オフィス]だけを修正したいですね。
初心者のためのオフィス講座
方向キー[→]を一回押すと、文節カーソルが右に移動します。(あるいは、マウスで[オフィス]の文節をクリックします。)
ここで[スペース]キーを押します。変換候補が表示されます。
[Office]を選択して[Enter]キーを押すといいですね。
変換メニュー

一文節ずつ変換して入力する方法もありますが、ある程度 一気に入力して[スペース]キーで一括変換が効率的です。
漢字は漢字、カタカナはカタカナに自動的に変換してくれるはずです。
変換はIMEにおまかせして、変換を間違ってる文節のみを修正するやり方も速くないですか?

継続して入力する時は、自動的に確定

もし、一文節ずつ変換する場合でも、一文節で変換して目的の漢字を表示したあとは[Enter]キーは押さなくても 次の文字を入力できます。
たとえば[博多は、美味しいものがいっぱい]と入力したいとします。
[はかたは、]まで入力して[スペース]キーを押しました。
[博多]を選択して表示したら、このまま次の文字列を入力できます。
変換メニュー

続けて入力する場合、変換したあと、[Enter]キーは押さなくてもいいです。自動的に確定されます。
最後に[Enter]キーで確定してください。
最後にEn ter

半角スペースと全角スペース

空白を入力するとき[スペース]キーを押しますね。
全角で入力していても半角の空白を入れたい場合は、[Shift]キーを押しながら[スペース]キーを押すといいです。

Shiftキーを使って入力

英字を入力するとき、[Shift]キーを使うと一時的に大文字と小文字を入れ替えることができます。
小文字で英字を入力しているときに、[Shift]キーを使うと大文字になります。
大文字で英字を入力しているとき(CAPSロックがオンの状態のとき)に、[Shift]キーを使うと小文字になります。
IMEツールバー CAPS


ひらがなモードで入力中に[Shift]キーを使うと、一時的に[半角英数]または[全角英数]の大文字で入力できます。
[Shift]キーを離すと、再度 ひらがな入力モードになります。
[半角英数]や[全角英数]になる訳は、「CapsLock 英数」キーを参照してください。
また言語バーの[CAPS]がオンの状態では下のようにはなりません。「CAPS」がオンの場合を参照してください。
だってPCが好きなんだもん!

確定前に変換前の状態に戻す

変換途中で([Enter]キーで確定する前に)、入力の間違いに気がついて変換前の状態に戻すには、[Esc]キーを押します。
たとえば、[印鑑]と入力したい場合、[スペース]キーで変換したあと間違いに気がついたら、ここで[Esc]キーを押します。

[Esc]キーの押しすぎに注意してくださいね。文字を消してしまいます。
そうすると、変換する前の状態に戻せます。
遺憾いかん

方向キー[←]で文字カーソルを[い]と[か]の間に移動します。そして、[ん]を入力。
[いんかん]と読みを修正することができます。
いかんいんかん

再度、[スペース]キーで変換して[印鑑]を選択して[Enter]キーで確定するといいですね。
印鑑印鑑

[ん]の入力

また、[ん]の入力ですが[N]のあとに子音が続く場合は、1回[N]を入力するだけでいいです。
[いんかん]と入力する場合は、[I][][K][A][][] と入力します。
Blogの[ん]の入力も参考にしてください。

[っ]の入力

促音[っ]の入力は、子音を続けて2回入力します。
[ねっと]と入力する場合は、
[N][E][][T][O]と入力します。

単独で小さい[っ]を入力したい場合、あるいは入力ミスをした場合は、[っ]を入力したい位置にカーソルを移動して、
[][T][U]、
あるいは
[X][T][U]と入力します。

確定後の再変換

また、[Enter]キーで確定したあとでも再変換したり、修正したりすることができます。
確定後の変換、Blogの確定後の修正を参照してくださいね。

確定後の変換

入力した文字を[Enter]キーで確定したあとでも 変換しなおすことができます。 [再変換]といいます。いくつかの方法を紹介します。 [変換 ...

続きを見る

確定前の文字の削除

確定する前の文字は[Esc]キーですべて取り消すことができます。
下の状態のときに[Esc]キーを押すと、入力中の文字を消すことができます。
はれカーソルのみ
一度確定したあとは、変換前の状態には戻せますが消してしまうことはできません。

関連入力については、↓も参考になると思います。

閉じ括弧は変換しないで[Enter]キー

同じ文字を続けて入力するとき

[〃][々]の入力

[〃][々]の入力

どうやって入力したらいいのかしらと悩んだことはありませんか? これは、[おなじ]、[くりかえし]または[どう]と入力して変換すれば、変換候補 ...

続きを見る

どうやって入力するの?

どうやって入力するの?

URLやメールアドレスでよく使う記号の読みと入力方法を表にしてみました。 言語バーが[A](直接入力)の状態で入力してください。 下のキーボ ...

続きを見る

解決できないことは【teratail】で質問してみましょう。

おすすめ記事と広告

こんな記事も読まれています

ペイントの使い方

Windowsの[アクセサリ]の中には、便利なアプリケーションがありますね。 [ペイント]は、簡易なお絵描きソフトです。ぜひ、使ってみてくだ ...

拡張子の表示

拡張子とは、ファイル名の後ろについている3文字の英数字のことです。 Windowsの初期設定では 拡張子を表示しないように設定されています。 ...

タスクバーのクイック起動

タスクバーの中にアイコンを登録して、1回クリックするだけてソフトを起動させることができます。通常はInternet Exploreなど3~4 ...

Wordの表の並べ替え

Wordの表でも並べ替えをすることが出来ます。 下のような表があります。 合計の大きい順に並べ替えたいと思います。 表内であればどこでもいい ...

図を[行内]で挿入しない

Wordでクリップアートやファイルから図を挿入する場合、貼り付ける形式は[行内]として挿入されます。 [行内]のままだと文書内に自由に図を動 ...

-Windows Xp & Office2003 IME2003

Copyright © 2001-2017 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.