Google検索

リンクユニット

Windows Xp & Office2003 Word2003

キーボードから線を書こう

投稿日:2017年1月7日 更新日:

キーボード操作だけで、ページ幅に線を簡単に入力することができます。

[-](マイナス)を3回

直接入力で[-](マイナス)を3回と、[Enter]キーを1回押してみましょう。

ページ幅に直線が引けます。

これは日本語入力システムがオンの状態で[-]を3回、[Enter]キーを2回押してもよいです。

一本線

[=](イコール)を3回

直接入力で[=](イコール)を3回と、[Enter]キーを1回押してみましょう。 

ページ幅に下のような二重線が引けます。

これは日本語入力システムがオンの状態で[=]を3回、[Enter]キーを2回押してもよいです。

二重線

[*]を3回

直接入力で[*]を3回と、[Enter]キーを1回押してみましょう。

ページ幅に下のような点線が引けます。

半角英数モードや半角カタカナモードなら、[*]を3回入力して、[Enter]キーを2回押してもよいです 。

ひらがな入力モードで[*]を3回入力して、[スペース]キーで半角に変換して[Enter]キーを2回押してもよいです。

点線

[#]を3回

直接入力で[#]を3回と、[Enter]キーを1回押してみましょう。

ページ幅に下のような直線が引けます。

半角英数モードや半角カタカナモードなら、[#]を3回入力して、[Enter]キーを2回押してもよいです。

ひらがな入力モードで[#]を3回入力して、[スペース]キーで半角に変換して[Enter]キーを2回押してもよいです。

太線

[~]を3回

●直接入力で[~]を3回と、[Enter]キーを1回押してみましょう。

ページ幅に・・・さてどんな線が引けるでしょう。(^^)

Blogのキーボードから波線を引くで解説しています。

段落罫線

またこの線は段落罫線なので、インデントで幅を調整することができます。

Blogの段落罫線を参照してください。

ルーラー インデント

オートコレクトのオプション

罫線が引けなかった方は、メニューバーの[ツール]→[オートコレクトのオプション]をクリックします。

ツールメニュー

[オートコレクト]ダイアログボックスが表示されます。

[入力オートフォーマット]タブをクリックして開きます。

[入力中に自動で書式設定する項目]の[罫線]のチェックが外れていませんか?

反対に、この入力が迷惑と感じている方は、[罫線]のチェックボックスを外してください。

入力オートフォーマット

矢印やフェイスマーク

他にキーボードから、矢印やフェイスマークを入力することができます。

フォントサイズは、すべて[24]にしています。

半角で[:]と[( フェイスマーク
半角で[:]と[
半角で[:]と[-]と[| フェイスマーク
半角で[<]と[-]を2回
半角で[<]と[=]を2回 左矢印
半角で[<]と[=]と[>
半角で[=]を2回と[> 右矢印
半角で[-]を2回と[>

オートコレクトの設定

上のフェイスマークや矢印は、オートコレクトのオプションで登録してあるんです。

メニューバーの[ツール]→[オートコレクトのオプション]をクリックします。

[オートコレクトのオプション]ダイアログボックスの[オートコレクト]タブを開くとわかりますね。

[入力中に自動修正する]のチェックを外すと、変換されなくなります。

オートコレクト

スクロールして一番下をみていただくと下のようなものもあります。

[こんにちわ]と入力、確定してみてくださいね。

[こんにちは]に変換されませんか? また、[文の先頭を大文字にする]設定などもここで出来るんですね。

使いやすいように設定してくださいね。

オートコレクトダイアログボックス

おすすめ記事と広告

-Windows Xp & Office2003 Word2003

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.