リンクユニット

Windows10 & Office2016 Word2016

文書を並べて表示したい!上下に並べる時と左右に並べる時はボタンが異なる

投稿日:2018年3月10日 更新日:

Wordで2つの文書を上下や左右に並べて表示したいということがあると思います。簡単なレイアウトをチェックしたいとか、右から左へ文字列をコピーしたいというような場合に使えると思います。また、同じ文書内の異なるページを左右に表示することもできますし、同時にスクロールすることもできます。

以下は、2つの文書を同時にスクロールしているところです。スクロール機能を解除して、左右に並べたり、上下に並べることもできます。
2つの文書を並べて同時にスクロール

3つの場合に分けて解説します。

  • 複数の文書を上下に並べて表示
    複数の文書を上下に並べたいときは、[表示]タブの[ウィンドウ]グループにある[整列]をクリックします。
  • 2つの文書を左右に並べて表示
    2つの文書を左右に並べたいときは、[表示]タブの[ウィンドウ]グループにある[並べて比較]をクリックします。
  • 同一文書を並べて表示
    同じ文書を別ウィンドウで表示したい場合は、[新しいウィンドウを開く]をクリックして[整列]や[並べて比較]の操作をします。左右に異なるページを表示することができます。

参考Excelでワークシートを並べて表示する方法は、以下の記事で解説しています。WordとExcelでは、多少異なるところがあります

異なるブックのワークシートや、同一ブックのワークシートを並べて表示

異なるブックのワークシートを左右に並べて表示したい、あるいは同じブックの異なるワークシートを並べたい、同じブックの異なるシートを左右に表示し ...

続きを見る

Wordには、2つの文書を比較して変更箇所を表示する機能もあります。[元の文書]と[変更された文書]を正確に比較したい場合は[比較]機能を使った方が効率的です。

2つの文書を比較して違いを確認

Wordで似たような文書があった時、どこが違うのかを確認したいときがありますね。目視で分かる場合もありますが、見落とさないように正確に違いを ...

続きを見る

複数の文書を上下に並べて表示

ここでは、サンプルとして[ご案内28年度.docx]と[ご案内30年度.docx]を使用します。
サンプル文書の確認

まず、並べて表示した文書を開いておきます。ウィンドウの大きさは、異なっていても大丈夫です。1つの文書で操作します。
2つの文書を開いておきます

[表示]タブの[ウィンドウ]グループにある[整列]ボタンをクリックします。ポップヒントには、以下のように記されています。

整列 開いているウィンドウを並べて表示し、すべてを一度に確認できるようにします。

[表示]タブの[ウィンドウ]グループにある[整列]ボタンをクリック

2つの文書が上下に均等に表示され並びます。操作した方の文書が上側に配置されます。3つ以上の文書を開いている場合は状況によって、自動的に最適化された状態で上下左右に表示されます。

参考Wordの場合は、Excelのようにダイアログボックスは表示されません。Wordでは、3つ以上の文書を左右に均等に並べたり、重ねて表示することはできません。
上下に均等に並んだ2つの文書

2つの文書を左右に並べて表示

2つの文書を左右に並べて表示するには、[表示]タブの[ウィンドウ]グループにある[並べて比較]ボタンをクリックします。
[表示]タブの[ウィンドウ]グループにある[並べて比較]ボタンをクリック

開いていた2つの文書が左右に均等に並びます。操作した方の文書が左側に配置されます。

注意[整列]ボタンをクリックするときは、ウィンドウが最小化されている場合は、最小化されているウィンドウは並びませんが、[並べて比較]の場合は、片方のウィンドウは最小化の状態でも並べることができます。

左右の文書で内容やレイアウトを比較したり、文字列を範囲選択して、右の文書から左の文書へドラッグで移動させたり、[Ctrl]キーを使ってコピーしたりすることもできます。コピーと貼り付けを確認しながら行うことができます。
2つの文書が左右に並んだ

同時にスクロール

この時、既定で[同時にスクロール]も有効になります。ですから、どちらかの文書で上下にスクロールすると、2つの文書が同時にスクロールされます。[同時にスクロール]のポップヒントには、以下のように記されています。

同時にスクロール 2つのドキュメントを同時にスクロールします。
これは、ドキュメントを1行ずつ比べたり、違いを調べたりする場合に便利な方法です。
この機能を有効にするには、[並べて比較]をオンにしてください。

[同時にスクロール]ボタン

2つの文書[ご案内28年度.docx]と[ご案内30年度.docx]をスクロールしているところです。
2つの文書を同時にスクロール

参考ウィンドウの大きさを変更したり、配置を変えても、同時にスクロールの機能がオフになることはありません。また、並べた左右のどちらのファイルで操作しても同時にスクロールさせることができます。上下に並べてスクロールしたい場合は、[同時にスクロール]をオンにしたまま、[整列]ボタンをクリックします。

[同時にスクロール]の機能をオフにするには、[同時にスクロール]のボタンをクリックします。各文書ごとにスクロールできるようになります。左右の配置は変わりません。

ウィンドウの位置を元に戻す

ウィンドウの大きさや、配置を変更している場合でも、[ウィンドウの位置を元に戻す]ボタンをクリックすると、既定の配置になり左右に均等に並べることができます。ポップヒントには、以下のように記されています。

参考左右に並べて表示したいのに、並ばないというような場合は、一度 この[ウィンドウの位置を元に戻す]ボタンをクリックしてみてください。

ウィンドウの配置を元に戻す 比較するドキュメントを並べて配置し、画面上に均等に表示されるようにします。
この機能を使うには、[並べて比較]をオンにしてください。

[ウィンドウの位置を元に戻す]ボタン

3つ以上のファイルを開いているとき

[並べて比較]は、2つの文書を対象にしたものですから、3つ以上のファイルを開いているときに、[並べて比較]ボタンをクリックすると、[並べて比較]ダイアログボックスが表示されます。アクティブになっている文書と並べて比較したい文書を1つ選択します。
[並べて比較]ダイアログボックス

[並べて比較]をオフにするには

[並べて比較]をオフにするには、再度 [表示]タブの[ウィンドウ]グループにある[並べて比較]ボタンをクリックします。
[表示]タブの[ウィンドウ]グループにある[並べて比較]

同一文書を並べて表示

同一文書の異なるページを上下や左右に並べる方法です。まず、文書を開いておきます。そして、1ページ目と3ページ目を左右に並べたいとします。
[表示]タブの[ウィンドウ]グループにある[新しいウィンドウを開く]ボタンをクリックします。ポップヒントには、以下のように記されています。

新しいウィンドウを開く ドキュメントを別々のウィンドウで開き、同時にそれぞれの場所で作業できるようにします。

[表示]タブの[ウィンドウ]グループにある[新しいウィンドウを開く]ボタン

タイトルバーを見ると、下のように[複数ページサンプル.docx:1]と[複数ページサンプル.docx:2]となっています。同じ文書ですが、ファイル名の後ろに番号が付けられています。[複数ページサンプル.docx:1]の方が操作していたファイルです。
ファイル名の後ろに番号が付いた2つの文書

この後、[表示]タブの[ウィンドウ]グループにある[整列]をクリックすると、[複数ページサンプル.docx:1]と[複数ページサンプル.docx:2]は上下に均等に並びます。
上下に並んだ同じ文書

[並べて比較]をクリックすると、左右に並びます。[同時にスクロール]のボタンをクリックしてオフにします。
[同時にスクロール]のボタンをクリックしてオフ

参考左右に並ばないときは、[ウィンドウの位置を元に戻す]ボタンをクリックしてみてください。
[ウィンドウの位置を元に戻す]ボタンをクリック

そして、[複数ページサンプル.docx:2]のほうで3ページ目を表示します。以下のように、左側に1ページ目、右側に3ページ目を表示することができます。

このまま、片方のウィンドウの文書で編集すると、もう一方のウィンドウの文書にも反映されます。同じ文書を複数のウィンドウで開いた場合は、タイトルバーにはファイル名の後ろに番号が付けらたものが表示されますが、ウィンドウを閉じてウィンドウが1つになれば、タイトルバーに表示されていた番号は消えます。
同一文書の1ページ目と3ページ目が左右に並んで表示された

既存の文書を並べて新規作成したいとき

既存の文書を隣に並べて参考にしながら、新規文書を作成したいということがあると思います。この場合は、まず、参考にしたい文書を開いておきます。

そして、クイックアクセスツールバーの[新規作成]ボタンをクリックします。参考ショートカットキーは、[Ctrl]+[N]ですね。
クイックアクセスツールバーの新規作成

そして、新規文書の[表示]タブの[ウィンドウ]グループにある[並べて比較]をクリックします。[同時にスクロール]のボタンをクリックしてオフにします。
[並べて比較]をクリック、[同時にスクロール]のボタンをクリックしてオフ

そうすると、左側に新規文書、右側に既存文書を並べることができます。
左側に新規文書、右側に既存文書

参考また、異なるアプリケーションを左右や上下に均等に並べたい場合は、並べたいアプリケーションを表示しておいて、タスクバーで右クリックしてメニューから[ウィンドウを左右に並べて表示]などを選択するといいです。ウィンドウが最小化の状態では並びませんので注意してください。

ここでは、WordとExcelのファイルを左右に表示します。まず、WordとExcelのファイルを起動して表示しておきます。
タスクバーを右クリックしてメニューの中から、[ウィンドウを左右に並べて表示]をクリックします。画像は、Windows10です。
タスクバーで右クリック

下のように左右に均等に並びます。
WordとExcelが左右に並んだ

参考Wordには、2つの文書を比較して変更箇所を表示する機能があります。元の文書と変更された文書を正確に比較したい場合に便利です。

2つの文書を比較して違いを確認

Wordで似たような文書があった時、どこが違うのかを確認したいときがありますね。目視で分かる場合もありますが、見落とさないように正確に違いを ...

続きを見る

Excelのブックを並べて表示する方法は、以下の記事で解説しています。

異なるブックのワークシートや、同一ブックのワークシートを並べて表示

異なるブックのワークシートを左右に並べて表示したい、あるいは同じブックの異なるワークシートを並べたい、同じブックの異なるシートを左右に表示し ...

続きを見る

参考Officeのバージョンによって操作が異なる場合があります。以下の記事で、お使いのOfficeのバージョンを確認する方法を解説しています。

Office(Word、Excel、PowerPointなど)のバージョンを確認する方法

Microsoft Officeも時を得て、大きく様変わりしてきました。トラブルを解決しようとするとき、あるいは、何かの操作を探すときなど、 ...

続きを見る

管理人一押しのテキストです。

おすすめ記事と広告

記事を更新しました

A4サイズで作成した文書をA4用紙に4枚印刷する方法

A4サイズで作成した文書を縮小して、A4用紙に縮小して4枚印刷したいということがあります。配布用にA6サイズにしたい、または紙節約のためなど ...

図形を罫線の中央に配置するには

Excelで罫線で囲んだ中に図形やテキストボックスを中央に配置する簡単な方法です。Excel2016で解説していますが、バージョンは関係あり ...

ピボットテーブルのフィールドリストに検索ボックス

Excel2016では、ピボット テーブルのフィールドに[検索ボックス]が追加されました。フィールドが多数がある場合は、該当のフィールド名を ...

数式を手書きで挿入

Office2016の新機能です。Excel2016、PowerPoint2016、Word2016で手書きの数式を挿入することができます。 ...

アクセシビリティチェック

Word、Excel、PowerPointにはファイルのアクセシビリティの問題を検出して解決するためのアクセシビリティチェック機能があります ...

-Windows10 & Office2016 Word2016

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.