リンクユニット

Windows7 & Office2010 Word2010

テンプレートの保存

投稿日:2017年1月7日 更新日:

テンプレートとはひな形のことです。
繰り返し使用するファイルの場合、自分で作成した文書をテンプレートとして保存しておくと便利です。

Word2010では、テンプレートの保存の方法がこれまでとは、少し変わりました。
テンプレートとして保存して、新規作成のマイテンプレートから起動する方法です。

テンプレートとして保存

[ファイル]タブから[保存と送信]をクリックします。[ファイルの種類と変更]をクリックして右側の[テンプレート(*.docx)]を選択して、[名前を付けて保存]ボタンをクリックします。

参考[上書き保存]の下にある[名前を付けて保存]をクリックして、[名前を付けて保存]ダイアログボックスから [ファイルの種類]で[Wordテンプレート(*.dotx)]を選択しも同じです。
保存と送信

[名前を付けて保存]ダイアログボックスが表示されます。
左側のメニュー、上部にある[Microsoft Word]をクリックします。そして[Templates]フォルダをクリックします。
これは、Windows7の場合です。

注意WindowsVista、WindowsXPの場合は、操作が違いますので、Word文書をテンプレートとして保存する(Microsoft)をご参照ください。

注意2007までは、ファイルの種類でテンプレートを選択すると、自動的にテンプレートフォルダが開かれていたのですが、Word2010では、自ら選択しない限りドキュメントフォルダのままです。
名前を付けて保存

ファイル名を付けて、ファイルの種類が[Wordテンプレート(*.dotx)]であることを確認して[保存]ボタンをクリックします。
名前を付けて保存

作成したテンプレートの起動

保存したテンプレートを起動するには、[ファイル]タブの[新規作成]をクリックして、[マイテンプレート]をクリックします。
マイテンプレート

[個人用テンプレート]として、保存されていますので目的のテンプレートを選択して、[OK]ボタンをクリックします。
個人用テンプレート

Office2010のPowerPointやExcelに関しては、テンプレートの作成で解説しています。

テンプレートの作成

テンプレートとは「ひな形」のことです。既定の設定をカスタマイズして、テンプレートとして保存しておくと、毎回 設定せずに済むので効率的です。繰 ...

続きを見る

また、Office2013では、個人用テンプレートの保存先は既定のままでは表示されません。オプションから設定する必要があります。
個人用テンプレートの保存場所

テンプレートの作成

テンプレートとは「ひな形」のことです。既定の設定をカスタマイズして、テンプレートとして保存しておくと、毎回 設定せずに済むので効率的です。繰 ...

続きを見る

おすすめ記事と広告

記事を更新しました

文字の効果

文字列にも効果を適用できるようになりました。Word2010の新機能です。 文字の効果 文字列を選択して、[ホーム]タブの[フォント]グルー ...

エラーの場合の値を指定する

Excel2007からの関数ですが、エラー値を表示せずにエラーの場合の値を指定することができる関数があります。 下の表は、E列で[販売単価] ...

ナビゲーションウィンドウ

ナビゲーションウィンドウは、Word2010からの新機能です。なかなか便利だと思います。 ナビゲーションウィンドウの表示 [表示]タブから[ ...

開くとき読み取り専用を推奨する

Word2010で文書を開くときに読み取り専用で開くことを推奨するメッセージを表示する方法です。 全般オプションダイアログボックスの表示 [ ...

PowerPoint2010の画面の名称

PowerPoint2010を起動したときの画面の名称です。 プレースホルダーについて プレースホルダーは、削除してすべてテキストボックスで ...

-Windows7 & Office2010 Word2010

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.