リンクユニット

Google検索

Office2019 Word2019

OneDriveに保存したくない(ファイルの保存場所を指定する)

投稿日:

Wordで新規文書を[閉じる]ボタンで閉じようとすると、保存場所は既定で[OneDrive]が表示されます。

これは、設定でローカルの任意の場所に変更することができます。

[このファイルの変更内容を保存しますか?]のウィンドウ

表示される環境


上記の[このファイルの変更内容を保存しますか?]のウィンドウですが、以下の環境で表示されます。

永続ライセンス版のWord2019、Word2016です。

現在は、バージョン2003(ビルド 12624.20466)ですが、このウィンドウが表示されるようになったのは、ずっと前のバージョンからです。

以下の画像は、Word2019ですが、Word2016もバージョンは同じです。

Wordのバージョン

Officeにサインインしている状態の時に表示されます。

Backstageビューの[アカウント]をクリックして表示しています。以下はサインインしている状態です。

backstageビューの[アカウント]

[このファイルを変更内容を保存しますか?]のウィンドウが表示されるタイミング

新規文書を作成したとき、保存するには名前を付けて保存しますね。

新規文書に名前を付けて保存する方法は、いくつかありますが、以下の場合に[このファイルを変更内容を保存しますか?]のウィンドウが表示されます。

[閉じる]ボタンをクリック

文書の右上の[閉じる]ボタンをクリックすると、[このファイルを変更内容を保存しますか?]のウィンドウが表示されて保存することができます。

文書を[閉じる]ボタン

サインインしている時は、以下のウィンドウが表示されます。

既定の保存先は、[OneDrive]になっています。

[このファイルの変更内容を保存しますか?]のウィンドウ

サインアウトしている時

同じ操作をしても、サインアウト(サインインしていない)の場合は、以下のメッセージウィンドウが表示されます。

以前は、サインインしていても、以下のウィンドウが表示されていたと思います。

参考ExcelやPowerPointでは、サインインしていても以下のメッセージウィンドウが表示されます。

[変更を保存しますか?]のウィンドウ

[このファイルの変更内容を保存しますか?]のウィンドウは便利

[このファイルを変更内容を保存しますか?]のウィンドウが表示されると、保存するのも効率的です。

[ファイル名]を入力して、保存場所を指定して、[保存]ボタンをクリックすればOKです。

[このファイルの変更内容を保存しますか?]のウィンドウ

保存先の変更

保存先は、[その他の保存オプション]をクリックして変更することができます。

[このファイルの変更内容を保存しますか?]ウィンドウの[その他の保存オプション]

[その他の保存オプション]をクリックすると、[名前を付けて保存]ダイアログボックスが表示されます。

[名前を付けて保存]ダイアログボックス

従来のウィンドウでの操作

従来のウィンドウであれば、[保存]ボタンを押して、

[変更を保存しますか?]のウィンドウ

[名前を付けて保存]ダイアログボックスを表示して操作することになります。

[名前を付けて保存]ダイアログボックス

従来のものと比較すると、便利ですが、[このファイルを変更内容を保存しますか?]のウィンドウの既定の保存先は[OneDrive]になっています。

この保存場所は、[オプション]の設定で変更することができます。

既定のファイルの保存場所を変更するには

[OneDrive]には保存せずに、ローカルに保存したいという場合は、既定の保存先を変更すると便利です。

[Wordのオプション]ダイアログボックスで設定できます。

[ファイル]タブをクリックして、[オプション]をクリックします。

Backstageビューの[オプション]

[Wordのオプション]ダイアログボックスが表示されます。

[既定でコンピューターに保存する]のチェックボックスをオン

[保存]タブをクリックして、[既定でコンピューターに保存する]のチェックボックスをオンにします。

参考ここがオフの場合は、[OneDrive]が保存先になります。

[Wordのオプション]ダイアログボックス

上記設定後に、[閉じる]ボタンで閉じようとすると、以下のウィンドウが表示されます。

保存先は、ローカルの[ドキュメント]フォルダーになっています。

[このファイルの変更内容を保存しますか?]のウィンドウ

ローカルファイルの保存場所を指定

[既定のローカルファイルの保存場所]は、ドキュメントフォルダーになっていますが、ここも変更することができます。

[参照]ボタンをクリックして、任意の場所を指定します。

[Wordのオプション]ダイアログボックス

ここでは、例として以下のように[C:\Users\hama\Documents\word\]に変更してみます。

設定後は、[OK]ボタンをクリックして[オプション]ダイアログボックスを閉じます。

[Wordのオプション]ダイアログボックスの[既定のローカルファイルの保存場所]

以下のように、保存場所が指定した[C:\Users\hama\Documents\word\]になります。

これでかなり便利になりますね。

[このファイルの変更内容を保存しますか?]のウィンドウ

[名前を付けて保存]ダイアログボックスを表示して保存

上記の設定をしておくと、以下の操作で[名前を付けて保存]ダイアログボックスを表示する場合も、設定した場所が開かれるようになります。

Backstageビューから

[ファイル]タブをクリックして、Backstageビューを表示して[名前を付けて保存]を選択して[参照]ボタンをクリックします。

Backstageビューの[名前を付けて保存]

[名前を付けて保存]ダイアログボックスで指定したフォルダーが表示されます。

[名前を付けて保存]ダイアログボックス

ショートカットキー[F12]を押して表示

キーボードから[F12]キーを押して、[名前を付けて保存]ダイアログボックスを表示しても、指定した保存場所が表示されます。

キーボード[F12]

クイックアクセスツールバーの[上書き保存]をクリックして表示

クイックアクセスツールバーの[上書き保存]ボタンをクリックしても、新規文書の場合は[名前を付けて保存]ダイアログボックスが表示されます。

クイックアクセスツールバーの[上書き保存]

参考[既定のローカルファイルの保存場所]は、ExcelやPowerPointでも同じ設定ができます。

この設定は、アプリケーションごとの設定です。

OneDriveに保存したくない場合だけでなく、保存場所が決まっている場合なども便利だと思います。

OneDriveのリンクを解除したり、アンインストールする方法は、以下の記事を参照してください。

OneDrive をオフにするか、無効にするか、アンインストールする - Office サポート(Microsoft)

Profile

執筆者/はま

おすすめ記事と広告

-Office2019 Word2019

Copyright © 2001-2020 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.