リンクユニット

Windows8 & Office2013 Word2013

コメントに返信

投稿日:2017年1月7日 更新日:

Word2013では、コメントに返信ができるようになりました。

コメントの挿入

コメントを挿入するには、[校閲]タブの[コメントの挿入]と、[挿入]タブの[コメント]をクリックする方法があります。

[校閲]タブの[コメントの挿入]

コメントを挿入したい範囲を選択して、[校閲]タブの[コメント]グループにある[コメントの挿入]をクリックします。
コメントとの挿入

[挿入]タブの[コメント]

または、[挿入]タブの[コメント]をクリックします。
挿入タブ

文書の右側の吹き出しをクリックすると、コメントを表示することができます。吹き出しをポイントすると、[クリックするとコメントが表示されます。]と表示されます。右枠に表示される場合もあります。下は、[コメントの表示]がオフになっている状態です。
吹き出し

コメントに返信

下は、クリックして表示したところです。返信ボタンをクリックして、コメントに返信することができます。
コメント

このコメントの場合は、右上の▼ボタンをクリックして、移動したり、サイズを変更したりすることができます。
コメントの移動、サイズ変更

校閲タブのコメントの表示がオン

[校閲]タブの[コメントの表示]ボタンをクリックししてオンにすると、コメントは右枠に表示されます。
校閲タブのコメントの表示

コメントに返信

[コメントの表示]ボタンがオンの場合は、下のように文書の右枠に表示されます。
コメントの右上にあるアイコンをクリックして、コメントに返信することができます。
コメントに返信

コメントの削除

コメントを削除する場合は、コメントを選択して[校閲]タブの[コメント]グループにある[削除]ボタンをクリックします。ここには[ドキュメント内のすべてのコメントを削除する]機能もあります。
コメントの削除

関連Word2016では、コメントに解決ボタンが表示されるようになりました。

コメントに解決ボタン

Wordでは、コメント機能を利用して文章中にメモや注意点などをメモのようにを挿入することができます。また、Word2013以降はコメントに返 ...

続きを見る

PowerPoint2013でもコメントに返信ができます。

コメントに返信

Word2013では、コメントに返信ができるようになりました。 コメントの挿入 コメントを挿入するには、[校閲]タブの[コメントの挿入]と、 ...

続きを見る

おすすめ記事と広告

記事を更新しました

下線の設定ができない

Word2013では、[ホーム]タブの[フォント]グループにある[下線]ボタンに[なし]というメニューが追加されました。そのため、下線を設定 ...

表のミニツールバーにコマンドが追加

Word2013では、表内で右クリックして表示されるミニツールバーに[挿入]と[削除]のコマンドが追加されました。 下は、Word2010の ...

ステップ記録ツール

Windows7からの機能ですが、操作の手順を画面キャプチャを撮りながら自動で記録してくれるツールがあります。 ここでは、Windows8で ...

Excel2013ではリレーションシップを使おう

Excel2013では、テーブル同士の関連づけが簡単にできます。VLOOKUP関数を使うより簡単だと思います。 参考[POWERPIVOT] ...

添付ファイル型の表示方法

Access2007から登場した添付ファイル型ですが、フォームでの表示方法の違いを紹介します。 下のようなテーブル(デザインビュー)を作成し ...

-Windows8 & Office2013 Word2013

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.