Windows8 & Office2013 Word2013

Print Friendly

コメントに返信

投稿日:

Word2013では、コメントに返信ができるようになりました。

コメントを挿入するには、コメントを挿入したい範囲を選択して、[校閲]タブの[コメント]グループにある[コメントの挿入]をクリックします。
コメントとの挿入

または、[挿入]タブの[コメント]をクリックします。
挿入タブ

文書の右側の吹き出しをクリックすると、コメントを表示することができます。吹き出しをポイントすると、[クリックするとコメントが表示されます。]と表示されます。右枠に表示される場合もあります。下は、[コメントの表示]がオフになっている状態です。
吹き出し

下は、クリックして表示したところです。返信ボタンをクリックして、コメントに返信することができます。
コメント

スポンサーリンク

このコメントの場合は、右上の▼ボタンをクリックして、移動したり、サイズを変更したりすることができます。
コメントの移動、サイズ変更


[校閲]タブの[コメントの表示]ボタンをクリックししてオンにすると、コメントは右枠に表示されます。
校閲タブのコメントの表示

[コメントの表示]ボタンがオンの場合は、下のように文書の右枠に表示されます。
コメントの右上にあるアイコンをクリックして、コメントに返信することができます。
コメントに返信

コメントを削除する場合は、コメントを選択して[校閲]タブの[コメント]グループにある[削除]ボタンをクリックします。ここには[ドキュメント内のすべてのコメントを削除する]機能もあります。
コメントの削除

Word2016では、コメントに解決ボタンが表示されるようになりました。

お勧め記事と広告

関連記事

SELECT INTO ステートメントでは複数値を持つフィールドは使用できません

Access2013で添付ファイル型のフィールドを含むテーブルを元にテーブル作成クエリを実行しようとすると 以下のようなメッセージが表示され ...

別フォームのサブフォームを更新する

Accessで現在開いているフォームを閉じる時に、別フォームのサブフォームを更新したい場合の方法です。 サブフォームの作成については、サブフ ...

コンボボックスに重複しないデータを表示する

Accessでコンボボックスを使用して抽出する方法はいくつかありますが、テーブル内の重複しないデータをコンボボックスに表示する方法を紹介しま ...

目的別スライドショーは印刷も可能

PowerPointでは、用途に合わせてスライドを調整し登録することができる[目的別スライドショー]という機能があります。この[目的別スライ ...

フラッシュフィル

Excel2013の新機能です。文字列などの編集を自動で行ってくれる機能です。 これまで、関数を使って文字列を結合したり、抜き出したりしてい ...

-Windows8 & Office2013 Word2013

Copyright © 2001-2017 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.