リンクユニット

Windows10 & Office2016 Word2016

Wordで記事を書いてWordPressへ投稿、下書きとして発行も

投稿日:2018年5月30日 更新日:

Word2007から[ブログへ投稿]という機能があります。Wordから直接、ブログへ発行できる機能です。
タイトルと本文を入力

以下は、Word2010のときの記事です。

Wordからブログへの投稿

Word2010でのブログへの投稿方法です。 Wordでは、作成した文章をブログの記事として投稿することができます。 関連Word2007で ...

続きを見る

ブログの投稿ができません

Word2007から、ブログへ投稿できるようになりました。 ブログの投稿(Word2007) Word2010でも同じように投稿できるように ...

続きを見る

Word2016では、どうなっているか見てみました。Word2013も操作は同じでした。

最近、WordPressでサイトを運営するようになったので、WordからWordPressへ発行できるかも試してみました。

[ブログの投稿]テンプレート

[ファイル]タブをクリックして[新規]をクリックします。一覧の中に[ブログの投稿]がみつかれば、それをクリックします。
Wordの新規カテゴリー

検索ボックスで検索

もし、テンプレートの中に[ブログの投稿]が見当たらない場合は、検索ボックスのテキストボックスに[ブログ]と入力して、検索ボタンをクリックします。

[ブログの投稿]テンプレートが表示されます。クリックします。
[ブログ]と入力して検索

テンプレートを一覧に固定するには

頻繁に使用するテンプレートは、一覧に固定しておくと便利です。テンプレートの右下に表示されているピンのアイコンをクリックします。ポイントすると、[一覧に固定]と表示されるボタンです。
一覧に固定

ブログの投稿の作成

[ブログの投稿]をクリックすると、下のような画面になります。[作成]ボタンをクリックします。

ヒントには以下のように記されています。

ブログをWordから公開しましよう。
おなじみの、愛着ある機能を使って、Wordから直接公開します。タイトル、カテゴリ、写真、SmartArt、グラフ、その他を追加します。インターネット全体に誤字を公開しないように、投稿する前に必ずwordのスペルチェックを使って確認してください。

確かに使い慣れた機能を使える利便性はあるかもしれませんね。また、スペルチェック揺らぎの機能は有難いかもしれないですね。
ブログの投稿の作成

ブログアカウントの登録の前に

一度、ブログのアカウントの投稿設定をしておくと、すぐに投稿できる画面になりますが、初回は下のような登録を促すメッセージが表示されます。

ブログを始めるには、ブログアカウントを登録してください。ここで登録しない場合は、最初に投稿するときに登録に関するメッセージが表示されます。
ブログを作成していない場合は、Office.comにアクセスして、Microsoft Wordを利用できるブログプロバイダーを確認してください。

ブログアカウントの登録

ブログ発行サービス

[ブログアカウントの登録]ウィンドウにリンクされている[Office.com]をクリックすると、以下のページが表示されます。事前に読んでおくといいかもしれません。

Word でブログを管理する - Word

ブログ発行サービス

上記ページによると、このサービスを利用できるのは、以下の4つとなっています。Word2010のときにあった[Blogger]はありません。
職場で[SharePointブログ]を使用されているのであれば、Wordで記事を作成、編集するのもいいと思います。ぜひ、お試しください。

  • SharePointブログ
  • Telligent Community (Comunity Server)
  • WordPress
  • TypePad

以下は、Word2010の時のサービス一覧です。Wordからブログへの投稿(Word2010)

  • SharePointブログ
  • WordPress
  • Blogger
  • コミュニティサーバー
  • TypePad

参考Word2013は初めの頃は、サービス一覧の中に[Blogger]が表示されていましたが、いつの頃からかサービス一覧から[Blogger]は消えています。
当初、一覧に表示はされていましたが、アカウントの登録はできないという状態でした。

Word2013からBloggerへの投稿はできない 

注意サービスは今後も変わる可能性があるので、[ブログへの投稿]テンプレートを利用する場合は、確認されることをお勧めします。

新しいブログアカウントの登録

ブログ発行サービスができるブログを既に持っているのであれば、[今すぐ登録]ボタンをクリックします。
ブログアカウントの登録

次に以下のウィンドウが表示されます。ここでリンクされている[利用しているプロバイダーが一覧にありません]と[ブログを持っていません]をクリックすると、どちらも以下のページが表示されます。

Word でブログを管理する - Word

[ブログプロバイダーの選択]の▼ボタンをクリックして、登録可能なブログプロバイダーを表示します。
新しいブログアカウント

ここでは、WordPressを選択します。
ブログプロバイダーの選択

[次へ]のボタンをクリックします。
ブログを選択して次へ

[新しいWordPressアカウント]ウィンドウが表示されます。[ブログの投稿先 URL]と[ユーザー名]、[パスワード]を間違えないように正確に入力します。
ブログURLとユーザー名、パスワードを入力

以下のように入力したら、[OK]ボタンをクリックします。

参考[パスワードを保存する]のチェックボックスはオンにしておいた方がいいです。オフのままだと、発行する都度に[ユーザー名]と[パスワード]を入力するウィンドウが表示されます。
[パスワードを保存する]のチェックボックスをオンにして[OK]ボタンをクリック

メッセージウィンドウが表示されます。

Wordからブログサービスプロバイダーに情報が送信されるときに、その情報(ユーザー名、パスワードも含まれます)が他のユーザーに見られる可能性があります。続行しますか?

セキュリティ上、不安であればWordからブログへ発行するのは止したほうがいいかもしれないですね。どうなんでしょうね。よくわかりません。
また、[今後このメッセージを表示しない]のチェックボックスをオンにしておくと、次回からはこのメッセージウィンドウは表示されません。

ここでは、[はい]をクリックして先へ進めます。
メッセージウィンドウ

アカウント登録完了のメッセージウィンドウが表示されます。時間はかかりません。

アカウントが登録されました。このアカウントの設定を変更したり、アカウントをさらに追加するには、[ブログの投稿]タブの[アカウントの管理]をクリックしてください。

アカウント登録完了のメッセージウィンドウ

下の画面になり、ブログへ投稿するタイトルと本文が入力できるようになります。
タイトルと本文を入力する画面

タイトルと本文を入力して発行

試しに以下のように入力してみました。
タイトルと本文を入力

参考カテゴリーも設定したい場合は、[ブログの投稿]タブにある[分類の挿入]ボタンをクリックします。既定では表示されていません。[分類の挿入]ボタンをクリックすると、プルダウンから設定済みのカテゴリーを選択できるようになります。そのまま発行すると、[未分類]になります。
分類の挿入

[ブログの投稿]タブにある[発行]ボタンの下側の▼ボタンをクリックすると、[発行]と[下書きとして発行]の2つのメニューが表示されます。ここでは、[発行]をクリックしてみます。
発行ボタン

Wordは、下のように発行した日時が表示されます。
発行日時の表示

ホームボタンをクリックしてブログを確認

[ブログの投稿]タブにある[ホームページ]ボタンをクリックします。
[ホームページ]ボタン

既定のブラウザで、WordPressで作成しているブログが表示されます。ちゃんと投稿されていますね。
ブラウザで開いたブログ

該当記事を開いたところです。
Wordで作成した記事

既存の文書を開いて[下書きとして発行]

今度は既存の文書を開いて編集して、[下書きとして発行]してみたいと思います。

[ブログの投稿]タブの[ブログ]グループある[既存の投稿を開く]をクリックします。
[既存の投稿を開く]ボタン

[既存の投稿を開く]ダイアログボックスが表示されます。編集したい記事の投稿タイトルを選択して、[OK]ボタンをクリックします。
[既存の投稿を開く]ダイアログボックス

下のようにカテゴリーも再選択できるようになっています。
カテゴリーの編集

画像の挿入

画像を挿入してみます。[挿入]タブをクリックして[画像]ボタンをクリックします。
[挿入]タブの[画像]ボタン

下書きとして発行

画像を挿入することができました。画像を選択しているときは、画像編集ができる[図ツール]タブが表示されています。

[発行]ボタンの▼をクリックして[下書きとして発行]をクリックします。
下書きとして発行

Wordの上部には、発行した日時が表示されます。
上部に発行日時が表示

[ホームページ]ボタンをクリックしてブログを表示してみます。

投稿一覧の中にはありません。[下書きとして発行]したので、一度投稿した記事でも下書きとして保存されたんですね。
ブログの表示

ログインしてダッシュボードを見ると、[サンプル]の記事は[下書き]になっています。
WordPressのダッシュボード

下書きになった記事を開いてみると、Wordで挿入した画像もちゃんと表示されています。
WordPressの下書きした記事

アカウントの管理

アカウントの設定を変更したり、アカウントを追加する場合はアカウントの管理から行います。

[ブログの投稿]タブの[ブログ]グループある[アカウントの管理]をクリックします。
[アカウントの管理]ボタン

[ブログアカウント]ダイアログボックスが表示されますので、目的の設定や編集、アカウントの追加を行います。
[ブログアカウント]ダイアログボックス

Wordに慣れている方であれば、Wordでサクサク入力して、WordPressに[下書きとして発行]しておくのもいいかもしれませんね。使いやすいと思います。

参考Officeのバージョンによって操作が異なる場合があります。以下の記事で、お使いのOfficeのバージョンを確認する方法を解説しています。

Office(Word、Excel、PowerPointなど)のバージョンを確認する方法

Microsoft Officeも時を得て、大きく様変わりしてきました。トラブルを解決しようとするとき、あるいは、何かの操作を探すときなど、 ...

続きを見る

管理人一押しのテキストです。

おすすめ記事と広告

記事を更新しました

Accessの全体構成

Accessのデータベースは主に4つのオブジェクトから構成されています。 テーブル【データの蓄積】 データを蓄積・保存します。最も重要な基本 ...

マクロビルダーで埋め込みマクロを作成

Accessで作成済みのフォームをボタンをクリックして開くようにする方法です。ここでは、埋め込みマクロで設定する方法を紹介します。 ボタンの ...

メール本文に地図を簡単挿入

Outlookでメール本文に地図を簡単に挿入する方法です。Office2010から追加されたスクリーンショットという機能を使用します。スクリ ...

ホイールアニメでカウントダウンタイマーを作成

PowerPointでカウントダウンタイマーを作成する方法をクリアアニメでカウントダウンタイマーを作成で紹介しています。 ここでは、先のアニ ...

異なるブックのワークシートや、同一ブックのワークシートを並べて表示

異なるブックのワークシートを左右に並べて表示したい、あるいは同じブックの異なるワークシートを並べたい、同じブックの異なるシートを左右に表示し ...

-Windows10 & Office2016 Word2016

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.