Windows 8 & Office 2013 Word 2013

段落書式の不統一がある箇所に波線(点線)を表示する

投稿日:2017年1月7日 更新日:

Wordで文章を入力していると、赤や青の波線が表示されることがあります。

この波線は、スペルチェックや文章校正で指摘された箇所です。

この波線は、設定によって非表示にすることができます。

赤や青の波線を消すには(非表示設定はWordのオプションから)

Wordで文章を入力していると、赤や青の波線が表示されることがあります。 これは、入力ミスや表記ゆれがある場合に表示されます。 指摘された間 ...

続きを見る

でも、赤や青の波線を非表示にする設定をしていても、青の波線が非表示にならない場合があります。

青の波線

青の波線と赤の波線の非表示設定


赤や青の波線が表示される自動文章校正をオフにするには、[Wordのオプション]の[文章校正]で設定します。

[Wordのスペルチェックと文章校正]にある[入力時にスペルチェックを行う]と[自動文章校正]をオフにします。

Wordのオプション

段落書式の不統一がある箇所に波線を表示する機能

[Wordのオプション]ダイアログボックスで[自動文章校正]をオフにしていても、青の波線が消えないということがあります。

Wordには段落書式の不統一がある箇所に波線を表示する機能があります。

既定ではオフなのですが、この設定がオンの場合は、下のように青の波線が表示されます。

青の波線

この青の波線は、段落書式を統一すると非表示になります。

波線が消えた

Word2016とWord2019での進化

Word2016では、以下のような表示になります。[自動文章校正]の青い波線と区別できるようになっています。

Word2016の書式の不統一の波線

Word2019では、以下のように点線になっています。

Word2019の書式の不統一の点線

書式の不統一を記録する設定

書式の不統一の設定をオフにするには、[ファイル]タブをクリックして[オプション]をクリック、そして[Wordのオプション]ダイアログボックスを表示します。

[詳細設定]の[編集オプション]にある[書式の不統一を記録する]のチェックボックスをオフにします。

既定では、[書式の履歴を維持する]はオフになっています。

[書式の不統一を記録する]のチェックボックスは、[書式の履歴を維持する]のチェックボックスをオンにすると、オン/オフの設定ができます。

Wordのオプション

参考波線は、表記ゆれやスペルチェックなどでも表示されます。

[表記ゆれチェック]ダイアログボックスを表示してまとめて修正

新機能ではありませんが、便利なので知っておいて損はないと思います。 文章の中に[プリンタ]と[プリンター]、[サーバ]と[サーバー]など、語 ...

続きを見る

辞書に追加した単語を削除するには[ユーザー辞書]から

正しい文字列を入力しても赤の波線が表示されてしまうことがあります。 そういう時、[辞書に追加]をしておくと、赤の波線は表示されなくなります。 ...

続きを見る

バージョンの確認

もっと理解したいあなたへ

おすすめ記事と広告

Profile

執筆者/はま

-Windows 8 & Office 2013 Word 2013

Copyright © 2001-2021 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.