Google検索

リンクユニット

Windows7 & Office2010 Word2010

表のタイトル行を複数ページに表示

投稿日:2017年1月7日 更新日:

Wordで表を挿入した後、一行目を項目行として設定することは多いと思います。

表

1ページだけであれば問題ないのですが、複数ページになるとページごとにタイトルを作成していくのは面倒です。

複数ページ

こういう時、便利なコマンドがあります。

タイトル行の繰り返し

表のタイトルとしたい行のセル内にカーソルを移動します。

[レイアウト]タブの[データ]グループにある[タイトル行の繰り返し]をクリックします。

ポップヒントには、以下のように記されています。

タイトル行の繰り返し

タイトル行を各ページに表示します。 この設定は、表が複数ページにわたる場合のみ有効です。

タイトル行の繰り返し

下のように複数ページにタイトル行が設定されます。

複数ページのタイトル行

Word2013のポップヒント

ちなみにWord2013の[タイトル行の繰り返し]のポップヒントは、以下のように記されています。

タイトル行の繰り返し

表の複数の行をヘッダーとして指定することができます。

表が複数ページにわたっている場合に、指定した行がヘッダーとして各ページに表示されるため、表が見やすくなります。

ポップヒントがより詳しくなっていて、嬉しいです。

word2013

参考表の[タイトル行の繰り返し]ですが、複数ページでない場合も、設定しておいたほうが良いようです。

設定していないと、アクセシビリティチェックで[見出し行の指定なし]ということで指摘されます。

以下の記事で解説しています。

表の代替テキスト

Word2010から、表のプロパティで[代替(だいたい)テキスト]の設定ができるようになりました。 表のプロパティの表示 作成した表内をクリ ...

続きを見る

おすすめ記事と広告

-Windows7 & Office2010 Word2010

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.