Windows 7 & Office 2010 Word 2010

表のタイトル行を複数ページに自動表示

投稿日:2017年1月7日 更新日:

Wordで表を挿入した後、一行目を項目行として設定することは多いと思います。

表

1ページだけであれば問題ないのですが、複数ページになるとページごとにタイトルを作成していくのは面倒です。

こういう時、便利なコマンドがあります。

複数ページ

タイトル行の繰り返し

表のタイトルとしたい行のセル内にカーソルを移動します。

[レイアウト]タブの[データ]グループにある[タイトル行の繰り返し]をクリックします。

ポップヒントには、以下のように記されています。

タイトル行の繰り返し

タイトル行を各ページに表示します。

この設定は、表が複数ページにわたる場合のみ有効です。

タイトル行の繰り返し

下のように複数ページにタイトル行が設定されます。

複数ページのタイトル行

参考複数ページを表示する設定は、以下の記事で解説しています。

[複数ページ]で文書を縮小して表示

Word2013で複数ページを表示する方法です。 文書を拡大、縮小表示するには、[表示]タブの[ズーム]グループにある[複数ページ]ボタンを ...

続きを見る

「表のプロパティ」ダイアログボックスから設定

表のタイトル行の繰り返しの設定は、「表のプロパティ」から設定することもできます。

タイトル行に設定したい行のセルにカーソルを置いて、「レイアウト」タブの「表」グループにある「プロパティ」をクリックします。

「レイアウト」タブの「表」グループにある「プロパティ」

または、タイトル行に設定したい行のセルで右クリックして、ショートカットメニューから[表のプロパティ]をクリックします。

ショートカットメニューから[表のプロパティ]

「行」タブにある「各ページにタイトル行を表示する」のチェックボックスをオンにします。

この設定は、[レイアウト]タブの[タイトル行の繰り返し]と連動しています。

「表のプロパティ」ダイアログボックス

注意タイトル行の繰り返しの設定は、自動改ページの時のみで、表の分割や表の途中で改ページした場合には表示されません。

Word2013の[タイトル行の繰り返し]ポップヒント

ちなみにWord2013の[タイトル行の繰り返し]のポップヒントは、以下のように記されています。

タイトル行の繰り返し

表の複数の行をヘッダーとして指定することができます。

表が複数ページにわたっている場合に、指定した行がヘッダーとして各ページに表示されるため、表が見やすくなります。

ポップヒントがより詳しくなっていて、嬉しいです。

Word2013の表のタイトル行の繰り返し

Office2013以降は、ポップヒントが詳細に記されるようになっています。

リボンのポップヒントの内容とその活用(オプションで非表示設定も)

Office2013のポップヒントは、Office2010の時のポップヒントと比べると、より詳細になって分かりやすくなっています。 Exce ...

続きを見る

参考表の[タイトル行の繰り返し]ですが、複数ページでない場合も、設定しておいたほうが良いようです。

設定していないと、アクセシビリティチェックで[見出し行の指定なし]ということで指摘されます。

以下の記事で解説しています。

表の代替テキストの入力はアクセシビリティチェックにも有効

Word2010から、表のプロパティで[代替(だいたい)テキスト]の設定ができるようになりました。 代替テキストは、アクセシビリティチェック ...

続きを見る

また、以下の記事では、Wordの表の構成や機能をまとめています。

Wordの表作成でできること(表の構成と各部の名称)

Wordの表を使うと、データを整列して見やすくなります。 表の構成と各部の名称を知っておくと、操作が分からないときやトラブルが発生したときに ...

続きを見る

検索

ほかの記事も検索してみませんか?

おすすめ記事と広告

Profile

執筆者/はま

-Windows 7 & Office 2010 Word 2010

Copyright © 2001-2021 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.