Windows XP & Office 2003 Word 2003

Wordの表計算はセル参照を使った簡易計算ができる(数値は半角で)

投稿日:2017年1月7日 更新日:

Wordでは、Excelのような複雑な計算はできませんが、関数を使用した簡単な計算であればできます。

下のような表があります。

[金額]を求めたいと思います。

数値は半角で入力しています。

全角数字では計算ができませんので気を付けてください。

Wordの表

参考Wordの表で計算する方法は、Word2013でも解説しています。

Word2007以降であれば、以下の記事のほうが参考になると思います。

Wordで計算表を作成(前年同月比を求めた売上報告書を完成)

Wordでも表のセルに簡単な数式や関数を入力して計算をすることができます。 Wordの表では横方向はアルファベット、縦方向は数字でセルの位置 ...

続きを見る

計算式ダイアログボックスの表示

まず、キャンディの金額を求めるセル内でクリックします。

[罫線]メニューから[計算式]をクリックします。

[罫線]メニューの[計算式]

計算式の入力

[計算式]ダイアログボックスが表示されます。

自動的に数式が入力されていますが、これは[Backspace]キーで削除します。

下のように半角で[=b2*c2]と入力します。大文字でも小文字でも構いません。

先頭に[=]をつけます。

これは、2行2列目のデータと2行3列目のデータを掛け算するときの式になります。

[OK]ボタンをクリックすると、計算結果が表示されると思います。

計算結果が[0]となった場合は、セル内の数値が全角になっています。

半角に修正してください。

以下の記事で解説しています。

計算結果が[0]になる

[計算式]ダイアログボックス

Wordの表のセル参照

Wordの表の場合、セルの参照は下のようになります。

列をアルファベットで表し、左からA、B、C...となります。

行を数字であらわし、上から1、2、3...となります。

Wordの表のセル参照

同じように他の金額も求めます。

合計の計算の場合は、合計を求めたいセルをクリックして、[罫線]メニューから[計算式]をクリックします。

[計算式]ダイアログボックスには、自動的に以下のように表示されますので、そのまま[OK]ボタンをクリックします。

[計算式]ダイアログボックス

関数の貼り付け

オートSUMボタンは、罫線ツールバーにもあります。

以下の記事を参照してください。

罫線ツールバーのオートSUM

引数には、[ABOVE]、[BELOW]、[LEFT]、[RIGHT]などを指定できます。

また、[関数の貼り付け]から他の関数を使用することもできます。

[計算式]ダイアログボックスの[関数の貼り付け]

再計算

データを変更して再計算する場合は、再計算したいセル内にカーソルを移動して、フィールドを選択した状態(数値がグレーになったとき)で[F9]キーを押します。

キーボード[F9]

注意数値内、あるいは数値の前でクリックするといいです。数値の後ろでクリックしてもグレーにはなりません。

数式が入ったセル

表示形式の設定

表示形式も指定できます。

3桁ごとに桁区切りを入れたい場合などに書式を設定することができます。

[#,##0]は3桁区切りで、0の場合は0を表示します。

詳細は、以下のページを参照してください。

ユーザー定義の表示形式

[計算式]ダイアログボックスの[表示形式]

関連以下は、表関連のページです。

表の作成方法と行列の選択・挿入・削除と表のサイズ変更・分割

Wordでの表の作り方はいろいろあります。 表はカーソルの位置に挿入されますので、まず、表を挿入したい位置にカーソルを移動します。 カーソル ...

続きを見る

罫線ツールバーの使い方

表を作成したら、やはり[罫線]ツールバーを表示して使ったほうが便利だと思います。 [罫線]ツールバーの各コマンドボタンについて、解説します。 ...

続きを見る

表に一行追加したい時は[Enter]キーや[Tab]キーを使って簡単挿入

表を作成したあと、下へ一行増やす方法です。 [Enter]キーや[Tab]キーを使って、簡単に追加することができます。 行末記号にカーソルを ...

続きを見る

キーボードのプラス[+]とマイナス[-]で表を作成

キーボードの[+]と[-]で簡単に表を作成しましょう。 入力オートフォーマットによる自動設定です。無効にすることもできます。 言語バーと[+ ...

続きを見る

Wordの表の並べ替えは一度に3つの基準を指定できる

Wordの表でも並べ替えを行うことができます。 [並べ替え]ダイアログボックスを使用すると3つの基準まで指定できます。 参考Word2007 ...

続きを見る

見えない罫線(罫線なし罫線)で表のレイアウトを崩さない

Wordの罫線の中には、[罫線なし]罫線という印刷されない罫線があります。 何かと便利に使える罫線です。 Wordで以下のような表を作成しま ...

続きを見る

[表のオートフォーマット]で表のスタイルを簡単設定

Wordでは、[表のオートフォーマット]を使うと、簡単に表の書式設定を行うことができます。 表内にカーソルをおいて、[表のオートフォーマット ...

続きを見る

表に連続番号を振りたい場合は[段落番号]で

Wordの表に連続番号を振りたい場合がありますね。 そのときの便利な方法です。 列の選択 番号を振りたい列や行を選択します。 ここでは、列を ...

続きを見る

表の2ページ目にも見出し行を表示するには[タイトル行の繰り返し]

Wordで表を挿入した後、一行目を項目行として設定することは多いと思います。 1ページだけであれば問題ないのですが、表が複数ページになると2 ...

続きを見る

新しい表のスタイルを作成(表の縞模様を1行3列おきに設定)

Wordの表で縞模様は、[縞模様]ダイアログボックスの設定で列方向や行方向の縞の幅は3行、3列まで設定することができます。 たとえば、下のよ ...

続きを見る

タイトル行の繰り返し

文字列を表に変換

表の解除

2行ずつ色が異なる縞模様の表

表の行の途中で改ページしたくない

以下は、Word2007での解説ですが、他のバージョンでも同じです。

表のセルの間隔

表のセルの間隔

検索

ほかの記事も検索してみませんか?

Access / Excel / PowerPoint / Word

created by Rinker
技術評論社
★★★★★ とにかく分かりやすく丁寧です。
Amazonのレビューを見る

Profile

執筆者/はま

-Windows XP & Office 2003 Word 2003

Copyright © 2001-2023 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2023 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.