リンクユニット

Windows8 & Office2013 Word2013

Wordで計算表を作成する

投稿日:2017年1月7日 更新日:

Wordでも表のセルに簡単な数式や関数を入力して計算をすることができます。
表を使って計算

計算式ダイアログボックスの表示

[売上件数]の合計を求めたいと思います。
合計の隣のセルにカーソルを移動して、[表ツール]の[レイアウト]タブから[計算式]をクリックします。
計算式

自動的に計算式が入力されると思います。もし、入力されていなければ、[=SUM(ABOVE)]と入力します。
[OK]ボタンをクリックします。
計算式ダイアログボックス

計算式の結果が表示されます。
計算式の結果

セルをコピーして貼り付け

同じように隣の[売上額]の合計、[前年同月売上]の合計も求めたいと思います。先ほど求めた[売上件数]の合計セルでコピーして、[売上額]、[前年同月売上]の合計セルに貼り付けます。
セルの貼り付け

フィールドの更新

そして、数式を貼り付けた2つのセルを選択して、[F9]キーを押します。
F9キー

フィールドが更新され正しい値が表示されます。
フィールドの更新

Wordの表のセル番地

ここで知っておかなければならないことがあります。Wordの表では下のようにアルファベットと数字でセルの位置を表します。
ワードのセル位置

前年同月比

次に[前年同月比]を求めたいと思います。

前年同月比を求めるセルにカーソルを移動させて、[計算式]をクリックします。
計算式

計算式に下のように[=C2/D2*100]と入力します。表示形式は、▼ボタンをクリックして、[0%]を選択します。[OK]ボタンをクリックします。
計算式ダイアログボックス

計算式の結果が表示されます。同じように下のセルにも数式を入力して完成させます。
数式の結果

参考[計算式]ダイアログボックスの[関数貼り付け]でプルダウンボタンをクリックすると、多くの関数が用意されているのがわかると思います。簡単な計算であれば、Wordの表を使ってもいいですね。
関数

関連Word2003でも解説しています。

Wordの表で計算

Excelのような複雑な計算はできませんが、簡単な計算ならWordでも出来ます。 下のような表があります。[金額]を求めたいと思います。数値 ...

続きを見る

参考Officeのバージョンによって操作が異なる場合があります。以下の記事で、お使いのOfficeのバージョンを確認する方法を解説しています。
Office(Word、Excel、PowerPointなど)のバージョンを確認する方法

Microsoft Officeも時を得て、大きく様変わりしてきました。トラブルを解決しようとするとき、あるいは、何かの操作を探すときなど、 ...

続きを見る


推奨管理人一押しのテキストです。知って得する機能が満載です。

おすすめ記事と広告

記事を更新しました

ウィンドウを複数の表示領域に分割(分割ボックスコントロールは廃止)

Excel2013では、スクロールバーにあった分割ボックスコントロールが廃止されました。 分割ボックス コントロールの廃止(Microsof ...

Ctrl+Oで【ファイルを開く】ダイアログボックスを開くには

Office2013では、開くダイアログボックスを開くためのショートカットキー[Ctrl]+[O]キーを押すと、[ファイルを開く]ダイアログ ...

起動時にデスクトップを表示する

Windows8.1では、起動にデスクトップを表示する設定があります。 [プロパティ]をクリック デスクトップを表示して、タスクバーの何もな ...

重複データの入力を入力規則で禁止するには

Excelで1つの列に重複した値を入力できないように規制する方法を紹介します。Excel2013で解説しますが、他のバージョンも同じ方法で設 ...

おすすめピボットテーブルは簡単便利

Excel2013には、[挿入]タブに[おすすめピボットテーブル]というのがあります。 おすすめグラフと同じようにとても便利なものです。これ ...

-Windows8 & Office2013 Word2013

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.