Windows XP & Office 2003 Word 2003

キーボードのプラス[+]とマイナス[-]で表を作成

投稿日:2017年1月7日 更新日:

キーボードの[+]と[-]で簡単に表を作成しましょう。

入力オートフォーマットによる自動設定です。無効にすることもできます。

キーボードの[+]と[-]で表を作成

言語バーと[+]プラスと[-]マイナスのキーを確認

まず、言語バーを確認します。

IMEツールバーの入力モードは、直接入力の状態になっていますか?

IMEツールバーの入力モード

キーボードの確認

キーボードの[+]と[-]を確認しておきます。

テンキーが付いているキーボードでは、テンキーからの入力でOKです。

プラスの入力

[Shift]キーと[れ]と印字されたキーを押します。

キーボード[Shift]キーと[れ]と印字されたキー

参考[+]の代わりに[|]でもOKです。

キーボード[Shift]+[|]

[Shift]キーは、右側にもありますので使いやすいほうを使用してください。

キーボード左右の[Shift]キー

マイナスの入力

[ほ]と印字されたキーを押します。

キーボード[-]

参考[-]の代わりに[=]と[_]でもOKです。

キーボード[Shift」+[=]

キーボード[Shift]+[_]

キーボードの[+]と[-]で表を作成

●[+][-][+]と入力して [Enter]キーを押します。1つのセルができます。

1つのセル

●[+][-][+][-][+]と入力して、[Enter]キーを押します。2つのセルができます。[++-+]でもOKです。

2つのセル

●[+][-][+][-][+][-][+]と入力して、[Enter]キーを押します。3つのセルができます。[+++-+]でもOKです。

3つのセル

●[+][-][-][-][-][+][-][-][-][-][+]と入力して、[Enter]キーを押します。セルの幅が少し広くなりますね。

セル幅が広くなったセル

[+]は表のセルの区切り、[-]はセルの幅になります。最後は必ず[+]です。

+と-

[Enter]キーを押します。

[Enter]キーを押して作成した表

●表の行を増やしたい時は、最終行の行末記号にカーソルをおいて[Enter]キーを押します。

表の行末記号

行が挿入された表

[オートコレクト]の[入力オートフォーマット]で設定を確認

もし、この表が描けなかった場合は下記を参照してください。

この機能が不要な場合は、設定をオフにしてかまいません。

[ツール]メニューの[オートコレクトのオプション]をクリックします。

[ツール]メニューの[オートコレクトのオプション]

[オートコレクト]ダイアログボックスが表示されます。

[入力オートフォーマット]タブをクリックして開きます。

[入力中に自動で書式設定する項目]の[表]のチェックが外れていませんか?

チェックボックスをオンにして(クリックして)、[OK]ボタンをクリックします。

再度、挑戦してみてください。

[オートコレクト]ダイアログボックスの[入力オートフォーマット]タブ

Word2007以降の入力オートフォーマットは、[Wordのオプション]の[文章校正]タブの[オートコレクトのオプション]にあります。

以下の画像はWord2019です。

Word2019の入力オートフォーマット

以下の記事では、入力オートフォーマットのすべての項目について解説しています。

WordとOutlookの入力オートフォーマットの機能と使い方

入力オートフォーマットとは、入力中に自動で書式設定を行う機能です。 例えば、箇条書きや段落番号などを自動で設定してくれます。この機能は、オン ...

続きを見る

参考キーボードから[Alt]→[T]→[A]の順に押しても[オートコレクト]ダイアログボックスを表示できます。

Word2007以降でも使用できます。また、ExcelとPowerPoint、Accessでも使用できます。

キーボード[Alt]→[T]→[A]

関連以下は、表関連のページです。ご参照ください。

表の作成方法と行列の選択・挿入・削除と表のサイズ変更・分割

Wordでの表の作り方はいろいろあります。 表はカーソルの位置に挿入されますので、まず、表を挿入したい位置にカーソルを移動します。 カーソル ...

続きを見る

罫線ツールバーの使い方

表を作成したら、やはり[罫線]ツールバーを表示して使ったほうが便利だと思います。 [罫線]ツールバーの各コマンドボタンについて、解説します。 ...

続きを見る

表に一行追加したい時は[Enter]キーや[Tab]キーを使って簡単挿入

表を作成したあと、下へ一行増やす方法です。 [Enter]キーや[Tab]キーを使って、簡単に追加することができます。 行末記号にカーソルを ...

続きを見る

Wordの表の並べ替えは一度に3つの基準を指定できる

Wordの表でも並べ替えを行うことができます。 [並べ替え]ダイアログボックスを使用すると3つの基準まで指定できます。 参考Word2007 ...

続きを見る

Wordの表計算はセル参照を使った簡易計算ができる(数値は半角で)

Wordでは、Excelのような複雑な計算はできませんが、関数を使用した簡単な計算であればできます。 下のような表があります。 [金額]を求 ...

続きを見る

見えない罫線(罫線なし罫線)で表のレイアウトを崩さない

Wordの罫線の中には、[罫線なし]罫線という印刷されない罫線があります。 何かと便利に使える罫線です。 Wordで以下のような表を作成しま ...

続きを見る

[表のオートフォーマット]で表のスタイルを簡単設定

Wordでは、[表のオートフォーマット]を使うと、簡単に表の書式設定を行うことができます。 表内にカーソルをおいて、[表のオートフォーマット ...

続きを見る

表に連続番号を振りたい場合は[段落番号]で

Wordの表に連続番号を振りたい場合がありますね。 そのときの便利な方法です。 列の選択 番号を振りたい列や行を選択します。 ここでは、列を ...

続きを見る

表の2ページ目にも見出し行を表示するには[タイトル行の繰り返し]

Wordで表を挿入した後、一行目を項目行として設定することは多いと思います。 1ページだけであれば問題ないのですが、表が複数ページになると2 ...

続きを見る

新しい表のスタイルを作成(表の縞模様を1行3列おきに設定)

Wordの表で縞模様は、[縞模様]ダイアログボックスの設定で列方向や行方向の縞の幅は3行、3列まで設定することができます。 たとえば、下のよ ...

続きを見る

タイトル行の繰り返し

文字列を表に変換

表の解除

2行ずつ色が異なる縞模様の表

表の行の途中で改ページしたくない

以下は、Word2007での解説ですが、他のバージョンでも同じです。

表のセルの間隔

表のセルの間隔

検索

ほかの記事も検索してみませんか?

Access / Excel / PowerPoint / Word

created by Rinker
技術評論社
★★★★★ とにかく分かりやすく丁寧です。
Amazonのレビューを見る

Profile

執筆者/はま

-Windows XP & Office 2003 Word 2003

Copyright © 2001-2024 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2024 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.