Windows XP & Office 2003 Word 2003

表に一行追加したい時は[Enter]キーや[Tab]キーを使って簡単挿入

投稿日:2017年1月7日 更新日:

表を作成したあと、下へ一行増やす方法です。

[Enter]キーや[Tab]キーを使って、簡単に追加することができます。

1行追加した表

行末記号にカーソルを置いて[Enter]キー

表の最終行の行末記号にカーソルをおいて(行末記号でクリックして)、[Enter]キーを押します。

キーボード[Enter]キー

表の行末記号

一行、下へ追加することができます。

一行下へ行を追加した表

参考これは、行末記号の位置の下へ書式を継続したまま挿入されます。

行末記号

書式を継続したまま行の追加

最後のセルにカーソルを移動して[Tab]キー

または、表の最後のセル内にカーソルを移動して[Tab]キーを押します。

キーボード[Tab]キー

最後のセルにカーソルを置いた表

下へ一行追加することができます。これも書式は継続します。

一行追加された表

参考表のセル移動は、[Tab]キーを使用します。

[Tab]キーを押すと、左のセルから右のセルへ移動します。

行の最終セルでは、次の行の先頭セルへ移動します。

[Shift]キーと[Tab]キーを押すと、右から左のセルへ移動します。

[Tab]キーを押してセル移動

Wordの表の機能を知って簡単操作(表の構成と各部の名称も解説)

Wordの表を使うと、データを整列して見やすくなります。 表の構成と各部の名称を知っておくと、操作が分からないときやトラブルが発生したときに ...

続きを見る

Word2013以降は挿入マークが便利

Word2013以降には、[列の挿入マーク]と[行の挿入マーク]が表示され、ワンクリックで挿入できるようになっています。

クリックすると1行、1列が挿入されます。

表の行や列をワンクリックで挿入

Word2013では、ワンクリックで表の行や列の挿入ができるようになっています。 リボンやショートカットメニューからの操作に加えて、簡単に行 ...

続きを見る

表の挿入マーク

行の挿入マーク

また、Word2013以降は、ミニツールバーからも挿入、削除ができるようになっています。

表のミニツールバーに[挿入]と[削除]のコマンドが追加

Word2013では、文字列を選択した時や、表内で右クリックして時に表示されるミニツールバーに[挿入]と[削除]のコマンドが追加されました。 ...

続きを見る

ミニツールバーの[挿入]

関連以下は、表関連のページです。参考にしてください。

表の作成方法と行列の選択・挿入・削除と表のサイズ変更・分割

Wordでの表の作り方はいろいろあります。 表はカーソルの位置に挿入されますので、まず、表を挿入したい位置にカーソルを移動します。 カーソル ...

続きを見る

罫線ツールバーの使い方

表を作成したら、やはり[罫線]ツールバーを表示して使ったほうが便利だと思います。 [罫線]ツールバーの各コマンドボタンについて、解説します。 ...

続きを見る

キーボードのプラス[+]とマイナス[-]で表を作成

キーボードの[+]と[-]で簡単に表を作成しましょう。 入力オートフォーマットによる自動設定です。無効にすることもできます。 この記事の目次 ...

続きを見る

Wordの表の並べ替えは一度に3つの基準を指定できる

Wordの表でも並べ替えを行うことができます。 [並べ替え]ダイアログボックスを使用すると3つの基準まで指定できます。 参考Word2007 ...

続きを見る

Wordの表計算はセル参照を使った簡易計算ができる(数値は半角で)

Wordでは、Excelのような複雑な計算はできませんが、関数を使用した簡単な計算であればできます。 下のような表があります。 [金額]を求 ...

続きを見る

Wordで計算表を作成(前年同月比を求めた売上報告書を完成)

Wordでも表のセルに簡単な数式や関数を入力して計算をすることができます。 Wordの表では横方向はアルファベット、縦方向は数字でセルの位置 ...

続きを見る

見えない罫線(罫線なし罫線)で表のレイアウトを崩さない

Wordの罫線の中には、[罫線なし]罫線という印刷されない罫線があります。 何かと便利に使える罫線です。 Wordで以下のような表を作成しま ...

続きを見る

[表のオートフォーマット]で表のスタイルを簡単設定

Wordでは、[表のオートフォーマット]を使うと、簡単に表の書式設定を行うことができます。 表内にカーソルをおいて、[表のオートフォーマット ...

続きを見る

表に連続番号を振りたい場合は[段落番号]で

Wordの表に連続番号を振りたい場合がありますね。 そのときの便利な方法です。 この記事の目次1 列の選択2 [段落番号]をクリックして番号 ...

続きを見る

表の2ページ目にも見出し行を表示するには[タイトル行の繰り返し]

Wordで表を挿入した後、一行目を項目行として設定することは多いと思います。 1ページだけであれば問題ないのですが、表が複数ページになると2 ...

続きを見る

タイトル行の繰り返し

文字列を表に変換

表の解除

2行ずつ色が異なる縞模様の表

表の行の途中で改ページしたくない

以下は、Word2007での解説ですが、他のバージョンでも同じです。

表のセルの間隔

表のセル間隔

検索

ほかの記事も検索してみませんか?

Access / Excel / PowerPoint / Word

関連記事30件

Profile

執筆者/はま

-Windows XP & Office 2003 Word 2003

Copyright © 2001-2024 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2024 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.